Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年12月号

学校生活ハイライト

普連土学園中学校

さまざまな宗教や文化に触れ
知らなかった世界が身近に

生徒の中に育まれる平等の精神クエーカーの歴史と文化を体感する研修旅行
今年は高1生の26人が参加しました。現地では円になって座り、相互的な話し合いで学習を進めるため、生徒たちから質問や意見が頻繁に飛び出します。

今年は高1生の26人が参加しました。現地では円になって座り、相互的な話し合いで学習を進めるため、
生徒たちから質問や意見が頻繁に飛び出します。

誠実・平和・平等・簡素を精神とするキリスト教フレンド派の理念に基づいて設立された同校。

生徒たちは、争いを起こさず、相手の意見を尊重できることの大切さを日々の授業で学んでいます。

研修旅行では、フレンド派の創始者であるジョージ・フォックスの足跡をたどり、苦難をともなう活動の中でも忘れなかった奉仕の精神に触れることで、より豊かな心を育成。

また、さまざまな宗教や文化の人々との触れ合いは、その後の人生に活かされる貴重な経験となります。

 日本におけるキリスト教フレンド派唯一の学校として、知性のみならず心の成長と人格の形成をめざした女子教育を実践している普連土学園。

 毎年8月に行われるイギリスへの研修旅行は、別名『クエーカー』とも呼ばれるフレンド派ゆかりの地を訪れ、その精神を生徒たちが深く理解することを目的としています。

「普段の授業や講義の中で『多様な文化・宗教の価値を認め、受け入れる』という精神を重点的に教えていますが、研修旅行はそれを実践する場です。

 重要なのは、文化の違いを自らの肌で体感するということ。自分たちが今まで知らなかった文化を、実際に見たり体験することで、自分の世界を広げることができるのではないかと思います」(引率した松浦良知先生)

 生徒たちは、フレンド派の歴史とイギリスの文化についてしっかり学んでから研修旅行に臨みます。

 そして、さまざまな人種や宗教の人々と実際に触れ合うことで、豊かな価値観を育んでいくのです。

「海外のいろいろな人と接することで、自分の中に新しい見方が生まれたような気がします。人種や宗教が違っても、根底に流れている人としての“価値”に差はないのだと感じました」(高1/井上みあ乃さん)

 文化の違いを理解し、人種や宗教を超えた人間同士のつながりを感じられる研修旅行には、同校の『平等・平和』の精神が表れていました。

現地で知った「生き方を通して語りなさい」というジョージ・フォックスの言葉は、3人にとって将来を真剣に考えるきっかけになったようです。現地で知った「生き方を通して語りなさい」というジョージ・フォックスの言葉は、3人にとって将来を真剣に考えるきっかけになったようです。
350年前にジョージ・フォックスが神の声を聞いたとされる地、ペンドルヒルは、当時と変わらない雄大な景色。生徒たちは無言で見入っていました。350年前にジョージ・フォックスが神の声を聞いたとされる地、ペンドルヒルは、当時と変わらない雄大な景色。生徒たちは無言で見入っていました。
教会の方々がお茶を用意してくださり、和やかな雰囲気の中、英国文化の一端に触れることができました。教会の方々がお茶を用意してくださり、和やかな雰囲気の中、英国文化の一端に触れることができました。
ステンドグラスの装飾が美しいフェニードレイトン教会では、招待してもらったお礼に校歌を歌い、感謝の気持ちを表現しました。ステンドグラスの装飾が美しいフェニードレイトン教会では、招待してもらったお礼に校歌を歌い、感謝の気持ちを表現しました。
教会以外にも、シーク教の寺院やモスクの見学をしました。イスラム教徒の同年代の女性と交歓し、生徒たちは積極的に質問しました。教会以外にも、シーク教の寺院やモスクの見学をしました。イスラム教徒の同年代の女性と交歓し、生徒たちは積極的に質問しました。
一日の終わりには、その日心に残った出来事を話し合います。朝には事前学習もあり、生徒たちはその日の研修内容をしっかりと理解します。一日の終わりには、その日心に残った出来事を話し合います。朝には事前学習もあり、生徒たちはその日の研修内容をしっかりと理解します。

(この記事は『私立中高進学通信2016年12月号』に掲載しました。)

普連土学園中学校  

〒108-0073 東京都港区三田4-14-16
TEL:03-3451-4616

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】部活動や生徒会活動に打ち込んだ中高時代培われた集中力が希望進路の実現に
【SCHOOL UPDATE】モデルロケット国際大会出場 パリの大空に打ち上げたロケットで世界3位に輝く
【未来を切り拓くグローバル教育】ロボット競技会『FLL』トルコ世界大会に出場
【本音で語る保護者座談会】学習サポートも充実!! 塾へ通わなくても学校だけでやっていけます
【学校ってどんなところ?生徒の一日】一人ひとりを大切にする環境のなかのびのびと過ごしています
【学校生活ハイライト】中高6学年が一致団結して味わう達成感
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ロボットプログラミングで学ぶIT×ものづくり
【The Voice 新校長インタビュー】最先端の学びを、キリスト教学校ならではの全人教育に昇華
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】少人数、完全一貫教育だからできる お互いを否定せず、個性を尊重する温かな環境づくり
【学校生活ハイライト】さまざまな宗教や文化に触れ 知らなかった世界が身近に
【グローバル時代の学び方】外国人教員との学校生活で日常的に英語に親しむ
【中1の始め方】全員カウンセリングと自己管理のサポート 少人数教育ならではのきめ細かい対応
【Students' Chat Spot】一人ひとりを大切に育み 独自の取り組みを通して世の役に立つ女性を育てる
【SCHOOL UPDATE】オンライン学習支援システム “fgs-webcampus”で主体的な学習を促す
【目標にLock On_!! 私の合格Story】チャレンジ精神を育んでくれた学園生活 あたたかな人とのつながりは生涯の宝に
【私学の先生から受験生へのアドバイス】“考える力”を重視し思考のプロセスを細かくチェック
【大学合格力強化計画】少人数制の無料補習授業で希望進路に合う学力を養成
進学通信2016年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ