LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年10月号

目標にLock On!! 私の成長Story

桜丘中学校

先生たちに励まされながら
世界を広げることができた6年間

OG 黒崎千聖ちさとさん
学習院大学 経済学部 経済学科 1年

さまざまなことに挑戦した中高時代
たくさんの参考書に囲まれた、思い出の自習室で。たくさんの参考書に囲まれた、思い出の自習室で。

 校訓「勤労」と「創造」 のもと、「自立した個人」の育成を教育目標とする同校では、たゆまぬ努力と創意・工夫で、自ら考え判断する力と、他者を思いやる気持ちを育てることに重きを置いた教育活動が行われています。

 2016年の3月に同校を卒業し、現在、学習院大学の経済学部で学ぶ黒崎千聖さんは、このような学校の理念をしっかりと理解して、学習面ではコツコツと努力を続けながら、何にでもチャレンジする活動的な生徒だったそうです。

 そんな黒崎さんを、先生方も温かく励まし、応援し続けました。

「いろいろなことにチャレンジをするきっかけを与えてくれたのは、桜丘の先生です。小学生のときには、特に積極的なタイプではありませんでしたが、先生に勧められてやってみたことにやりがいや達成感を感じて、もっといろいろなことに挑戦したいと思うようになりました」

 吹奏楽部の活動に熱中するかたわら、合唱コンクールや文化祭の委員としてクラスをまとめたり、生徒会活動に参加したりと、さまざまな場面で力を発揮した黒崎さん。中3では生徒会長として活躍し、卒業式では『学校長賞』に選ばれたそうです。

「キャンパスナビゲーターとして学校説明会の運営に協力したり、オーストラリア短期留学で約1カ月間の海外生活を経験したりと、やりたいと思ったことすべてに挑戦することができた充実した6年間でした。さまざまな経験を積み、視野を広げることができたのは、学校がこのような機会をたくさん与えてくれたおかげだと思っています」

学校生活でも学習でもいつも支えてくれた先生たち

 リーダーとして、人をまとめる機会の多かった黒崎さんですが、先頭に立ってグイグイと人を引っ張っていくタイプではなかったそうです。ただし、どんなことにも一生懸命に取り組む姿勢や誠実な人柄は、他の生徒からの信頼も厚く、周囲を巻き込みながら物事を進めることに長けていました。

「リーダーとして人をまとめることの難しさに涙を流したこともありますが、そんな時に支えになったのは、先生の存在です。桜丘は、生徒と先生の距離がとても近く、何でも話せる関係でした。苦しいときには先生に話を聞いてもらうことで、あきらめないで絶対に最後までやり通すという気持ちを持ち続けることができました」

 アクティブに学校生活を楽しむ一方で、学習面ではコツコツと努力し続けた黒崎さん。学習習慣を身につけるうえで役に立ったのは、中学の時に使用した『家庭学習帳』だといいます。

「自分で学習する内容を決めて取り組んで、担任の先生に提出すると、コメントつきで戻してもらえました。1日3ページ取り組むことが決まっていたのですが、先生とのやり取りが楽しく、ほめてもらいたくて、それ以上に取り組んでいました」

 どんなときにも支えになってくれる先生方の存在は、精神的に最も苦しかった受験生の時期にも、とても大きな力になってくれたそうです。

「先生との面談が、受験期の心の支えでした。苦しい気持ちを先生に打ち明けて力をもらう一方で、私自身は学級委員をしていたので、クラス全体のモチベーションを上げることにも気を配りました」

 他の委員とも相談し、1日1つ、みんなの励みとなりそうな言葉を選んで発表するなど、クラス全体が一丸となって受験に取り組めるような雰囲気づくりに努めた黒崎さん。そのためには、自分もがんばらなくてはいけないというプレッシャーを糧に努力を続け、見事、学習院大学への現役合格を果たしました。

「桜丘では、一生懸命やれば成果が出るという経験を積み重ねることができました。将来、どんな道へ進みたいかについては、まだはっきりとした答えを見つけられていないのですが、何か挑戦したいことに出会ったときには、きっとやれるだろうと確信しています。中高時代に経験したことが自信になっているのだと思います」

 先生方と、良い関係が築けた中高時代と同じように、大学の先生ともしっかりと関わりたいと考える黒崎さん。始まったばかりの大学生活への希望に胸を膨らませています。

吹奏楽部での発表の様子。コンクールに向けての練習に力を入れていました。左から2番目が黒崎さん。吹奏楽部での発表の様子。コンクールに向けての練習に力を入れていました。左から2番目が黒崎さん。
高2で参加したオーストラリア姉妹校への短期留学。姉妹校の生徒が来日した際には、ホストファミリーとして受け入れも行いました。高2で参加したオーストラリア姉妹校への短期留学。姉妹校の生徒が来日した際には、ホストファミリーとして受け入れも行いました。
先生や友達と深い関係が築けた中高時代
中2〜高1の3年間、担任だった高桑直樹先生と。黒崎さんの成長を温かく見守ってくれました。中2〜高1の3年間、担任だった高桑直樹先生と。黒崎さんの成長を温かく見守ってくれました。

 卒業後、改めて桜丘の良さを実感しているという黒崎さん。先生や友達とのつながりの強さがその魅力の一つです。

「終礼の時に、高桑先生が話してくれたちょっとした話が、毎回とても印象に残りました。そんな先生の言葉に背中を押されて、帰宅後の勉強もがんばろうという気持ちになりました」(黒崎さん)

「黒崎さんは、コツコツとまじめに努力することのできる生徒でした。『やってみたら』と言われたことを素直に行動に移せるところも彼女の強みの一つですね」(高桑先生)

(この記事は『私立中高進学通信2016年10月号』に掲載しました。)

桜丘中学校  

〒114-8554 東京都北区滝野川1-51-12
TEL:03-3910-6161

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の多様性に合う指導で「誰もが本気でがんばる」学校に
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒の素顔があふれる説明会 先輩との「ハウス制給食」も体験
【未来を切り拓くグローバル教育】海外研修で磨く確かな英語力
【The Voice 校長インタビュー】時代に求められる力を導き深めていく場所でありたい
【みんな大好き キャンパス食堂】縦割りの「ハウス制」を実施 学年を越えた交流で責任感と協調性が育つ
【私たち、僕たちが大好きな先生】少林寺拳法も体育祭も“頭で勝つ”。考え、話し合うことの大切さを生徒に教えたい
【目標にLock On!! 私の成長Story】部活動、イベント、学習に全力投球の6年間 先輩・仲間・先生みんなが助けてくれた
【グローバル時代の学び方】世界を考える『CLクラス』未来のリーダーを育成
【こどもの自立を促す教育】仲間や先生との関係を大切に自ら学び、発信する力を持つ自立した個人を育てる
【中学入試のポイント】入試と多彩な取り組みで時代の変化に対応
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちに励まされながら世界を広げることができた6年間
【グローバル時代の学び方】英語力と積極的な姿勢を磨くCLクラス
【10年後のグローバル社会へのミッション】「ICT教育」をベースに視野を広げ グローバル社会を生き抜く力を育む
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】最後まであきらめない 入学試験は勝負の時 解答用紙にチャレンジした痕跡を
【未来を生き抜く学力のつけかた】新入生全員がiPadを使って1年半 学校生活に不可欠なサポートツールとして定着
【熱中!部活動】地道な努力とチームワークで全国大会に出場!バトントワリング部/ダンス部
【部活レポート】硬式テニス部/吹奏楽部
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】中学1年生に地道に学ぶ大切さを教えリーダーシップを備えた国際感覚のある生徒へと導く
【私学の情報リテラシー】全教科でICT機器を積極的に活用 リテラシーと情報活用力を養う
進学通信2016年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ