LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年10月号

熱中!部活動

青稜中学校

熱中できる『居場所』『個』を伸ばしてゆく

吹奏楽部
集中力を培うことで学業との両立をめざす
私立中学の場合、高校の大会に中学生も出場することができます。メンバーに選ばれると、高校生と同じレベルの活動が求められる厳しさはありますが、その分、精神的にも技術的にも大きな成長ができます。

私立中学の場合、高校の大会に中学生も出場することができます。メンバーに選ばれると、高校生と同じレベルの活動が求められる厳しさはありますが、その分、精神的にも技術的にも大きな成長ができます。

文武両道ももちろんですが、まずはあいさつや協調性を養うことを大切にしているという市川先生。文武両道ももちろんですが、まずはあいさつや協調性を養うことを大切にしているという市川先生。

 主体性、そして一人ひとりの『個』を確立することをモットーに教育を行っている同校。その精神は、部活動にも根付いています。

「部活動は、技術の習得や大会での結果など、それぞれのレベルアップをめざして行うものですが、中学生にとっては、『仲間づくり』という意味もあります。教室のほかにも自分の居場所をつくり、個性を伸ばすことができる。それが部活動の意義でもあると考えています」(吹奏楽部顧問・教頭/市川豊先生)

 吹奏楽部では、コンクールでの好成績を目標とすると同時に、1年に1度行われる定期演奏会の成功をめざして、日々、練習に励んでいます。そして、生徒の自主性を重んじ、音楽を楽しむ心を育てることも大切にしています。

新入生に対しては、楽器ごとに新入生係を決め、マンツーマンで先輩が練習を見てくれます。そのため、上級生との絆も強くなり、いい関係が築けます。 新入生に対しては、楽器ごとに新入生係を決め、マンツーマンで先輩が練習を見てくれます。そのため、上級生との絆も強くなり、いい関係が築けます。

 また、6学年が一緒に活動しているということもあり、アットホームな雰囲気が広がっています。

「練習では、楽器単位で活動することも多いのです。そのため、10人前後の少人数のグループ内で先輩・後輩の関係ができ、上級生は弟や妹ができたような感覚で練習を教え、相談にのっています。関係が密なため、何か問題があったとしてもみんなで解決していく空気ができています」(市川先生)

 また、好きなことに熱中して、学校生活を充実させることは、学習面にとっても、よい影響を与えているといいます。

「集中力が養われました。部活が毎日あるので、練習が終わったら勉強をするというサイクルができやすいと思います。生活リズムをつくりやすいので、自然と勉強をする環境ができています」(吹奏楽部部長/中島みのりさん)

合奏の練習では、コンサートマスター、コンサートミストレスが呼吸法や声出しなどの基本練習を行います。

毎年3月に行われる定期演奏会では、1000人超のお客さんを前に、2時間ほどの演奏を披露します。生徒たちが選曲・企画運営を行い、主体性を持って取り組みます。毎年3月に行われる定期演奏会では、1000人超のお客さんを前に、2時間ほどの演奏を披露します。生徒たちが選曲・企画運営を行い、主体性を持って取り組みます。
ほぼ毎日行われる練習の中で、「精神的な強さや諦めない心も養われた」と部長の中島さん。ほぼ毎日行われる練習の中で、「精神的な強さや諦めない心も養われた」と部長の中島さん。
この日も、都大会出場をめざして、合奏の練習に取り組んでいました。この日も、都大会出場をめざして、合奏の練習に取り組んでいました。

吹奏楽部部長 中島みのりさん(6年生)

年間を通してたくさんのイベントがある部活なので、楽しく、常に目標をもって練習に臨めます。先輩後輩の仲がよく、縦の関係が築けるのも吹奏楽部のいいところです。

■活動日/活動時間 月~金/15:40~18:00
土/13:30~18:00
日 不定期
■部員数 1年生=7名 2年生=6名 3年生=3名
4年生=16名 5年生=13名 6年生=25名
■主な実績 2013年 東京都高等学校吹奏楽
コンクールA組金賞
2014年、2015年 東京都高等学校
吹奏楽コンクールA組銀賞
2015年 東京都高等学校アンサンブルコンテスト
サクソフォン四重奏 金賞
金管八重奏 銀賞

(この記事は『私立中高進学通信2016年10月号』に掲載しました。)

青稜中学校  

〒142-8550 東京都品川区二葉1-6-6
TEL:03-3782-1502

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】やりたいことにどんどん挑戦して生徒たちがのびのびと成長
【注目のPICK UP TOPIC!】6年間の成長に向けたロードマップで生徒の「なりたい自分」を応援
【SCHOOL UPDATE】理科室 80種類もの生き物を飼育し生命の価値や多様性を学ぶ
【キャンパスのビジョン】“生徒も校舎も明るい”光が差し込む開放的なアトリウム
【大学合格力強化計画】多くの選択肢から自分の道を選び取る 自主性を育む自己管理と目標設定
【学校生活ハイライト】本音でぶつかり合い本物の仲間になる
【大学合格力強化計画】目標設定でやる気を持続 意識づけが現役合格を勝ち取るカギ
【熱中!部活動】【吹奏楽部】熱中できる『居場所』で『個』を伸ばしてゆく
【グローバル時代の学び方】海外へ道筋をつける英語研修プログラム
【大学合格力強化計画】担任との信頼関係と未来への意識付けが 入試本番 までに“折れない心”をつくる
【SCHOOL UPDATE】新校舎  交流と一体感が生まれる空間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】大学のその先へ 社会に出てからも役立つ真の力を養成する
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】教員と信頼関係を築き“基礎固め”の一歩を踏み出す
【私学の先生から受験生へのアドバイス】基礎問題を確実にクリアすれば合格ラインに到達
【私学しゅん報】2014年9月 新校舎完成!
【注目のPICK UP TOPIC!】6年間、さまざまな場面で訪れる 八ヶ岳山麓『青蘭寮』での活動
進学通信2016年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ