Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年12月号

私学の光輝

田園調布学園中等部

なでしこ祭

Breakthrough“伝統と新しさ”を発信する場
タイムカプセル開封式は校長の西村先生はじめ先生方、生徒代表、卒業生代表の皆さんが参加して行われました。

タイムカプセル開封式は校長の西村先生はじめ先生方、生徒代表、卒業生代表の皆さんが参加して行われました。

 創立90周年を祝う2016年秋に『虹~なないろ~』というテーマのもと『なでしこ祭』が開催されました。虹の“なないろ”はそれぞれ、赤は情熱、橙は友情、黄は未来、緑は成長などを表現し、生徒の未来が“なないろ”に輝くようにという願いが込められています。

 開会式に続いて、2004年に埋められたタイムカプセルを開封する式が、当時の生徒や保護者も見守る中で行われ、全校に中継されました。

「数年前から同窓生の間で話題になっていたので、楽しみにしていました。式に参加して、学園が伝統をとても大切にしていることと、そこから学んだことを後輩へ受け継いでいきたいという願いを、改めて実感しました」
(卒業生/K.Aさん)

 クラスやクラブの展示発表のほか、ファームステイなど各学年の体験学習展示、リベラルアーツ「土曜プログラム」の展示・発表なども行われました。

「熊本の震災でも注目されたダンボールで、実際にどんな活用が可能なのか研究したり、今年だからこそできる展示が多いのが特徴です。そのほか、私も入学前にチャレンジして入部を決意した弓道体験など、受験生の方が入学後の学園生活を知る良い機会になると思います」(高2・生徒会長/K.Rさん)

 いたるところで歴史を感じることができるのも『なでしこ祭』の魅力です。

「模擬店で保護者が焼きそばをつくるのですが、私も使用した鉄板は、代々受け継がれて20年以上使っているもの。伝統がとても自然に感じられる、それが学園の魅力です」(K.Aさんのお父様/K.K氏)

「社会の変化に合わせ、行事でも授業展開でも変えるものと変えないものを明確にしています。どんな時代にも通用する人としての根っこを大切にし、深く考え進んで発信できる力をすべての生徒に育んでいきたいと思っています」(校長/西村弘子先生)

2004年、新校舎建築の際に埋められたタイムカプセルを開きました。2004年、新校舎建築の際に埋められたタイムカプセルを開きました。
在校時、タイムカプセルに手紙を入れたという、現在は学園の非常勤講師を務める三池富弓先生。開けてみてぬいぐるみなども封入されていたので驚いたそう。在校時、タイムカプセルに手紙を入れたという、現在は学園の非常勤講師を務める三池富弓先生。開けてみてぬいぐるみなども封入されていたので驚いたそう。
プラザで行われた、土曜プログラム「日本舞踊」受講の生徒による華やかなステージ。プラザで行われた、土曜プログラム「日本舞踊」受講の生徒による華やかなステージ。
同窓会バザーでは手作り小物のほか、OGが育てた無農薬農場で採れた新鮮な野菜も人気でした。同窓会バザーでは手作り小物のほか、OGが育てた無農薬農場で採れた新鮮な野菜も人気でした。
中1生は「経済効果」「開催国・競技」などテーマを設け、クラスごとにオリンピックについての研究結果を展示しました。中1生は「経済効果」「開催国・競技」などテーマを設け、クラスごとにオリンピックについての研究結果を展示しました。
受験を考えている方が、学校生活について生徒と質疑応答する「生徒が語る本当の田園調布学園」。生の声が聞ける貴重な機会です。受験を考えている方が、学校生活について生徒と質疑応答する「生徒が語る本当の田園調布学園」。生の声が聞ける貴重な機会です。
タイムカプセル開封式が終わりほっとした表情の西村弘子校長先生、K.Aさん、K.Rさん(右から)。タイムカプセル開封式が終わりほっとした表情の西村弘子校長先生、K.Aさん、K.Rさん(右から)。
20年以上使用されてきた大きな鉄板でつくる焼きそばは大人気。保護者の方が来訪者のために腕を振るいました。20年以上使用されてきた大きな鉄板でつくる焼きそばは大人気。保護者の方が来訪者のために腕を振るいました。
校舎の中央に位置するプラザではステージイベントも開催。各催しの垂れ幕は、投票によって印象的なものに『なでしこ賞』が贈られます。校舎の中央に位置するプラザではステージイベントも開催。各催しの垂れ幕は、投票によって印象的なものに『なでしこ賞』が贈られます。
弓道体験ができる弓道部のブースは、見学に来た受験生などが真剣に弓を引いていました。弓道体験ができる弓道部のブースは、見学に来た受験生などが真剣に弓を引いていました。

(この記事は『私立中高進学通信2016年12月号』に掲載しました。)

田園調布学園中等部  

〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8
TEL:03-3727-6121

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】第二校舎~創造探究棟~の授業 多彩な「教科横断型授業」で知識と感性を“つなぐ”
【注目のPICK UP TOPIC!】情報収集、情報発信にフル活用 双方向の授業を拡充する
【キャンパスのビジョン】“人生100年時代”を生きる生徒へ 第二校舎~創造探究棟~
【その先に備えるキャリア教育】統計 “統計”教育によって社会で必要なスキルを身につける
【私学の英語最前線】高い英語力を維持する少人数制『取り出し授業』
【SCHOOL UPDATE】“未来へつなぐ土曜日”で外の世界へ一歩を踏み出す
【グローバル時代の学び方】ニュージーランドで学ぶターム留学がスタート
【6年間の指導メソッド】英語で主体的に発信できる生徒を育てる
【私学だからできるオリジナル教育】時代に合わせて進化 『土曜プログラム』講座
【注目のPICK UP TOPIC!】人としての「根っこ」を育てる6年間
【私学の光輝】なでしこ祭 Breakthrough“伝統と新しさ”を発信する場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考力の高い生徒を育てる協同探求型授業
【SCHOOL UPDATE】オルセースクールミュージアム 21世紀型の主体力を育てる!!
【注目のPICK UP TOPIC!】友と重ねた毎日が今の自分に活きている
【SCHOOL UPDATE】土曜プログラム(コアプログラム) 発達に応じた多彩なテーマで「21世紀型スキル」を磨く
【10年後のグローバル社会へのミッション】自ら考え発信する「21世紀型スキル」を養う
【学びのプロセス】未来へつなぐ21世紀型スキル
【全人教室│心を育む私学の授業】21世紀型スキルを育む 土曜プログラムが進化・深化します
【On Going! 進歩する私学の注目情報】他との調和を図れる人間性を重視した国際人教育へ
進学通信2016年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ