LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年10月号

SCHOOL UPDATE

聖望学園中学校

一人ひとりの理解に合わせる
ICT授業の新しい学びのスタイル

iPadでの授業が本格的にスタート
全員で解き方を共有できるほか、生徒同士の意見交換も活発になります。

全員で解き方を共有できるほか、生徒同士の意見交換も活発になります。

 今年4月に入学した中1生よりiPadでの授業を本格的にスタートさせた同校。教室には電子黒板と無線アクセスポイント、Apple TVによるシステムを設置し、無線ネットワークを構築しています。生徒たちがそれぞれ持つiPadは、そのネットワークに接続され、教員との間だけでなく、生徒同士でも画面やデータを共有し、電子黒板に映し出すといった方法で授業を進めています。

「基本的にすべての授業でiPadを利用できるだけでなく、朝自習で配信型の小テストを取り入れたほか、学級通信も電子化しています。保護者の皆様からも評判がよく、新しい学びと情報発信ツールとなっています」
(広報部副部長/佐藤亮介先生)

 生徒を守るうえで、セキュリティシステムや各種ツールで対策をとっているため、やりとりは生徒と教員の間だけに限定されるという制約はあります。しかし、その分、授業での活用は生徒がより学習しやすいように、教師陣の多彩なアイデアを取り入れて進めています。

「今までは白黒のプリント資料しか配布できなかったのが、iPadの導入でカラー写真を使えるようになり、視覚的な面からの学びを進めやすくなりました。これからは実験の手順などで動画を使用することも考えています」
(理科教諭/髙𣘺宏彰先生)

 数学の授業ではiPadで提示した問題に対して、生徒全員の解答をリアルタイムで見ることができます。

「生徒の学習状況をモニタリングできるので、授業の進み具合を把握しやすくなりました。iPadが生徒との交流ツールになっていますし、教員にとってもよい刺激となっています」(数学教諭/小林堅二先生)

 生徒間でも操作方法をお互いに教え合うなど、コミュニケーション力を高め、互いに学び合う姿勢づくりにも役立っています。まだ取り組みは始まったばかりですが、同校の特徴である『面倒見のよさ』をさらに充実させるきめ細かい学習指導により、スタートから多角的に生徒の学びを支えています。

オリジナリティあふれるiPad授業
生徒の思考の“見える化”が実現することで、生徒一人ひとりの理解度を教員が把握できるようになりました。生徒の思考の“見える化”が実現することで、生徒一人ひとりの理解度を教員が把握できるようになりました。
普段からタブレット操作に慣れている世代。そのため、授業中の操作はとてもスムーズです。普段からタブレット操作に慣れている世代。そのため、授業中の操作はとてもスムーズです。
数学の授業では生徒全員が問題にリアルタイムに解答
教師陣の熱意が込められたiPad授業は、質の高い授業を効率的に展開します。教師陣の熱意が込められたiPad授業は、質の高い授業を効率的に展開します。
グループワークへの活用で学習効果を高めることも可能になりました。グループワークへの活用で学習効果を高めることも可能になりました。
「今後は動画を駆使した授業に取り組んでいきます」と教師陣も熱心です(左・髙𣘺先生/右・小林先生)。「今後は動画を駆使した授業に取り組んでいきます」と教師陣も熱心です。
(左・髙𣘺先生/右・小林先生)
共に伸ばし合える良い仲間の存在が聖望カラー。iPadの学びがそれに加わり学園生活がより豊かに変わり始めました。共に伸ばし合える良い仲間の存在が聖望カラー。iPadの学びがそれに加わり学園生活がより豊かに変わり始めました。

(この記事は『私立中高進学通信2016年10月号』に掲載しました。)

聖望学園中学校  

〒357-0006 埼玉県飯能市中山292
TEL:042-973-1500

進学通信掲載情報

進学通信2016年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ