LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年12月号

SCHOOL UPDATE

跡見学園中学校

跡見学園文化祭
自ら動き、自らつくる自律し自立する女性へ

中庭に施された装飾。

中庭に施された装飾。

テニス部の試合。テニス部の試合。

 数多くの行事を通し、知的好奇心を高める時間を大切にしている跡見学園。とくに文化祭は、生徒たちにとって思い出深い行事の一つです。

 同校の文化祭は、すべて生徒主体で行われ、夏期休暇を通して準備が進められます。これは、同校の教育方針の一つである『自律し自立する女性の育成』という考え方に根付いたものです。

「学園祭実行委員が中心となって文化祭をつくりますが、全学年の生徒たちをまとめあげ、準備を整えるには大変な苦労があると思います。だからこそ達成感が味わえる。そして、生徒たちの自立も促すことができると考えています」
(広報ご担当の先生)

 また、クラス単位ではなく、部活動単位での展示・発表であることも、同校の特徴です。各部ともに、中1生から高3生までが一丸となり、一つのものをつくりあげていきます。なかでも、ダンス部や器楽部吹奏楽班、演劇部の発表は、毎年、多くの観客を集めます。

 小学生向けには、『小学生探検隊』と称した、学校見学イベントも開催されます。生徒が案内人となり、実際に学園内を探検することができるため、学校説明会だけではわからない、さまざまな施設を見学することができます。

部活動単位の発表で部内コミュニケーションも高まる
本年度は3度の発表を行ったダンス部。本年度は3度の発表を行ったダンス部。
ポスターイラストは、毎年、募集をかけて集まった作品の中から、投票で選ばれます。今年は、躍動感ある少女が印象的なポスターができあがりました。ポスターイラストは、毎年、募集をかけて集まった作品の中から、投票で選ばれます。今年は、躍動感ある少女が印象的なポスターができあがりました。

生徒主体だからこそ感じられる達成感
ガイドブックの表紙と入場チケットです。
ガイドブックの表紙と入場チケットです。

ガイドブックの表紙と入場チケットです。

生徒が小学生を連れて、校内を案内するイベント『小学生探検隊』も実施。盛況でした。
生徒が小学生を連れて、校内を案内するイベント『小学生探検隊』も実施。盛況でした。

生徒が小学生を連れて、校内を案内するイベント『小学生探検隊』も実施。盛況でした。

器楽部吹奏楽班の演奏も目玉のひとつです。今年は『ディズニー アット ザ ムービー』など11曲を演奏し、来場者を楽しませました。器楽部吹奏楽班の演奏も目玉のひとつです。今年は『ディズニー アット ザ ムービー』など11曲を演奏し、来場者を楽しませました。
剣道部の試合。剣道部の試合。
化学部は小学生に人気の『ビー玉焼き』を実施しました。化学部は小学生に人気の『ビー玉焼き』を実施しました。

(この記事は『私立中高進学通信2016年12月号』に掲載しました。)

跡見学園中学校  

〒112-8629 東京都文京区大塚1-5-9
TEL:03-3941-8167

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】高2の社会科 必修授業に体験型の『模擬裁判』を導入!
【熱中!部活動】根気強く“好きなこと”に向き合い仲間と絆を強める大切な時間
【私学だからできるオリジナル教育】個性と才能を伸ばす放課後プログラム
【目標にLock On!! 私の成長Story】理系の職種で、好きな英語も活かしたい2つの夢を叶えて、充実した日々!
【学校生活ハイライト】姉妹校やホストファミリーの心温まる歓迎が、世界への扉を開く
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分で何でもさせる環境が子どもたちを育てる
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】夢を実現するコース制を導入! 「学力」と「人間力」を伸ばし自律し自立した女性を育てる
【SCHOOL UPDATE】跡見学園文化祭 自ら動き、自らつくる自律し自立する女性へ
【制服物語】「過去・現在・未来をつなぐ」をコンセプトとする新しい制服
【注目のPICK UP TOPIC!】人間力を高めるキャリア教育の成果
【SCHOOL UPDATE】文化祭 1年間の成果を発揮する最高の2日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】生涯を通じて輝ける人になる 『学力・人間力育成プロジェクト』始動
【キャンパス歩き】伝統の女子教育を継続する静かな環境と充実の施設
【注目のPICK UP TOPIC!】139年の伝統を守りながら、新時代のニーズに応える 全人教育と理数系教育の強化
【母校にエール!OGOB interview】一人ひとりと真剣に向き合ってくれた 先生方に深く感謝をしています
進学通信2016年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ