LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年10月号

大学合格力強化計画

麗澤中学校

「叡智」を磨く東大コースを新設
豊富な課外講座で万全の志望校対策

休み時間や放課後に校内の各所で見られる個別指導。同校の伝統とも言えます。学習相談から進路、学校生活についてなど、教員とマンツーマンで問題解決へのヒントをつかみ自立していきます。

休み時間や放課後に校内の各所で見られる個別指導。同校の伝統とも言えます。
学習相談から進路、学校生活についてなど、教員とマンツーマンで問題解決へのヒントをつかみ自立していきます。

長年の取り組みで着実に大学合格実績アップ
現役合格実績 10年間の推移
現役合格実績 10年間の推移

 東京ドーム10個分におよぶ広大な敷地を擁し、世界で活躍する日本人の育成をめざして1935年に創立された同校。2016年春の卒業生は難関私立大学の合格実績が昨年度の1・5倍に、また3年連続で国公立大学の合格者数が40名を超えています。

 このような実績は、同校の長年の取り組みがその背景にあると進路指導部長の丸島淳先生は言います。

「いくつか大きな転換点がありますが、2002年の中学開校は大きな変化でした。これによって本校は中高一貫校となり、その1期生の卒業にあたる2007年度の大学合格数が、一気に前年度の3倍以上になりました」

 その後、同校では高2からの大学受験対策のコース分けとして、『TKコース』(TK=最難関国立志望)、『SKコース』(SK=難関私立国公立志望)、『ILコース』(IL=難関私立、海外大学志望)の3つのコースを新たに導入しました。

 高入生の実力と一貫生のポテンシャルを融合させようという試みを行ったところ、これも大学合格者数が1・3倍に伸びるという成果に結び付きました。

東大進学コースを新設
同時に校内予備校も導入

 そして2015年からは、東京大学への進学を目標とする『アドバンスト叡智コース』(AE)と、従来からの教育内容をさらに進化させた『エッセンシャル叡智コース』(EE)という、2つのコースを中学に設置。中学入試の段階から、コース別に募集を行っています。同時に、高校生を中心に、より質の高い一人ひとりの受験勉強を実現させる校内予備校『プロジェクト叡智』も新設しました。このような中高を通しての学校全体での取り組みが早速、2016年の春の合格数アップの実績として表れています。

 コース新設の狙いについて中学教頭の森川嘉之先生は説明します。

「これまで本校は独自のカリキュラム『言語技術科』を新設したり、英語の発信力の育成に力を入れ、英語力検定試験GTECの中3のスコアが高校生の全国平均を大きく上回る実績を収めるなど、長年さまざまな取り組みを進めてきました。この取り組みは、東京大学の求める学生の能力と合致していると確信を持っています。そして、それをさらに押し進めるためにAEコースを導入したのです」

 中2・AEコースの1期生を担任する進路指導副部長の室谷康生先生も、その効果について教えてくれました。

「AEコースの授業は生徒主体のいわゆるアクティブラーニングの形で進められることが多く、コミュニケーション力と論理的思考力が向上してきています。また、数学ではAEコースで扱った発展問題をEEコースでもレベルを下げずに生徒に取り組ませることで、生徒のやる気が引き出されるなど、相乗効果も表れていると思います」

団体戦としての受験対策
個別指導も充実
主に高3を対象とした校内課外講座の一つである「小論文講座」。推薦入試や私立大学入試、国公立二次試験で予想が毎年ズバリ当たるとのこと。主に高3を対象とした校内課外講座の一つである「小論文講座」。推薦入試や私立大学入試、国公立二次試験で予想が毎年ズバリ当たるとのこと。

 校内予備校『プロジェクト叡智』では、高3の夏休み冒頭に大学受験に向けた勉強のペースをつかんでもらうために、学園内の研修寮に寝泊まりして自主学習を行う『合宿勉強会』を実施しています。このほか、日曜・祝日に学校で行われる『休日学習会』など、課外の時間も存分に使って受験対策を行っています。

「受験は団体戦であると生徒は言います。休日も学校を開放して一緒に学ぶことで、1人ではなく仲間と切磋琢磨する文化が醸成されています。最後まで学校を活用する生徒は志望校への合格率も高いです」(丸島先生)

 それ以外にも部活動後に行われる『夜間講座』、外部講師を招いての『小論文講座』など、課外講座の時間数や種類は圧倒的に充実しており、学校外の予備校に通う生徒がほとんどいないそうです。

「こういった講座などの取り組みに加えて、全体を支えているのが本校の面倒見の良さです。生徒の手帳を見ると、『プロジェクト叡智』の時間割に加えて、特定の先生との個別の指導の予定が入っているのが大半です」
(丸島先生)

進路決定へのきっかけを与えるキャリア教育
高2の『キャリア進学プログラム』では「大学出張講義」を体験。有名大学から派遣された大学講師による講義を受講します。進路決定に貴重な情報を得られます。高2の『キャリア進学プログラム』では「大学出張講義」を体験。有名大学から派遣された大学講師による講義を受講します。進路決定に貴重な情報を得られます。

 充実しているのは校内課外学習だけではありません。行くべき大学を決めるための『キャリア進学プログラム』も数多く用意されています。

 高1では20名前後の卒業生による『職業別講演会』を実施し、進路意識を高めます。高2では、全国の有名大学から講師を招いての『大学出張講義』によって志望大学を明確にしていきます。また、担任、進路指導部長ほか、関係の先生が集まり、一人ひとりの生徒について、高3春には『進路検討会』、秋には『出願検討会』を行い、行くべき大学の決定を支援します。

 同校では中3の2学期から大学受験勉強への橋渡しとなる『バイパス講座』を実施していますが、来年度には、『叡智コース』のプログラムとして、内容を刷新する予定とのこと。大学受験へ向けてのさらなる強化や新たな対策が日々進められています。

2015年度卒業生(2016年春)
主な大学合格実績

卒業生数 271名
総数は既卒生を含む

大学名 人数
総数 現役




東京大学 1
京都大学 1 1
北海道大学 2 1
神戸大学 1 1
筑波大学 5 5
千葉大学 6 6
お茶の水女子大学 2 2
東京外国語大学 2 2
横浜国立大学 2 2
大学名 人数
総数 現役



早稲田大学 28 26
慶應義塾大学 5 4
上智大学 12 12
国際基督教大学 1 1
東京理科大学 20 17
明治大学 40 39
青山学院大学 22 20
立教大学 34 32
中央大学 28 22
法政大学 52 49
学習院大学 15 15

(この記事は『私立中高進学通信2016年10月号』に掲載しました。)

麗澤中学校  

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
TEL:04-7173-3700

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】温かい人たちに囲まれて過ごした6年間 弓道に打ち込みながら第1志望校に合格
【キャンパスのビジョン】古き良き伝統と新しさが調和した食堂「けやき」が誕生
【私学の校外学習・学外交流】伝統に息づく先人の志や願いに触れ国際社会を生きる基盤を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】クラスメートとの濃密な日々を通して得た成長と気づきが、未来を切り拓く原動力に
【目標にLock On!! 私の成長Story】楽しく学び、医学の道に進めたことに感謝するばかりの6年間
【学校生活ハイライト】日本の伝統・文化を深く学び表現する麗鳳祭
【グローバル時代の学び方】グローバルな視点を育むユネスコスクールの取り組み
【6年間の指導メソッド】実体験に根ざした教養教育を中学から
【大学合格力強化計画】「叡智」を磨く東大コースを新設 豊富な課外講座で万全の志望校対策
【私学の光輝】入学式 共に磨き合う仲間と迎える新たな門出
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の夢を追いながら社会にも貢献できる人に
【学校生活ハイライト】チームワークとコミュニケーション力で「麗澤らしさ」を発揮する3日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】知識と人間性を兼ね備えた 叡智にあふれるリーダーを育成
【その先に備える キャリア教育】一人ひとりを進むべき進路へ導く 道徳教育に基づくキャリア教育
【On Going! 進歩する私学の注目情報】道徳教育を基盤とする叡智を磨き真のリーダーを育成する『叡智コース』
【私学の光輝】〝誇り〟と〝謙虚〟さを胸に学校生活の第一歩を踏み出す
進学通信2016年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ