Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年10月号

その先に備える キャリア教育

東洋大学京北中学校

哲学
哲学的に生きる生徒たちは主体的にキャリアを考える

学祖・井上円了が遺した「諸学の基礎は哲学にあり」の精神が息づく学び舎。
自らの人生を主体的に選び、切り拓くために欠かせない確かな指針が『哲学』にあります。
中・高ともに哲学教育を通して、考える力を育てる授業を行っています。

中・高ともに哲学教育を通して、考える力を育てる授業を行っています。

同校の創立者である哲学者の井上円了博士。同校の創立者である哲学者の井上円了博士。

 維新の動乱により日本人の価値観が一変した明治時代。新たに誕生した私学の多くが、法律や経済、あるいは農業・商業・工業といった実学を教授する専門学校でした。それに対して同校の学祖・井上円了が教育の中心に据えたものは『哲学』。世界一周旅行を3度経験し、海外の事情もよく理解したうえでの確信を持った決断でした。以来、哲学教育は同校の重要な柱の一つとして、キャリア教育にも影響を与えています。

「本校の哲学教育は、物事をしっかり考えられる人間をめざすという教育です。世の中の流れを疑うことをせず、それに従うことを前提とした生き方ではなく、“その流れがどこに向かおうとしているのか”を俯瞰する力をつけてほしいと思っています。中高の6年間に培った力で、受け身な自分から主体的に行動できる自分への脱却を図るもので、10代の生徒が立ち向かう将来の仕事や進路の選択に欠かせない重要な指針となることでしょう」(哲学教育推進部長/石川直実先生)

学びの成果を発表する『哲学の日』の表彰式。学びの成果を発表する『哲学の日』の表彰式。

 同校の哲学教育は、哲学の知識や既成の道徳観を教師が一方的に教え込むやり方は一切していません。学年ごとに与えられたテーマ、学期ごとに取り組む課題などについて、生徒自身が考え、意見交換をし、世間の常識や自己の狭い価値観を問い直し、常により良く生きることを求めて自問自答する力、すなわち『哲学的に考える力』を養っていくものです。

 100年以上の歴史を重ねた男子校から共学校となって2年目。哲学に対して静かな反応を見せることが多かった男子に対して、女子が積極的に哲学教育をリードするような変化も生まれているようです。石川先生はこうした動きをポジティブにとらえ、誰もが気軽に取り組むことができる哲学教育の進め方を常に模索しています。

「生徒たちによく言うのは、哲学の賞味期限は少なくとも2000年以上はあるということです。仮に資本主義が立ち行かなくなったとしても、哲学は無くならないでしょう。『世の中にはこんな職業があるよ』というように、カタログを見せるかのような形で職業を選ばせるのではなく、自らのキャリアは自らの力で切り拓くという主体性のある生徒を、哲学教育によって育成することが本校の使命であることを強く確信しています」

中高6年間のキャリア教育Report
中1~中3
『哲学』は中学の必修科目
授業の担当教諭は2人1組で、授業7~8回ごとに入れ替わります。授業の担当教諭は2人1組で、授業7~8回ごとに入れ替わります。

 授業の中で扱うテーマは多種多様。他人の意見を聞くよりもまず、「自分ならどう考えるか」と常に自問し、思索を深めていきます。意見がほかの人たちと違っていても臆することなく、むしろ大切なこととして語り合っていく姿勢こそ、キャリアデザインの重要な第1歩になるようです。

中1・中2・高1・高2
自らを見つめ、他者理解につなげる『哲学の日』&『哲学エッセーコンテスト』
毎年3月に開催する『哲学の日』。会場全体が「哲学する空間」となります。毎年3月に開催する『哲学の日』。会場全体が「哲学する空間」となります。

 1年間取り組んだ『哲学』で考えたことをさらに掘り下げ、自ら立てた問いに対して、論理的に文章を構成して作成する「哲学エッセー」。2~3月に1次・2次審査を行い、3月の『哲学の日』で最終選考と表彰を行っています。

高2
良書と出合い視野を広げる『名著精読』
回収されたノートには、生き方と真摯に向き合う生徒達の心の動きがあふれています。回収されたノートには、生き方と真摯に向き合う生徒達の心の動きがあふれています。

 良書との出合いから、自らの視野を広げ、価値観を深めていくきっかけをつかむ『名著精読』。今年度の課題図書はV・フランクルの『夜と霧』です。

「読後感を記したノートを教師に提出する形にすると、生徒はどうしても優等生的なことを書こうとします。それでは哲学的なものにならないので、仲間同士で交換する形にして、上半分に自分の意見、下半分にほかの生徒たちの意見を記入させるようにしました。自らの人生に大きな影響を与える良書との出会いもまた楽しいと実感してもらえたらうれしいです」(石川先生)

高1・高2(希望者)
「罪と罰」「償いと更生」を体験を通して学ぶ『刑事裁判学習会』

 今年で12回目の実施となった『刑事裁判学習会』。以前は平均15名前後で行っていましたが、共学後は50名以上の希望者が集まり、特に女子の関心の高さが目立つようになったと言います。実際に刑事裁判の傍聴に行くほか、弁護士や新聞記者を招いての学習会やディスカッションなどを通して、世の中の「罪と罰」「償いと更生」の意味を深く考えていきます。

刑務所の見学なども行われています。

(この記事は『私立中高進学通信2016年10月号』に掲載しました。)

東洋大学京北中学校  

〒112-8607 東京都文京区白山2-36-5
TEL:03-3816-6211

進学通信掲載情報

【THE VOICE 校長インタビュー】世界の平和に貢献できる豊かな心を持ったリーダーを育成したい
【実践報告 私学の授業】“哲学”を中高6年間で学びすべての教科の基礎とする
【中1の始め方】国際人を育成するため早期から英語に触れる
【熱中!部活動】礼儀・自主性・思いやりを育み 人としても大きく成長
【未来を切り拓くグローバル教育】異文化に触れ英語力を試す中3のカナダ修学旅行
【私学だからできるオリジナル教育】小説の執筆を通して生き方を考える時間
【6年間の指導メソッド】人間性の向上『より良く生きる』がテーマ
【グローバル時代の学び方】3つの柱を掲げた独自の国際教育
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと、本当の教養を身につけた国際人を育成
【その先に備える キャリア教育】哲学 哲学的に生きる生徒たちは主体的にキャリアを考える
【キャンパスのビジョン】陽光の入る開放的な図書室が探究心と学習意欲を高めてくれる
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと 本当の教養を身につけた国際人を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】めざすは哲学を持って生きる 本当の教養を身につけた国際人
【キャンパスのVISION】広々とした新校舎でおおらかに成長し「より良く生きる」
【その先に備える キャリア教育】自分の哲学を持って生きる本当の国際人の育成
【The Voice 新校長インタビュー】満を持して、いよいよ東洋大学京北がスタートする
【私学しゅん報】HERE!新たなスタート 新校舎&共学化
【On Going! 進歩する私学の注目情報】大学との連携を強めより深い教養を学ぶ 共学校の誕生!
進学通信2016年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ