LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年12月号

SCHOOL UPDATE

横浜翠陵中学校

理系プロジェクト『サイエンスラボ』
「理科って楽しい!」を引き出すための実験教室

この日は、理科実験教室『アインシュタインラボ』の講師による実験が行われました。

この日は、理科実験教室『アインシュタインラボ』の講師による実験が行われました。

 2011年に共学校として生まれ変わった同校は、変革を続けながら、時代に合った教育をめざしています。2014年度からは『理系プロジェクト』がスタートしました。

 このプロジェクトは、さまざまな視点から理系の面白さ、奥深さを感じ、理系に興味を持ってもらうための取り組みです。大学教授や企業の研究者などのスペシャリストによる講義や大学の研究室訪問、科学施設見学、そして実験実習を行う『サイエンスラボ』と、“理科って面白い”と思える企画が用意されています。

 中学生を対象に行っている『サイエンスラボ』では、大学教授や実験教室を専門で行っている方々を招き、大がかりな実験を行います。取材当日は、積乱雲の発生の仕組みを、液体窒素を使って再現する実験が行われていました。

「中学生は、講義よりも実際に体験することが大事だという考えから、このプロジェクトが設定されました。ただ、私どもは理系に特化しようとは考えていません。幅広い選択肢の一つと位置づけており、『サイエンスラボ』を通して理科に興味を持ってもらえる生徒が一人でもいたら、成功だと思っています」(入試広報部部長・庄大介先生)

 現在は、年間4、5回のペースで行われている『サイエンスラボ』ですが、「今後は回数を増やすとともに、より幅広いジャンルの実験を行っていきたい」(入試広報部・理科教諭/田島浩平先生)と、さらなる発展も考えています。

 また、『サイエンスラボ』では、受験生の児童たちの参加も受けつけています。生徒たちと一緒になって授業を体験することで、進学後の学校生活が想像しやすいと好評です。

 2016年度からは『中高6カ年一貫グローバルチャレンジクラス』が開設されるなど、常に進化し続ける同校。2015年度の大学合格率も、2013年度に比べ3倍弱に増えるほどの飛躍を見せており、理系プロジェクトの推進によって今後、さらなる成長が期待されます。

スペシャリストが行う実験に大歓声!
この日は、理科実験教室『アインシュタインラボ』の講師による実験が行われました。実験のプロたちによる授業は、笑いあり、驚きありで、生徒たちからは大きな歓声も上がりました。今回は“積乱雲の発生”がテーマでしたが、『DNA抽出実験』や『レゴロボット』など、さまざまなジャンルの実験が行われています。
この日は、理科実験教室『アインシュタインラボ』の講師による実験が行われました。実験のプロたちによる授業は、笑いあり、驚きありで、生徒たちからは大きな歓声も上がりました。今回は“積乱雲の発生”がテーマでしたが、『DNA抽出実験』や『レゴロボット』など、さまざまなジャンルの実験が行われています。

実験のプロたちによる授業は、笑いあり、驚きありで、生徒たちからは大きな歓声も上がりました。
今回は“積乱雲の発生”がテーマでしたが、『DNA抽出実験』や『レゴロボット』など、さまざまなジャンルの実験が行われています。

“理系”を知ることで選択肢が広がる
『ドリカム・コーナー』と呼ばれる自習スペースには、特大のホワイトボードが設置されており、多くの生徒たちが利用しています。『ドリカム・コーナー』と呼ばれる自習スペースには、特大のホワイトボードが設置されており、多くの生徒たちが利用しています。
自然豊かなキャンパスは、伸びやかな学校生活を印象づけます。緑に囲まれたグラウンドも自慢です。自然豊かなキャンパスは、伸びやかな学校生活を印象づけます。緑に囲まれたグラウンドも自慢です。
講師から実験の流れや説明を聞いたあとは、班ごとに分かれて実際に自分たちでもやってみます。笑顔で楽しそうな姿が印象的でした。講師から実験の流れや説明を聞いたあとは、班ごとに分かれて実際に自分たちでもやってみます。笑顔で楽しそうな姿が印象的でした。
「理系プロジェクトを通して、理数科に興味を持つ生徒が出てくることを期待したい」と話す庄先生。「理系プロジェクトを通して、理数科に興味を持つ生徒が出てくることを期待したい」と話す庄先生。

(この記事は『私立中高進学通信2016年12月号』に掲載しました。)

横浜翠陵中学校  

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1
TEL:045-921-0301

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】1人1家庭のホームステイ 出会いと感動が次の自分をつくる
【私学の英語最前線】英語4技能を伸ばす オリジナルの英語教育
【SCHOOL UPDATE】国際社会で活躍するグローバルリーダーを育成 翠陵グローバルプロジェクト 学年末発表会
【学校生活ハイライト】未来のグローバルリーダーへ 基礎を大切にする英語学習に手応え
【6年間の指導メソッド】英語力×人間力でグローバルな力を育成
【中1の始め方】ともに成長できる学年づくりに向けた始めの一歩
【SCHOOL UPDATE】理系プロジェクト『サイエンスラボ』 「理科って楽しい!」を引き出すための実験教室
【グローバル時代の学び方】実践を積み重ね鍛えられ伸びる英語力
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】キーワードは”英語力×人間力” 中高6カ年一貫『グローバルチャレンジクラス』
【学校生活ハイライト】合い言葉はThink & Challenge! 先輩・後輩が絆を結び自主性を高める体育祭 笑顔と感動が明日を育む
【目標にLock On!! 私の成長Story】「THINK & CHALLENGE!」の精神で難関大学合格も夢も叶える
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】中高6カ年一貫 グローバルチャレンジクラスを新設
【学びのプロセス】クラス単位で学習室を活用 勉強習慣づくり
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】自らと向き合い、振り返る活動を6年後に向けて積み上げていく
【キャンパス歩き】モットーは“THINK&CHALLENGE!” 広く美しいキャンパスで育まれる確かな学力と豊かな感受性
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】厚紙と虫眼鏡でカメラを作ろう
進学通信2016年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ