Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年11月号

その先に備える キャリア教育

森村学園中等部

実現
社会に役立つ人となるために自らの進むべき『路』を探る

夢を描きそれを実現させる力を養う、同校のキャリア教育。
創立者のめざした「社会に役立つ人間を育む教育」を具現化しています。

 独立自営の精神と豊かな教養を備えた、真に社会に役立つ人を育てることをめざし、人格形成を第一の目標とする教育を実践している同校。

「中等部では、夢の方向性を探る『進路指導』に、高等部では、その夢の実現をサポートする『進学指導』に重点を置いています。偏差値やブランドだけで大学を選ぶのではなく、自らの進むべき道に対して確信を持ち、その道に進むために最もふさわしい大学に進学する『主体的な個の確立』を何よりも重視しています」(入試広報部長/小澤宗夫先生)

 中等部の3年間で行われる『進路指導』では、「総合」「道徳」「特活」の時間をフル活用し、さまざまな切り口から将来の進路を模索。学びへの動機づけを得るのと同時に、社会と向き合う「高い志」を育てます。

「中1で取り組むのは、『創立者森村市左衛門研究』です。森村市左衛門翁は、日米貿易の先駆者として、幕末から明治・大正期の日本経済界を支えてきた人物です。校訓『正直・親切・勤勉』や、建学の精神『獨立自營(独立自営)』の志は、実業界の経験から見出した翁の人生哲学から生まれました。国のため、社会のため、人のために事業を起こした翁の生きざまを読み解く中で、『社会に出るということは、人の役に立つことである』ということを、しっかりと理解してもらいたいと思います」

 具体的な進路の模索の第一歩となるのが、中2で取り組む『職業調べ学習』。さまざまな職業に就いている人による講演会や、職業体験などを通じて、「職業」という未知の世界を切り拓きます。各々の興味のある分野の職業を体験するために、アポイントを取ることから生徒自身が行うなど、主体性が問われる活動です。中3では、修学旅行の事前学習を含めた『海外と日本の文化比較』に取り組み、秋以降になると『自由課題研究』と題して、各自の興味のある分野を追求して、レポートを仕上げていきます。

「3年間を通じて、自分と向き合う作業を重ねることで、どのような生き方をしたいのか、将来、どのような形で社会貢献をしたいのかという意識が高まっていきます。ここで見出した夢の方向性は、高等部の『進学指導』に引き継がれます。『進路指導』と『進学指導』の両輪で、生徒一人ひとりの夢の実現をしっかりと後押ししています」

Report
中等部1年創立者森村市左衛門研究
日米貿易の先駆者である同校創立者森村市左衛門。日米貿易の先駆者である同校創立者森村市左衛門。

 幕末・明治の激動の時代に、日米貿易を切り拓いた創立者森村市左衛門翁。その人生を、関連する書物やビデオなどを通じて、紐解いていきます。校訓である「正直・親切・勤勉」の真の意味を理解し、創立者の遺した「独立自営」の精神をくみ取り、人として自立し(=独立)、何事に対しても自ら率先して行動できる(=自営)人間であることの大切さを学びます。

 また、自らの進むべき『路』を模索するにあたり、自らが社会を構成する一員であることを自覚し、他者の存在や異なる価値観を受容できる姿勢を身につけることに努めていきます。

中等部2年職業調べ学習
講演会の様子。どのような職業人をお招きするかは生徒の意向も反映されます。講演会の様子。どのような職業人をお招きするかは生徒の意向も反映されます。

 さまざまな分野の職業人を演者とする講演会、職業人へのインタビューや職業体験、レポート作成やレポート内容のプレゼンテーションなどに取り組み、仕事の内容や喜び、苦労、その職業に就くためにはどのようにしたらよいのかなどについて学びます。他の生徒のプレゼンテーションに触れることで、今まで知らなかった職業に出会うことも可能です。

中等部3年自由課題研究
自分の興味を追求する自由課題研究。さまざまな視点が並びます。自分の興味を追求する自由課題研究。さまざまな視点が並びます。

 各自で興味のある分野を追求し、レポートを作成します。この作業を通してひとつの事柄を突き詰め、「何になりたいか」を考えながら夢の方向性を考えていきます。

海外と日本の文化比較
ニュージーランド修学旅行の様子。ニュージーランド修学旅行の様子。

 江戸東京博物館や上野の博物館めぐりなどの校外行事を通して、日本の伝統的な文化に触れ、その奥の深さを体験します。

 また、「ニュージーランド修学旅行」では、ファームステイや先住民の暮らしを研究することで、異なる価値観や慣習に触れて、日本と海外の文化を比較し、学びます。

(この記事は『私立中高進学通信2016年11月号』に掲載しました。)

森村学園中等部  

〒226-0026 神奈川県横浜市緑区長津田町2695
TEL:045-984-2505

進学通信掲載情報

【THE VOICE 新校長インタビュー】『言語技術』の授業や英語力の向上で生徒たちを世界へ羽ばたかせたい
【未来を切り拓くグローバル教育】グローバルな視点とコミュニケーション能力を身につけるニュージーランド修学旅行
【注目のPICK UP TOPIC!】「言語技術」の授業で言葉の力を高めアクティブ・ラーニングを実践する
【注目のPick up TOPIC!】グローバルな思考を学びながらイングリッシュキャンプで英語を学習
【学校生活ハイライト】互いを認め尊重し絆を深める
【グローバル時代の学び方】真の国際人を育む言語技術教育
【熱中!部活動】【テニス部】首都圏有数の恵まれた環境で部活を通して自主性を育む
【その先に備える キャリア教育】実現 社会に役立つ人となるために自らの進むべき『路』を探る
【大学合格力強化計画】生徒のやる気に火をつける指導で過去最高の合格実績!
【中1の始め方】新入生の不安を取り除き スムーズな中学生活をスタート
【10年後のグローバル社会へのミッション】『言語技術』が養う世界標準のコミュニケーションスキル
【学校生活ハイライト】球技会をはじめさまざまな行事を通じて豊かな情操と自主性を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】先輩から後輩へ受け継がれる夢への情熱 南極と生中継で特別授業『南極教室』
【大学合格力強化計画】先輩たちの受験記録をまとめた『進路の手引き』でやる気をサポート
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本式の母語教育に加え 世界標準の言語能力を磨くLanguage Arts(言語技術)
進学通信2016年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ