LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年1月号

私学の光輝

玉川聖学院中等部

学院祭
心を込めた催し物や展示から伝わる「敬虔さ」「誠実さ」「楽しさ」

学校外のイベントに出演することもあるというハンドベル部の演奏。美しい音色に大勢の聴衆も思わずうっとり。

学校外のイベントに出演することもあるというハンドベル部の演奏。美しい音色に大勢の聴衆も思わずうっとり。

キリスト教行事係の生徒たち。賛美の美しい歌声がホールに響きます。キリスト教行事係の生徒たち。賛美の美しい歌声がホールに響きます。

 2016年9月19日「敬老の日」、心配された台風の影響もなく、「学院祭」の第2日目が始まりました。

 この日、キンレイホール(中等部礼拝堂)で最初に舞台に立ったのは高等部のキリスト教行事係の生徒たち。イースターやクリスマスといったキリスト教関連の学校行事の報告を行い、賛美の歌で美しい歌声を聴かせてくれました。また、手話賛美同好会はゴスペルを手話で伝えるなど、ミッションスクールらしい敬虔な様子が印象的でした。

 社会に目を向けた催し物からも、同校の校風が伝わってきます。「フェアトレードで世界につながろう」をテーマに出展したのは、選択科目「国際教養」を履修している高等部の生徒たち。フェアトレードの麻ひもでミサンガを作るコーナーには、たくさんの来場者が訪れていました。隣の教室では生徒会が東日本大震災の被災地の方や、熊本地震で被害にあったフェアトレード・ショップの方を支援するために物品を販売。合わせて夏と冬に有志で実施している被災地でのボランティアキャンプの様子が紹介されていました。

 情報センターで小さな子どもたちに読み聞かせを行っているのは、図書委員会のメンバーです。第二体育室では、チアリーディング部のキビキビとしたダンスパフォーマンスに続いて、中2生が登場。“Welcome to TAMASEI”というテーマで子どもたちを招き入れて一緒に歌やゲーム、フォークダンスを楽しみました。

 長い行列ができているのは、ピザ、たこやき、唐揚げなど、企業の協力を得て運営されている模擬店です。お店の名前には担任の先生の名前の一部が付けられていて、生徒と先生の絆の強さを感じさせます。ちなみに模擬店の売り上げは、さまざまな団体に寄付されるそうです。ほかにも谷口ホール(高等部礼拝堂)では、ハンドベル部、ギターマンドリン部の演奏や、演劇部の上演などがあり聴衆を魅了。見事なパフォーマンスに拍手喝采が送られていました。

「今年のサブテーマは“Paper Airplane(紙飛行機)”。自分たちそれぞれの思いを発信したい。その気持ちを一人ひとりが折り方も飛ばし方も違う紙飛行機に託しました」(高等部学院祭実行委員長 S・Yさん)

 生徒のおもてなしの気持ちと、来校した人たちと一緒に楽しもうという思いが伝わってきた「学院祭」の一日でした。

日頃の練習の成果を披露する手話賛美同好会のメンバー。日頃の練習の成果を披露する手話賛美同好会のメンバー。
被災地を訪れたボランティアキャンプの活動報告。被災地を訪れたボランティアキャンプの活動報告。
情報センターでは図書委員が小さな子どもたちに読み聞かせをしていました。情報センターでは図書委員が小さな子どもたちに読み聞かせをしていました。
生徒会では被災地の物品を販売しました。生徒会では被災地の物品を販売しました。
フェアトレードの麻ひもを使ってミサンガを編むコーナー。教室の壁には「子どもの労働」についての研究展示もされていました。フェアトレードの麻ひもを使ってミサンガを編むコーナー。教室の壁には「子どもの労働」についての研究展示もされていました。
学院祭実行委員長のS・Yさん。クラス、部活、係など、生徒のほとんどが掛け持ちで参加しているそうです。学院祭実行委員長のS・Yさん。クラス、部活、係など、生徒のほとんどが掛け持ちで参加しているそうです。
模擬店コーナーも大人気。宅配ピザ店のユニフォームも決まっています。模擬店コーナーも大人気。宅配ピザ店のユニフォームも決まっています。
子どもたちと一緒にフォークダンスを踊る中2生。子どもたちも楽しそう。子どもたちと一緒にフォークダンスを踊る中2生。子どもたちも楽しそう。
元気いっぱい! チアリーディング部のパフォーマンス。元気いっぱい! チアリーディング部のパフォーマンス。

(この記事は『私立中高進学通信2017年1月号』に掲載しました。)

玉川聖学院中等部  

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22
TEL:03-3702-4141

進学通信掲載情報

【私学の光輝】新しい出会いの中で広がる可能性かけがえのない存在である私に気づく
【行ってきました!学校説明会レポート】クリスマス礼拝と学校説明会でスペシャルな一日を満喫
【本音で語る保護者座談会】たくさんの出会いや良い体験を通して「かけがえのない私」になれます
【The Voice 校長インタビュー】神さまの前では教員も生徒も同等愛されている存在だと気づくことで人は人間として成長できる
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【ウィンドオーケストラ部/ハンドベル部】音色に思いを重ね 心で表現する演奏
【私たち、僕たちが大好きな先生】大学卒業後、企業での勤務を経て母校の教員として教壇に
【学院長が語る 思春期の伸ばし方】自分と出会い、人と出会う 柔らかい心で、自分の使命を見つける
【私学の光輝】学院祭 心を込めた催し物や展示から伝わる「敬虔さ」「誠実さ」「楽しさ」
【学校生活ハイライト】合唱が得意な生徒も苦手な生徒も学校全体で奏でるハーモニー
【Students' Chat Spot】平和を実現する心を育成 生徒会役員が語る学校の魅力と生徒会活動
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】生徒の視野を広げる新たな出会いを求めて 実施予定「オーストラリア修学旅行」
【学校生活ハイライト】アフリカの孤児たちのステージから自分の生き方を考える
【SCHOOL UPDATE】国際デイ 世界への視野を広げる交流
【10年後のグローバル社会へのミッション】世界をつなげる女性を育成し 平和な社会を作る教育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の価値を信じ 人との出会いから学ぶ
【Students' Chat Spot】『玉聖革命』のスローガンのもと、より良い方向に学校を変えていきたいと考えている玉川聖学院の生徒会
【私学の光輝】仲間との友情や絆を強め大きな達成感を得た特別な一日
【私学の光輝】「明るい心」が育つ人になることを願う
進学通信2017年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ