LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年12月号

中学入試のポイント

桜丘中学校

入試と多彩な取り組みで時代の変化に対応

ICTやアクティブラーニングを積極的に導入し、数多くの行事や課外サポートにも力を入れている同校。2017年度入試でも引き続き『思考力テスト』入試を行います。

『勤労』と『創造』を校訓に掲げ、時代の要請に応える人材育成に日々取り組む同校では、2015年度の入学試験より新たな試験科目として『思考力テスト』を導入しました。

 2017年度の入試では、2科・4科入試以外に、2月1日と2日の午前に『思考力テスト』が行われます。『思考力テスト』は、理科・算数などの自然科学の問題を主としたⅠと、社会・国語などの社会人文科学を主としたⅡの2つに分かれています。内容的には都立中高一貫校の適性検査型入試を意識したものとなっており、ステップを踏んで思考力を問い、表現力も評価するものとなっています。2015年度の『思考力テストⅡ』では、 “食品ロス” というタイムリーな社会問題をテーマに出題されました。また、『思考力テスト』でも2科・4科入試と同様に、特待生認定を受けられます。

「2020年の大学入試改革に代表されるように、これからの社会では従来型の知識中心の学力とは違う、思考力・判断力・表現力などが求められます。これらの能力を持っている生徒を積極的に発掘したいというのが主な導入の狙いです。
『思考力テスト』で合格した生徒は、2科・4科型での入学生とは異なる資質を持っている場合が多く、ポテンシャルを秘めた “原石” を発見できていると確信しています。公立中高一貫校を中心に受験勉強をされていたり、高学年から中学受験対策をスタートした生徒さんにも受験しやすいものになっていると思います」(副校長/高橋知仁先生)

『思考力テスト』での入学者数は全体の13%ほどで、毎年受験者数が増えています。このように、入試改革に取り組んでいる同校ですが、学校全体でも生徒の秘めた能力を発掘し、磨きをかけるプログラムを数多く行っています。

「思考力、表現力などを育成するためにプレゼンテーションに力を入れています。例えば文化祭ではそれぞれの学年でグループを作り、自分たちで課題について調べて発表を行うようにしています。先月の文化祭では、中1生がAIについてプレゼンテーションしましたが、私たちも驚くような発想や思考が見られ、取り組みの成果を感じています。入試の改革などでさらに底上げができていくのではないかと期待しています」(企画広報部長/倉田豊子先生)

「先行き不透明な時代の中で、どのような環境になっても、お互いにつながり合い、異質性を活かして、答えのない課題にどんどん挑むことを大事にしたいと思っています。そのために、他者とつながり合う力の育成にとくに力を入れています。生徒それぞれの力を発揮できるように、自薦他薦で特筆すべき技術や能力を選出し、全員の前で発表する『タレントショー』や英語でのスピーチコンテスト、日本語・英語・数学の問題を競う『JEMコンテスト』、計算大会、百人一首大会、生徒会が企画・運営を行いオール中学で対戦するスポーツ大会など、多くの取り組みを行っています」(副校長/高橋先生)

 生徒がToDoリストを自ら作り、実行できるようにした『SSノート』や家庭学習を促す『家庭学習帳』など、細かなサポートも行っています。このような取り組みによる生徒の活性化が、2年連続で高校の全クラスからGMARCH以上の大学へ多くの合格者を出すという素晴らしい実績につながっています。

2017年度 入試概要
試験日 2月1日(水) 2月2日(木) 2月4日(土)
9:00(午前) 15:00(午後) 9:00(午前) 15:00(午後) 9:00(午前)
第1回
特待チャレンジ
思考力テスト
第2回
特待チャレンジ
2科・4科入試
第3回
特待チャレンジ
思考力テスト
第4回
特待チャレンジ
2科・4科入試
第5回
特待チャレンジ
2科・4科入試
第1回
特待チャレンジ
2科・4科 入試
第回
特待チャレンジ
2科・4科 入試
試験科目 思考力テストⅠ・Ⅱ 各45分
<2科・4科選択> 国語/算数 各45分、社会/理科 各25分
合格発表 Web発表 当日21:00
入学手続
期間
2月10日(金)まで
※2月5日(日)も手続可【窓口の受付時間は9:00〜15:00】
思考力テストの出題方針と対策会でのポイント

 思考力テストはⅠ・Ⅱと分かれます。Ⅰは、「理科・算数」を主とした出題となり、基礎知識・計算力・論理的思考力を問う問題となります。Ⅱは、「社会・国語」を主とした出題で、基礎知識・時事問題・論理的思考力・表現力を問う問題となります。

 思考力テストはⅠ・Ⅱと分かれていますが、その科目に特化せず、広く知識や考え方を問う問題です。図やグラフなどの資料を読み解き、そこから考察されることや自分の考えを文章で表現してもらう出題方針です。身の回りのこと、最近の時事問題にも関心を持っておくとよいでしょう。12月23日(金・祝)9時から行われる予定の対策会(Webでの事前予約が必要)では、2016年入試の試験問題を元に解説し、さらに2017年入試の出題傾向についてもお話ししますので、ぜひご参加ください。

(この記事は『私立中高進学通信2016年12月号』に掲載しました。)

桜丘中学校  

〒114-8554 東京都北区滝野川1-51-12
TEL:03-3910-6161

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の多様性に合う指導で「誰もが本気でがんばる」学校に
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒の素顔があふれる説明会 先輩との「ハウス制給食」も体験
【未来を切り拓くグローバル教育】海外研修で磨く確かな英語力
【The Voice 校長インタビュー】時代に求められる力を導き深めていく場所でありたい
【みんな大好き キャンパス食堂】縦割りの「ハウス制」を実施 学年を越えた交流で責任感と協調性が育つ
【私たち、僕たちが大好きな先生】少林寺拳法も体育祭も“頭で勝つ”。考え、話し合うことの大切さを生徒に教えたい
【目標にLock On!! 私の成長Story】部活動、イベント、学習に全力投球の6年間 先輩・仲間・先生みんなが助けてくれた
【グローバル時代の学び方】世界を考える『CLクラス』未来のリーダーを育成
【こどもの自立を促す教育】仲間や先生との関係を大切に自ら学び、発信する力を持つ自立した個人を育てる
【中学入試のポイント】入試と多彩な取り組みで時代の変化に対応
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちに励まされながら世界を広げることができた6年間
【グローバル時代の学び方】英語力と積極的な姿勢を磨くCLクラス
【10年後のグローバル社会へのミッション】「ICT教育」をベースに視野を広げ グローバル社会を生き抜く力を育む
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】最後まであきらめない 入学試験は勝負の時 解答用紙にチャレンジした痕跡を
【未来を生き抜く学力のつけかた】新入生全員がiPadを使って1年半 学校生活に不可欠なサポートツールとして定着
【熱中!部活動】地道な努力とチームワークで全国大会に出場!バトントワリング部/ダンス部
【部活レポート】硬式テニス部/吹奏楽部
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】中学1年生に地道に学ぶ大切さを教えリーダーシップを備えた国際感覚のある生徒へと導く
【私学の情報リテラシー】全教科でICT機器を積極的に活用 リテラシーと情報活用力を養う
進学通信2016年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ