LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年10月号

学校生活ハイライト

聖徳学園中学校

一人ひとりが主役として輝き生徒間の絆を深める体育祭

誰もが輝ける“舞台”がある生徒主体でつくり上げる行事
種目のハイライトである応援合戦。振り付けや応援は生徒が考えます。「わかりやすくて格好いいものを意識しました」と応援団が教えてくれました。

種目のハイライトである応援合戦。振り付けや応援は生徒が考えます。
「わかりやすくて格好いいものを意識しました」と応援団が教えてくれました。

毎年変わらぬ雰囲気を生徒の手で維持し続けてきた体育祭。
1年を通して一番の盛り上がりをみせ、憧れを抱き入学を決める生徒も多いのです。
応援団などの各役割分担に人数制限はなく、やりたい生徒がやりたいことを選択できる環境が整っています。
色別対抗だけではなく、クラス対抗、学年対抗と、それぞれの集団に競技が設けられていることで参加しながら縦横の団結力を強められる思い出の一日になります。

 例年、5月に校庭で行われる同校の体育祭。

「生徒主体を大切にしたアットホームな雰囲気です。しかし、そのなかにも“絶対に負けないぞ”という強い気持ちが感じられるのがこの体育祭の特徴です」

 と話すのは入試広報部長の岩崎喜和先生。競技中、各組の陣ではほとんどの生徒が席に座ることなく応援を続け、その参加率の高さからも生徒たちの強い思い入れが感じられます。

 特に大きな盛り上がりを見せる応援合戦のメンバーは“立候補制”。他の役割も、やりたいと思った生徒がやりたいことをできるように、人数制限は設けていません。このように一人ひとりが主役として輝ける舞台が用意されているのも魅力の一つです。

「入学前から憧れていたチアリーダーをすることができて、終わってほしくない、と思うほどのやりがいを感じました」

「練習が大変で、時には泣きたくなることもありました。それでも支えてくれた仲間のおかげで今日を迎えられたと思います。がんばって良かったです」

「クラス対抗種目では、絶対に負けたくありません」

 と生徒たちは、それぞれの立場で感じてきた思いを話してくれました。

「中高一貫校だからこそ、学年を越えて、団結力を強めるいい機会だと思います。上は下をみて、下は上をみて、憧れや希望を胸に毎年成長していきます」

 同校の教育方針である“個性”と“創造性”は、体育祭でも大いに育まれています。

『騎馬戦』は男子生徒にとって負けられない戦いです。この日一番熱い男たちの戦いが見られます。『騎馬戦』は男子生徒にとって負けられない戦いです。この日一番熱い男たちの戦いが見られます。
中学1・2年生男子と高校1・2年生女子でペアを組んで挑む『姉さん女房』。学年を越えた絆を深められるだけでなく、青春の思い出にもなります。中学1・2年生男子と高校1・2年生女子でペアを組んで挑む『姉さん女房』。学年を越えた絆を深められるだけでなく、青春の思い出にもなります。
『生徒VS教員リレー』。唯一、教員が参加する種目です。「手加減しませんよ」と先生。生徒相手に本気の戦いが繰り広げられます。『生徒VS教員リレー』。唯一、教員が参加する種目です。「手加減しませんよ」と先生。生徒相手に本気の戦いが繰り広げられます。
女の戦いである『竹取物語』。女子生徒の本気に、男子生徒も目が釘付けになります。女の戦いである『竹取物語』。女子生徒の本気に、男子生徒も目が釘付けになります。
祈る気持ちで生徒全員が点数ボードを見つめます。残念な結果に悔し涙を浮かべる生徒も。涙が出るまでみんなで一生懸命取り組む経験は、生徒の心に大きな成長の証を刻みます。祈る気持ちで生徒全員が点数ボードを見つめます。残念な結果に悔し涙を浮かべる生徒も。涙が出るまでみんなで一生懸命取り組む経験は、生徒の心に大きな成長の証を刻みます。
閉会式ではいよいよ各組の点数発表があります。勝利の喜びで飛び上がる生徒たち。「みんなが団結してこその勝利です。私も後輩のサポートをがんばります」とチアリーダーが抱負を話してくれました。
閉会式ではいよいよ各組の点数発表があります。勝利の喜びで飛び上がる生徒たち。「みんなが団結してこその勝利です。私も後輩のサポートをがんばります」とチアリーダーが抱負を話してくれました。

閉会式ではいよいよ各組の点数発表があります。勝利の喜びで飛び上がる生徒たち。
「みんなが団結してこその勝利です。私も後輩のサポートをがんばります」とチアリーダーが抱負を話してくれました。

(この記事は『私立中高進学通信2016年10月号』に掲載しました。)

聖徳学園中学校  

〒180-8601 東京都武蔵野市境南町2-11-8
TEL:0422-31-5121

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】未来を見据えた最先端の教育とアットホームな学生生活を送る
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】教科の融合がポイント!STEAM教育で育てる新しい価値を創造する力
【The Voice 校長インタビュー】感性を磨いて、挑戦を忘れず世界のために力を尽くそう
【グローバル時代の学び方】日本の文化・伝統に触れ世界へ羽ばたく力を育む
【キャンパスのビジョン】STEAM教育を学ぶためにICTで最適化された新校舎
【注目のPICK UP TOPIC!】試行錯誤とディスカッションが楽しめる授業 プログラミングで論理的思考力を伸ばす
【学校生活ハイライト】一人ひとりが主役として輝き生徒間の絆を深める体育祭
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】実社会との知の連携が好奇心を刺激し、力を引き出す
【未来を生き抜く学力のつけかた】大学と心を通わせて学び 企業と連携してものを作り 国際貢献で自分を知る社会との知の連携が充実
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】本年度より中1授業にiPadを導入 中1担任と専門支援員がタッグを組んで挑むオリジナリティあふれるICT授業
【SCHOOL UPDATE】iPad活用 心を育てる独自のICT教育に挑む
【私学の情報リテラシー】生徒の未見の才能を見出し伸ばす ICTを活用した心の教育
【私学の光輝】太子祭
【大学合格力強化計画】生徒の個性を引き出し学力を伸ばす
進学通信2016年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ