Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年11月号

中1の始め方

二松学舎大学附属柏中学校

中高6年間で最も大切なスタートの1年
自発性を養い真のグローバルな人材に

365ノートの活用方法も九十九里で教わり、学習習慣をしっかり身につけます。

365ノートの活用方法も九十九里で教わり、学習習慣をしっかり身につけます。

伝統校として軸のぶれない教育を実践

 創立139年を迎えた同校は、「判断力・思考力・発信力・コミュニケーション力」を備え、社会に貢献する真のグローバル人材を育てるため、「自問自答力の養成」と「論語教育」に力を注ぎます。

「創立者、三島中洲は明治10年に漢学の私塾を開きました。明治維新の激動を肌で感じていた三島は、海外から情報がなだれ込む中、やみくもにそれに飛びついては軸がぶれてしまうと案じました。そこで、『自国の文化を正しく理解し、母国語を正しく表現できる真の国際人の養成』と『異なる文化・歴史を理解し多様な価値観を認めようとする視点の養成』を建学の理念に据えました。奇しくも文部科学省が今後の人材育成の目標として『思考力、判断力、表現力を磨き、主体性を持って多様な人々と協働することを通して、喜びと糧を得ていくことができる人材にならなければならない』としています。まさしく本校の建学の理念に通じるものです。

 中学時代は、さなぎにたとえられます。外からはうかがえない“細胞分裂”が心身とも活発に行われ、自分でも感情のコントロールが難しい。大人の誘導が必要なときもあります。保護者は最大の協力者であり、学校は休暇中も含めて緊密な連絡で生徒のセーフティネットを構築します」(副校長/島田達彦先生)

一人ひとりの居場所をつくり新生活を円滑に始める

 アクティブラーニングを取り入れる同校のモットーは「自ら問題を見つけ、自ら解決すること」。あくまで主体性を重んじますが、中学1年の4月は中高6年間で最も大事な1カ月間と捉え、①一人ひとりの居場所をつくる②本校にふさわしい生徒としての生活の基準を身につける③学習習慣を身につける、の3つを目標に、先生方も新生活を強力に支えます。

 3つの目標の最初の実践の場は、4月中旬に九十九里で実施される2泊3日のオリエンテーションです。グループに分かれ、コミュニケーションワークショップに取り組みます。演劇で用いられる表現力を磨くプログラムで、与えられたテーマを即興でドラマにしたり、身体で表現したりします。プロの先生を迎え、与えられた課題に熱心に取り組む中で生徒たちは互いを理解し、自然と役割分担も生まれます。また、校長の講話で二松学舍の学びへの理解を深め、あいさつや規律などの大切さも学びます。学習習慣を身につけるツールとして用いる「365ノート」の活用法もここで教わります。

「毎日30分間、宿題とは別に自分で課題を見つけて自学自習します。各教科の問題でもいいし、小説を書く生徒もいます。ノートを利用して自問自答する力を養います。3年生では全員が独自のテーマで8000字の論文を仕上げます。自発的な問題解決の積み重ねが、この成果につながります。これからは、自ら考えたオリジナルの答えをしっかり発信する力が必須です」(中学校学年主任/森寿直すなお先生)

九十九里のオリエンテーションではクラスポスターを作成。1年間の目標と全員の足形を入れ、クラスの一体感を表します。

伝統の論語教育とICTの活用で力を養う
毎日、担当者が1分間スピーチで、クラスで気づいたその日の「良いこと」や「明日に向けた改善点」などを発表。自問自答力を日々の生活の中で養います。毎日、担当者が1分間スピーチで、クラスで気づいたその日の「良いこと」や「明日に向けた改善点」などを発表。自問自答力を日々の生活の中で養います。

 グローバル・特選・選抜の3コースを擁する同校の特徴の一つが、論語教育です。漢学の私塾が前身とあって、人間教育の基盤づくりとして論語教育に力を注ぎます。中学では週に2回の「モーニングレッスン」で取り組み、1年生で漢文検定初級を受検します。

「論語は心を磨く教材です。論語“を”学ぶではなく、論語“に”学ぶのです。1年生は主に素読に特化し、体に染み込ませます。人生にわたってその効果がじわじわと出てくるのです」(島田先生)

 また、同校では新入生全員がタブレットを持ち、タブレットに学習進度を入力して、先生と共有します。ICTを活用し、「自問自答力」を高めます。

「夏休み中の家庭での学習状況を把握でき、必要に応じて相談にのるなどの対応が可能です」(森先生)

 古典に学ぶ教育と最先端技術による学びを共存させることで、新入生たちが伸び伸びと興味の種を開花させていける環境がつくられます。

「『気づきを築く』。自問自答力を支えるこの姿勢を一人ひとりが持てるように、中1では自己肯定感を培える環境を多角的に整えます」(森先生)

「2020年に、大幅に変更される大学入試はもちろんのこと、急速に変化する社会に対応できるように、中高6年間の積み重ねで十分な実力を育みます」(島田先生)

真の国際人を養成するグローバルコース
ブリティッシュヒルズの研修では、カリグラフィーなどの英国文化も体験できます。ブリティッシュヒルズの研修では、カリグラフィーなどの英国文化も体験できます。

 建学の理念をより具体的にめざすグローバルコースの4本の柱は、次の通りです。
①プレゼン能力をつける
②体験型プログラム
③英語で自己表現
④海外・国内研修

 学期ごとにプロジェクト課題を設定し、自ら調査、学習して深めた理解をプレゼンします。また、JICA訪問や英語でクッキングなどの体験型プログラムを通して現場での知識を身につけたり、ツールとしての英語を楽しんだりします。

1年生で行く福島県のブリティッシュヒルズでの語学研修では、英語とともに英国の文化を学び、今年度の2年生は、3年次までにオーストラリア、カナダ、フィリピンから選択する海外研修も実施されます。さらに月に1度、中国語・韓国語講座が開かれ、英語以外の言語を学習することもできます。

(この記事は『私立中高進学通信2016年11月号』に掲載しました。)

二松学舎大学附属柏中学校  

〒277-0902 千葉県柏市大井2590
TEL:04-7191-3180

進学通信掲載情報

【WEB版『Hello! School』】二松学舎大学附属柏は創立10周年!次の10年に向けて伸び伸びと邁進中
【目標にLock On!! 私の成長Story】豊富で魅力的な教育プログラムを6年間の学校生活と大学進学に有効活用
【中1の始め方】「自問自答」の力を身につけさせる取り組み
【私学の光輝】創立記念日に改めて思う「自問自答」の教育理念
【SCHOOL UPDATE】グローバルコースによる学習発表会 プレゼンテーションを通して探究力・表現力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら課題を設定し、探究する「自問自答プログラム」を実践
【未来を切り拓くグローバル教育】コミュニケーション力を理論と体験で学ぶ
【みんな大好き キャンパス食堂】ランチタイムだけじゃない!仲間と一緒に語り合える食堂がリニューアルオープン
【SCHOOL UPDATE】『松陵祭』での中間発表会 「自問自答」による探究の成果をプレゼンテーション
【校長が語る 思春期の伸ばし方】論語教育と多彩なフィールドワークが豊かな人格と探究心・発信力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら気付き、考え、解決する自問自答の力を育む教育
【SCHOOL UPDATE】グローバルコース 従来のグローバル教育にさらなる実践力をプラス
【中1の始め方】中高6年間で最も大切なスタートの1年 自発性を養い真のグローバルな人材に
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自問自答で未来を切り拓く力をつける
【SCHOOL UPDATE】特別講座 ネイティブスピーカーと一緒にEnglish cooking
【キャンパスのVISION】四季のいぶきを感じる緑豊かな環境に恵まれた新時代志向のキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】入学間もない生徒たちの研修に「インプロ」を導入
【全人教室│心を育む私学の授業】「自問自答」の力を伸ばす多彩な体験教室『田んぼの教室』『沼の教室』『都市の教室』『雪の教室』
【The Voice 新校長インタビュー】確かな学力とさわやかな心を備えた生徒を育てていきたい
【授業発見伝】〝自問自答〟を通じて課題解決力を伸ばす『森の教室』『沼の教室』『都市の教室』
進学通信2016年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ