Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年1月号

目標にLock On!! 私の成長Story

駒込中学校

先生たちの親身かつていねいなアシストで
成長することができた6年間

OG K.Rさん 青山学院大学 国際政経学部  国際経済学科  1年

OG K.Rさん
青山学院大学 国際政経学部 国際経済学科 1年

大切な言葉として選んだのは、建学の精神「一隅を照らす」。

弁論に活かされた仏教の教え

 人生の中でも大切な10代の時期を過ごす中高時代。同校では、建学の精神「一隅を照らす」のもと、「生徒一人ひとりが、一隅を照らすことの尊さを知り、かけがえのない存在であることを認め合い、未来に向かって向上心を持って生きる、光り輝く人間となること」をめざした教育活動を行っています。

 中高の6年間を同校で過ごし、現在は青山学院大学で学ぶK.Rさん。中高時代で一番印象に残っている思い出は、中3の時に出場した『仏教主義学校連盟弁論大会』だといいます。

「学校内の弁論大会で2位になり、東京、神奈川、埼玉の仏教主義学校中学・高校12校から、合わせて24名が出場した弁論大会に、学校代表として出場しました。他校の高校生の弁論を聴くこともできて、世界が広がる貴重な経験でした」

 K.Rさんは、『よりよい人間関係を築くには』と題して弁論。多感な中学生の時期に、読書好きだったK.Rさんが、いろいろな本を読む中で考えたことを語りました。

「当時はとくに意識していませんでしたが、『ご縁』を大切にすることなど、駒込の教育で当たり前のように行われていた仏教の教えが自分の中に染み入り、物事を見る姿勢や考え方にも影響を与え、それが弁論に活かされていたような気がします」

 結果は見事に準優勝。『山本慧彊先生特別賞』も同時にいただきました。

「夜遅くまで残って準備を進め大変でしたが、力いっぱいやり遂げた弁論を、学校外で認めてもらったことがとてもうれしかったことを覚えています」

クラブ活動は、女子バドミントン部に所属。写真は大会で入賞した時のもの。クラブ活動は、女子バドミントン部に所属。写真は大会で入賞した時のもの。
中3の時に出場した『仏教主義学校連盟弁論大会』。『よりよい人間関係を築くには』と題し、「一生のうちで出会うとされる3万人との交流は、他人や自分の理想像に依存することなく自我を確立することから始まる」と訴えました。中3の時に出場した『仏教主義学校連盟弁論大会』。『よりよい人間関係を築くには』と題し、「一生のうちで出会うとされる3万人との交流は、他人や自分の理想像に依存することなく自我を確立することから始まる」と訴えました。
中学で身につけた勉強法がその後にも役立った

 駒込の雰囲気を「アットホームで、先生たちとの距離が近い学校だった」と話すK.Rさん。生徒が自由に出入りできる職員室には、先生への質問や雑談に、常にたくさんの生徒が集まっていたそうです。

「私も質問をするために、よく職員室を訪れました。また、中学時代の先生方が勉強の方法をていねいに教えてくださったことで、その後の高校や大学受験の学習の導入が楽になり、先生方との厚い信頼関係も築くことができたと思います」

 成績が伸び悩む生徒は補習に呼ばれるなど、一人ひとりの生徒に的確なアシストをしてくれたといいます。

「中学のうちに、地道な日々の積み重ねの大切さを教えてくれた先生方のおかげで、高校でクラスの人数が増えても、自律的に勉強する習慣が身についていました。私が志望大学に合格できたのも、中学時代の影響が大きいと思います。中学の英語の時間に習ったノートの取り方は、大学で第2外国語を学習する際にも参考にしています」

 バドミントン部に所属していたK.Rさんが、本格的に受験勉強を始めたのは高3になってから。予備校には通わず、学校の先生方のサポートを受けながら、自分で受験勉強を進めました。

「先生方のことは中学時代からよく知っているので、内容によって、複数の先生に質問をすることができました。また、高3では、それぞれの目的に合わせて受験対策のゼミに入れます。私は、難関私立大学に合格することをめざす英語の長文ゼミに参加して、長文読解の力を鍛えてもらいました。受験直前は、精神的にもとても苦しかったのですが、先生の励ましの言葉にも大きな力をもらったと思います」

将来は、国際舞台で活躍したい!

 小学生の時に見た、リーマンショックのニュースがきっかけで、経済の勉強に興味を持ったというK.Rさん。将来は、大学での学びを活かして、国際舞台で活躍できるようにキャリアを積んでいきたいと話します。この夏休みには、外資系の金融機関でのインターンシップを経験したそうです。

「投資銀行業務に興味を持ったので、目標の一つとして意識しています。そのためには、英語や第2外国語のスペイン語などの語学系の学びを含め、大学生活を充実させていきたいと思います。インターンにもまた挑戦してみたいですね」

(この記事は『私立中高進学通信2017年1月号』に掲載しました。)

駒込中学校  

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-6-25
TEL:03-3828-4141

進学通信掲載情報

【みんな大好き キャンパス食堂】楽しく食べながら食に対する感謝の心を学んでいます
【SCHOOL UPDATE】3つの新たな取り組み 自己肯定感を持って自立し新時代に活躍できる人を育成する
【注目! News and Topics】セブ島語学研修とオンライン英会話教室でグローバル教育を充実させる
【私学の英語最前線】人間教育の伝統校が実践 時代に即した英語教育
【学校生活ハイライト】生徒会を中心に中高が団結 全員で力を合わせる玉蘭祭
【The Voice 校長インタビュー】世に必要とされる人々を時代に先駆けて育てる駒込の改革
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】『国際先進』と『本科』2018年度より新たな2コース制がスタート
【みんな大好き キャンパス食堂】給食を味わいながら学校の魅力がみつかる 大人気・給食試食会開催 !
【グローバル時代の学び方】イマージョン教育で確かな英語力を習得
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちの親身かつていねいなアシストで成長することができた6年間
【SCHOOL UPDATE】都心では味わえない豊かな自然と農村体験
【グローバル時代の学び方】英語が苦手な生徒も成長したセブ島語学研修
【10年後のグローバル社会へのミッション】「なりたい自分になる」ための礎となる国際理解教育
【SCHOOL UPDATE】給食試食会 在校生の保護者が引率して学校生活を“味わう”
【The Voice 新校長インタビュー】真の「グローバル」とは日本を解体することではなく開放することを意味する
【私学の光輝】先人の功績と歴史に思いをはせる 天台声明公演を開催
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】理科 物質がとける温度を測定しよう
【私学しゅん報】保護者も参加 給食試食会&学校説明会
【Students' Chat Spot】中学1年生全員参加となった日光山研修 日光山輪王寺で「心」を磨きます
進学通信2017年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ