Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年9月号

SCHOOL UPDATE

光英VERITAS中学校(現校名 聖徳大学附属女子中学校)

勉強も部活動もiPadでより楽しく

「女子力の向上」をめざす伝統的教育
iPadを扱う生徒たちの手つきは鮮やか。十代特有の吸収力で新たなツールを見事に使いこなし、自らの発想で新しい使い方を見つけていきます。

iPadを扱う生徒たちの手つきは鮮やか。十代特有の吸収力で新たなツールを見事に使いこなし、
自らの発想で新しい使い方を見つけていきます。

 小笠原流礼法や書道教育を通じて伝統的な「女子力の向上」をめざし続けてきた同校。昨年10月からは、iPadを1人1台導入し、授業や課外活動に取り入れて“新しい学びのかたち”も創造しています。

「1コマ50分間の授業を、70分間授業レベルの質まで高めることを目標に、iPadを導入した授業を行っています。本校では英語の授業時間数を公立校の1・8倍設けており、国際力を培う英語教育に力を入れています。英語でプレゼンテーションを行うこともしばしばあるのですが、この際、自分が話す姿を動画に撮っておき後からチェックするということもiPadの導入により実現しました」

 と話すのは、英語教諭の伊藤友望先生。

 また、ICT教育においては、リテラシーの問題にも気を配っています。同校では『iPad SEITOKUリテラシー』を掲げ、生徒たちが安心・安全にICT教育を受けられるようにサポートしています。

「モバイルデバイスマネジメント(MDM)の機能を学校サーバーと連動させて、iPadでゲームアプリや各種SNSの使用ができないように設定しています。そのため、保護者にも安心していただけると思います。誰かに不快な思いをさせたり、傷つけたりすることにはけっして使わないように、教員が徹底して指導しています」
(入試広報室/中牧さやか先生)

 そのため、使用するiPadは学校生活をより充実させるために、存分に使うことができます。例えば、部活で自分のフォームを動画機能でチェックしたり、保護者向けの学年だよりをiPadで配信したりと、実際に日々広がりを見せています。同校のICT教育は、新たなツールの導入により、これからさらなる革新的な学びのかたちに進化していきます。

1人1台のiPadでかなう新世代の学びのかたち!!
女子校らしい清潔で美しい校舎。周辺には緑があふれ、学びの場にふさわしい静かで落ち着きある空間です。女子校らしい清潔で美しい校舎。周辺には緑があふれ、学びの場にふさわしい静かで落ち着きある空間です。
東京ドーム約2個分の広さを誇るキャンパスには、生徒たちが思い描く未来を現実のものにしていくための設備が整っています。東京ドーム約2個分の広さを誇るキャンパスには、生徒たちが思い描く未来を現実のものにしていくための設備が整っています。
社会で必須の情報リテラシーも学校生活で身につけられる
教室に取りつけられたディスプレイ。文字だけでなく、図版を見ながら授業を進めていくことで、理解も深まります。教室に取りつけられたディスプレイ。文字だけでなく、図版を見ながら授業を進めていくことで、理解も深まります。
iPadにはお気に入りのカバーをつけて、愛着のある学用品に。iPadにはお気に入りのカバーをつけて、愛着のある学用品に。
小テストもiPadを使って行います。採点後の返却などが効率化されたため、教師が授業力の向上に、より集中できるようになりました。小テストもiPadを使って行います。採点後の返却などが効率化されたため、教師が授業力の向上に、より集中できるようになりました。
導入時に生徒が自分自身でパスワードや指紋認証を設定。学校側でセキュリティを一括管理しているので安心・安全に情報リテラシーを育めます。導入時に生徒が自分自身でパスワードや指紋認証を設定。学校側でセキュリティを一括管理しているので安心・安全に情報リテラシーを育めます。
常に先生やコーチの指導を守り、iPadを使用するのが“聖徳ルール”です。
常に先生やコーチの指導を守り、iPadを使用するのが“聖徳ルール”です。

常に先生やコーチの指導を守り、iPadを使用するのが“聖徳ルール”です。

(この記事は『私立中高進学通信2016年9月号』に掲載しました。)

光英VERITAS中学校(現校名 聖徳大学附属女子中学校)  

〒270-2223 千葉県松戸市秋山600
TEL:047-392-8111

進学通信掲載情報

【学校が変わる!改革私学】2021年4月より男女共学化!光英VERITAS中学校・高等学校として次世代のリーダー育成をめざす
【未来を切り拓くグローバル教育】英語を楽しく徹底育成多彩な英語宿泊研修も実施
【実践報告 私学の授業】自ら考え発信する英語の授業 ICT活用で効率アップ
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より『S探究コース』『LAコース』がスタート! より深い学びへ
【未来を切り拓くグローバル教育】学ぶ意欲を後押しするグローバル教育プログラム
【実践報告 私学の授業】アクティブラーニング型授業で思考力を伸ばす グループワークを取り入れ能動的で深い学びを実現
【6年間の指導メソッド】6年間の積み重ねで英語力と表現力を確実に鍛える
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】主体性を促す教育で高める思考力・判断力・表現力
【私学だからできるオリジナル教育】全校が集まる会食でマナーと感謝を育む
【中1の始め方】学習習慣の定着と学友との交流 充実した研修で学校生活のスタートを支援
【その先に備えるキャリア教育】礼節 最後に大切なのは心美しい心を育て、未来をつくる
【SCHOOL UPDATE】勉強も部活動もiPadでより楽しく 「女子力の向上」をめざす伝統的教育
【SCHOOL UPDATE】iPad活用 積極的な活用で未来の可能性を切り開く
【10年後のグローバル社会へのミッション】オーストラリア語学研修での成果を活かす 国内留学体験『グローバルキャンプ』
【未来を生き抜く学力のつけかた】日本文化への深い造詣と品格を学びグローバル社会で役立つ生きた英語力を磨く
進学通信2016年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ