LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年12月号

私学の光輝

日本工業大学駒場中学校

日駒祭

男子と協調しつつ躍動する日駒女子
日駒祭初日、体育館で行われたダンス愛好会のステージ。会場のボルテージを上げる熱いパフォーマンスを披露。

日駒祭初日、体育館で行われたダンス愛好会のステージ。会場のボルテージを上げる熱いパフォーマンスを披露。

ダンス愛好会のメンバーがステージ終了後にポーズ!ダンス愛好会のメンバーがステージ終了後にポーズ!

 秋雨の合間を縫うように開催された『日駒祭』。今年は、とくに女子生徒のパワーがみなぎっていました。

 高3生の斉藤心さんが発起人の1人であるダンス愛好会は、男子4名女子6名の計10名が体育館で白熱のステージを披露。会場からは声援が絶えず送られていました。「今年は、中1生の女子が2名、高1生の男子が4名仲間入りして、バリエーション豊かなパフォーマンスができました」と、充実の表情で語る斉藤さんは、ほぼすべてのナンバーで振り付けを担当。女子のパワーがあってこそ、ダンス愛好会の熱いステージは生み出されるのです。

 さらに文化祭の顔とも言うべきパンフレットとポスターも、今年は女子が作成。ポスターを描いた相田詩苑さん(高3)は、制服の青いシャツと校舎の吹き抜けからのぞく青い空をイメージした爽やかなイラストで、日駒祭をアピールしました。

 アーチェリー部のブースでも、活躍する女子を発見しました。矢島萌音さん(高1)は、全国大会にも出場した実力の持ち主。訪れたゲストに、わかりやすくていねいにフォームを教えていました。

 もちろん、同校の源流ともいうべき“ものづくり”を継承する女子の存在も忘れてはいけません。アートクラフト部に所属する門脇那於さん(中2)は、サンドブラスト(ガラスに砂を吹きかける技法)体験に挑戦するゲストを素敵な笑顔でお手伝い。「自宅で、自作の陶器に載せて食べるお料理は格別」と語っていたのが印象的でした。

 男子と協調しながら躍動する女子の姿が目立っていた日駒祭。専用の女子ラウンジも新設され、ますます彼女たちの“女子力”は上がりそうです。輝きを増し続ける同校の女子生徒の今後が期待されます。

日駒祭のポスターを手掛けた相田詩苑さん(下)と、ポスター作製を依頼した生徒会の西井あずささん(左)、柴田千瑛さん(右)。日駒祭のポスターを手掛けた相田詩苑さん(下)と、ポスター作製を依頼した生徒会の西井あずささん(左)、柴田千瑛さん(右)。
日駒祭のパンフレット。輝く日駒女子がメインビジュアル。日駒祭のパンフレット。輝く日駒女子がメインビジュアル。
「マグカップ作りにも挑戦したい」と語るアートクラフト部の門脇那於さん(中2)は、同校の“ものづくり”精神を受け継いでいます。「マグカップ作りにも挑戦したい」と語るアートクラフト部の門脇那於さん(中2)は、同校の“ものづくり”精神を受け継いでいます。
男子と女子が和気あいあいと模擬店を出店。男子と女子が和気あいあいと模擬店を出店。
日駒祭名物の神輿も、男子や先生に交じって日駒女子のパワー全開。日駒祭名物の神輿も、男子や先生に交じって日駒女子のパワー全開。
アーチェリー部の矢島萌音さん(写真中央)。全国レベルで活躍しています。アーチェリー部の矢島萌音さん(写真中央)。全国レベルで活躍しています。
料理愛好会は手作りのチーズケーキを笑顔で販売。料理愛好会は手作りのチーズケーキを笑顔で販売。
日駒祭に合わせて新設された女子ラウンジ。女子生徒がリラックスできる空間となっています。日駒祭に合わせて新設された女子ラウンジ。女子生徒がリラックスできる空間となっています。

(この記事は『私立中高進学通信2016年12月号』に掲載しました。)

日本工業大学駒場中学校  

〒153-8508 東京都目黒区駒場1-35-32
TEL:03-3467-2130

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】新潟県「赤倉山荘」で育む豊かな人間力と確かな学力
【私たち、僕たちが大好きな先生】勉強ができることより 人柄が温かいことが大事 人から好かれる人間になってほしいです
【中1の始め方】自主性と団結力を促進する学外活動
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒も先生もイキイキしている様子があふれる『日駒オープンキャンパス』
【制服物語】洗練された新制服に身を包み21世紀を切り拓く力を育む
【大学合格力強化計画】早慶上理GMARCH合格者数が増加 進学サポートを強化し実績ある中堅進学校へ
【The Voice 校長インタビュー】新たな『日駒新教育構想』を掲げ基礎学力を徹底する全人格教育を
【その先に備える キャリア教育】育成 変化する世の中を生き抜き活躍することができる力を育む
【中1の始め方】学習習慣と自己肯定感を育むことが成長への第一歩となる!
【私学の光輝】日駒祭 男子と協調しつつ躍動する日駒女子
【6年間の指導メソッド】将来に向け、学力とともに生きる力を育む
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】難関校への合格率が大幅UP 楽しんで学ぶ「体験学習」が学力向上の秘密 生徒と学校が飛躍し続ける注目校!
【目標にLock On!! 私の合格Story】人間関係が温かいから 落ち着いて乗り越えられた受験期
【私学の光輝】仲間と協力してアイデアを形にする 文化祭
【大学合格力強化計画】GMARCH合格者が前年度の2倍 新しいキャリア教育で進路意識を変革
【母校にエール!OGOB interview】個性を伸ばすきめ細かな指導が今の進路へと導いてくれました
【私学の光輝】日駒祭
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学習習慣と自信をつける『ファイトノート』で基礎学力定着
進学通信2016年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ