LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年10月号

熱中!部活動

恵泉女学園中学校

感謝の心を養う放課後の学びの場

課外オーケストラ
未経験者も活動しやすい環境が整う課外活動
初心者も経験者も、大切なオーケストラの一員。1年生からコンサートで演奏します。

初心者も経験者も、大切なオーケストラの一員。1年生からコンサートで演奏します。

 中高一貫校の良さを活かし、学年の枠を越えて多彩なクラブ活動をしている恵泉女学園には、クラブ活動のほかに、専門の指導者による指導を受けながら活動する『課外活動』があります。『課外オーケストラ』もその一つ。クラシックから映画音楽まで幅広く取り組んでいます。

「音楽的・技術的な指導を受けながら、選曲や自主練習の呼びかけなど、生徒たちは主体的に活動しています。弦楽器の場合は本校の個人レッスン制度を利用して活動日以外の放課後にレッスンを受ける生徒も多く、楽器初心者でも1年かけて弾けるようになっていきます」(顧問/白石真由子先生)

 また、「恵泉の生徒らしさ、大らかさが音楽表現を通して感じられます。毎年の成長が楽しみです」と、指揮者の小松拓人先生。学年の枠を越え大人数で一つの音楽作品を作り上げていくことを通して、自分と、他者と、音楽と向き合い、豊かな感受性を育んでいきます。

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・フルートは希望すれば個人レッスンを受けることができます。放課後に学校で行われるため、帰宅後に改めて習い事に行かなくてもよいのが魅力。ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・フルートは希望すれば個人レッスンを受けることができます。放課後に学校で行われるため、帰宅後に改めて習い事に行かなくてもよいのが魅力。
毎週月・木曜日に指揮者の小松先生の熱心な指導を受けます。毎週月・木曜日に指揮者の小松先生の熱心な指導を受けます。
この日の練習はサン=サーンス作曲『サムソンとデリラ』より「バッカナール」の初合奏。恵泉デーでの発表に向け、本格的に曲作りをしていきます。この日の練習はサン=サーンス作曲『サムソンとデリラ』より「バッカナール」の初合奏。恵泉デーでの発表に向け、本格的に曲作りをしていきます。
部長 
N.Kさん(5年生)

「総勢72名のメンバーは先輩・後輩とも仲良しです。授業が優先なので練習日は少ないですが、活動日にはほぼ全員毎回集まります」

■活動日/活動時間 月/16:00~17:30
木/15:30~17:30
土/ 9:00~16:00
■部員数 1年生=19名 2年生=16名 3年生=15名 4年生=8名 5年生=14名
■主な実績 全国高等学校選抜オーケストラ
フェスタ出場
チアリーディング部
全国大会出場常連校の強豪『ブレイザーズ』
元気いっぱい恵泉ブレイザーズの中学メンバー。成長が楽しみです。

元気いっぱい恵泉ブレイザーズの中学メンバー。成長が楽しみです。

顧問の泉洋子先生自ら、生徒の膝を守るためのテーピングを施します。顧問の泉洋子先生自ら、生徒の膝を守るためのテーピングを施します。

 総勢約100名の部員が集まる放課後の体育館には、元気のいい声が響いています。新入部員は柔軟や体幹を鍛える基礎の身体作りのトレーニングからスタートです。「これまでに、運動に本格的に取り組んできた経験が少ない生徒が多いため、高度なテクニックを要する難しい演技ではなく、きれいで安定感のある、基本的な演技を確実にできることをめざしています」と顧問の泉洋子先生。

 今年同部は創部26年目を迎えます。『父母の会』のサポートは手厚く、夏の合宿や大会では保護者のみなさんが足を運んで手伝いや応援をしてくれるそうです。「『入部してから子どもの生活面がきちんとしてきた』と保護者の方からよくうかがいます。」(泉先生)

 全国大会出場常連校の恵泉チアリーディング部『ブレイザーズ』はレベルの高い演技を誇りますが、部活動を通して磨かれるのは演技力だけではありません。礼儀やあいさつといった、人として大切な姿勢も身につけていくのです。

この日は保護者の見学日。日頃の練習の成果を披露すると同時に、家族への感謝の気持ちを伝えました。この日は保護者の見学日。日頃の練習の成果を披露すると同時に、家族への感謝の気持ちを伝えました。
先生の的確な演技アドバイスに耳を傾ける姿は真剣そのもの。先生の的確な演技アドバイスに耳を傾ける姿は真剣そのもの。
学年が上がっていくごとに、高い技術力を要する難しい演技ができるようになっていきます。学年が上がっていくごとに、高い技術力を要する難しい演技ができるようになっていきます。
中学リーダー 
I.Rさん(3年生)

「家族が見に来てくれるのでがんばろうと思います。帰宅しても身体作りのためにストレッチは欠かせません」

高校リーダー 
O.Rさん(5年生)

「部活があるとさまざまな学年と関わりをもてて、とても楽しいです。チアはとくに信頼関係が強くなるため、メンバー同士とても仲良しです」

■活動日/活動時間 火•水•木•金/16:00~17:30
土/9:00~16:00
■部員数 1年生=26名 2年生=20名 3年生=12名 4年生=7名 5年生=21名 6年生=14名
■主な実績 2015年全日本中学校選手権大会 第8位

(この記事は『私立中高進学通信2016年10月号』に掲載しました。)

恵泉女学園中学校  

〒156-0055 東京都世田谷区船橋5-8-1
TEL:03-3303-2115

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】想像のスイッチを入れる“学びの共同体”を作る この二つを大切にして私自身も学び続けたい
【キャンパスのビジョン】9万冊の蔵書数を誇るメディアセンターは教育の中心的存在
【私学の光輝】上級生の手作り人形で歓迎される入学式。今日から学園の一員に
【学校生活ハイライト】恵泉に関わるすべての人に 感謝を伝える伝統的な祭典
【グローバル時代の学び方】国内研修『エンパワーメントプログラム』を導入 挑戦する大切さを英語で学ぶ
【注目のPICK UP TOPIC!】試行錯誤しながら課題に取り組むサイエンス・アドベンチャー
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の未来が花開くように心に栄養が注がれる6年間
【熱中!部活動】【課外オーケストラ/チアリーディング部】感謝の心を養う放課後の学びの場
【思春期の伸ばし方】芽ばえ、花開く時期は一人ひとり異なります 環境・聞く・待つことが大切です
【私学の光輝】社会のために“自分ができること”を考えるクリスマス クリスマス礼拝&活動
【自立と自律】視野を広げる経験が自分で考え、行動する力を養う
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】6年間のスタートラインに立った中学1年生が、入学してよかったと思える“人間力”と“学力”を養う土台を築く
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】本質をとらえ生き方を考える 学びに慣れる1学期
進学通信2016年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ