LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年11月号

アクティブラーニングで伸ばす新しい学力

光塩女子学院中等科

大学連携で伸ばす発想力と伝える力

「糖アルコール」で新商品をプロデュース
意見を出し合う場面ではさまざまな発想と考え方があることを認識し、ベストな答えを探し、アピールの仕方を考えます。

意見を出し合う場面ではさまざまな発想と考え方があることを認識し、
ベストな答えを探し、アピールの仕方を考えます。

アクティブラーニングを先取りする連携企画

 未来を担う生徒たちの思考力や発信力を養うために、同校は東京農工大学と連携した希望制の『未来を創るワークショップ』を毎年、夏休みに開いています。

 今年で6年目となるこの試みは、能動的に意見を出し合い、企画を立て、互いに磨き合い、「正解のない答え」を探す活動で、高大連携の活動であると同時にアクティブラーニングの要素がたっぷりつまっています。そして研究者や企業人、大学院生などと触れ合い、社会とのつながりを感じられる場です。

 今回は食品や化粧品、医薬品などに使われる “糖アルコール”を使用した新商品の開発案を短時間で考案し、プレゼンテーションするという内容です。7月23日、高1~高2の20名の生徒たちが、丸一日かけて取り組みました。

 メーカーの社員による講義で糖アルコールの性質について学んだのち、4~5人のグループに分かれて新商品のアイデアを出していきます。糖アルコールは熱や酸、アルカリに強く、微生物の栄養源になりにくいなどの特性を持ち、化粧品や食品などに多用されています。このワークショップでは既存の製品の真似ではなく、まったく新しい商品をゼロから考えなくてはなりません。

 生徒たちは付箋にアイデアを書き出し、ホワイトボードに糖アルコールのメリットやデメリット、コストなどを書き出して話し合います。午前中に1度、意見をまとめてショートプレゼンテーションを行い、そこで出た指摘を元に企画を練り上げ、午後の最終プレゼンテーションに臨みました。

最適解を導き出す力がつく

「煮ものに味をしみこみやすくする調味料」「肌に優しい包帯」「飲みやすい胃カメラ」「長もちする理科実験器具」など、各班の新商品アイデアはどれも斬新なものばかり。午前に講義をした糖アルコールのメーカーの社員は、

「プロのわれわれより、創造力や発想力があると実感しました。短時間でここまでできたのはすごい」

 と感心しきりです。実用化できそうなアイデアもあったそうです。

 こうした活動でアイデアを形にするために話し合い、協調しながら、頭脳を駆使して考え抜く力は、まさに今、社会に出てから求められる力です。この日のワークショップで生徒たちが見せたはつらつとしたエネルギー、そして「よりよい答え」を求めていく姿は、あと数年後、社会で力を発揮する彼女たちの前途をイメージさせるものでした。

知識・伝える力・スピード感を総動員 アイデアを形にするぞ!
The idea to from 001
誰のために?どう作る?商品化の到達点までしっかり考える
生徒たちのアイデアを東京農工大学の大学院生がサポートしながら、商品化企画へとブラッシュアップしていきます。生徒たちのアイデアを東京農工大学の大学院生がサポートしながら、商品化企画へとブラッシュアップしていきます。

「こんなものがあったら便利そう」「困っている人に役立つものを作りたい」――。

 さまざまな動機から生まれたアイデアをグループで検討し、糖アルコールを使った新商品を企画していきます。1グループに2人づつ配された東京農工大学の大学院生がファシリテーターとして話し合いの方法をアドバイスしてくれます。新しい商品は誰が使うのか、需要はどこにあるのか、作ったり広めたりする方法は? 利益とコストの見込み、競合するものがないかなど、さまざまな視点を投げかけて企画をリアリティのあるものにしていきます。ホワイトボードの前で話し合いに集中し、解決策を見つけて喜びの声を上げるグループなど、会場は熱気に包まれていました。

The idea to from 002
伝える力+スピード感も大事

「あと10分で模造紙にまとめてください」「プレゼンテーションは各グループ2分間でお願いします」。司会の大学院生が時間管理をしていました。限られた時間の中で的を外さずにプレゼンテーションする力もここで身につきます。大学さながらのスピードで進む中、生徒たちは真剣そのもの。役割を割り振って短くリハーサルをしてから本番に臨んでいました。

 最終プレゼンテーションで高い評価を得たのは、糖アルコールの成分をふくませた包帯を考えたチームでした。保湿性を高めて擦れるのを防ぎ、薬の成分を加えればガーゼが不要になるなど、従来の包帯にない付加価値を提案できました。「自分の意見をぶつけ合って考えるのが楽しかったです」「学年の違う人と話せてよかった」とメンバーたち。

短時間で企画を模造紙にまとめる作業は、分業する段取りが大切。チームワークで乗り切ります。短時間で企画を模造紙にまとめる作業は、分業する段取りが大切。チームワークで乗り切ります。
新製品のアイデアを企画するこのワークショップでは、小手先のアピールの上手さでは通用しません。素材の特質を社会の求める形に落とし込み、実現化可能な企画を考え抜く経験は、生徒たちにとって、とても貴重な体験でした。新製品のアイデアを企画するこのワークショップでは、小手先のアピールの上手さでは通用しません。素材の特質を社会の求める形に落とし込み、実現化可能な企画を考え抜く経験は、生徒たちにとって、とても貴重な体験でした。
ココも注目!高大連携は高度な教育環境を知るチャンス

 ワークショップが開かれた東京農工大学では、学生が研究成果やアイデアを実現する力を持てるように『イノベーション推進機構』を設置し、企業と協働して多彩な教育プログラムを展開しています。高校生向けのワークショップはその一環で、この日も大学の先生方や企業の専門家、博士課程の大学院生など15名以上がサポートしました。

 大学院生はファシリテーターとして議論の矛盾点を指摘したり、次の作業を促したりと重要な役割を果たしていました。研究者はわかりやすい言葉で内容を人に伝える必要があり、その意味で高校生との交流は大学院生の学びにもなるそうです。昼休みには一緒にお弁当を食べながらおしゃべりも楽しみました。生徒にとってロールモデルとなる人物との出会いも高大連携プログラムならではの貴重なチャンスです。

(この記事は『私立中高進学通信2016年11月号』に掲載しました。)

光塩女子学院中等科  

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-33-28
TEL:03-3315-1911

進学通信掲載情報

進学通信2016年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ