Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年9月号

大学合格力強化計画

横浜富士見丘学園中学校

未来を幸せに生き抜くために
部活と勉強を両立し、志望校合格へ

ネイティブ副担任の先生と毎日英語で会話するうちに、どの生徒も話せるようになってきます。

ネイティブ副担任の先生と毎日英語で会話するうちに、どの生徒も話せるようになってきます。

細やかな学習指導と部活動との両立を目指す
大学生による中1・中2の週2回のチューター制。年齢が近いので、気軽に質問しやすいようです。大学生による中1・中2の週2回のチューター制。年齢が近いので、気軽に質問しやすいようです。

 創立以来93年間、女子教育に力を注いできた同校は、「未来を幸せに生き抜く女性」の育成を目標に、さまざまな教育を実践しています。とくに近年、力を入れているのは、中学入学直後の1・2年生への細やかな学習指導です。

 学校生活は、生徒たちに楽しい思い出も作ってほしいという考えから、部活動を推奨。そして、早めに引退しなくても志望大学に合格できるようにという配慮から、中1・中2のうちにしっかり勉強する習慣を身につけさせるようにしています。その一環として、教員志望の横浜国立大の学生をはじめとする優秀な大学生を招いて各クラスを担当してもらう、週2回のチューター制を導入。大学生の指導の下、宿題や予習をする時間として、7時間目を利用しています。

「入学して間もない頃は、勉強と部活動との両立に悩んでしまう生徒も少なくありません。そこで、生徒たちには高校生になる前の段階で、勉強をする習慣を身につけさせています。たとえば中1・中2では、月・水・金曜日の放課後は学習の日、火・木・土曜日は部活動の日と分け、勉強と部活の交通整理をしています。最初の2年間で勉強する姿勢を整えることで、中3以降は自分で判断して学習に取り組めるようになります。このシステムを導入してから、生徒たちはもちろん保護者の方にも、混乱しなくなったと好評です」(駒嵜健教頭先生)

英語教育にも力を注ぎ
国内外で活躍できる人材を育成

 さらに、大学受験はもちろん、社会に出てからも国内外で活躍できる人材を育てるために、力を入れているのが英語力です。早いうちに英語に慣れることが大切と考え、1年生の各クラスに、担任に加えてネイティブの副担任を置いています。

「ネイティブの副担任の先生は、毎朝ホームルームに出て、お弁当も生徒たちと食べ、一緒に掃除もします。もちろん、英会話の授業も週に2時間ほどありますが、毎日ネイティブスピーカーと触れ合う環境を作ったことで、生徒たちは外国人の先生と気軽に会話を交わすようになり、コミュニケーションツールとしての英語が身につきます。そして英語を話すことが楽しくなれば、自然と勉強するようになり、学力アップにもつながるのです」

 2020年以降に予定されている大学入試改革では、従来の受験英語に代わって英検やTOEICなどの資格試験が導入される見込みです。同校では、各種資格試験にも対応できる英語教育をめざしています。

 ほかにも、英語力を高めるべく、春休みに「セブ島マンツーマン英語研修」(希望者)や、高1では全員参加の「オーストラリア研修」を実施。また、大学受験を控えた高2・高3では、大手予備校講師を招いて、週2回の「英語受験特講」も開講しています。この「英語受験特講」は、選抜試験はありますが、早慶上理など難関大学受験に照準を合わせた特別授業となっており、現在約40名の生徒が受講中です。

充実の英語教育
内  容 学年・時期など
1 ネイティブ副担任 中1
2 セブ島マンツーマン英語研修 中1~高2の希望者・3月
3 オンライン英会話 中1~高3の希望者
4 ブリティッシュ・ヒルズ 中3
5 イングリッシュ・サマーキャンプ 中1~中3の希望者・夏期
6 オーストラリア研修 高1全員・7月(10日間)
7 オーストラリア短期留学 高1の希望者・夏期
8 ヤングアメリカンズ 中1~高2の希望者(3日間)
9 英語特講(難関大受験対策) 高2・高3の希望者
セブ島の英語マンツーマン研修の様子。研修参加者は、GTECのスコアや模試の結果が向上。セブ島の英語マンツーマン研修の様子。研修参加者は、GTECのスコアや模試の結果が向上。
セブ島では、貧困児童と交流するボランティア活動にも参加。国際交流についても学びます。セブ島では、貧困児童と交流するボランティア活動にも参加。国際交流についても学びます。

塾に通わずに志望の大学へ
生徒の個性を尊重する進路指導
朝から最終下校の6時まで利用できる自習室。短時間でも、集中して勉強することが成績アップにつながります。朝から最終下校の6時まで利用できる自習室。短時間でも、集中して勉強することが成績アップにつながります。

 昨年度、東京外国語大や慶應義塾大をはじめ、8割以上の生徒が4年制大学に進学した同校。来春から、国公立難関私立大学進学志望の生徒たちをバックアップするために、高1から「グローバル&サイエンスクラス」という特進クラスを設置する予定です。

 さらに、年々理系志望の生徒が増加していることも踏まえて、この秋からは数学フェロー制も開始します。東京理科大をはじめ理工学部の大学生や大学院生を招いて、マンツーマンに近いかたちで数学の指導を実施し、生徒たちの弱点克服をめざします。

「学校の勉強と自学のみで、超難関と呼ばれる有名大学に合格した卒業生もいます。その生徒は部活動にも精力的に取り組み、勉強と両立させていました。中高6年間を充実させるために、予備校や塾に通わなくても志望の大学に合格できる体制を整えることが、いちばん大切だと思っています」

 部活動や学校行事など、忙しい生徒でも合間をぬって勉強できるように、自習室が設けられていて、朝7時から夕方6時まで、自由に利用できます。自習室は、職員室の近くにあるため、わからないことがあったら、すぐに質問ができる環境というのも、学習意欲向上につながっているようです。

 また、夏休みには学校内で大学受験のための夏期講習のほか、受験特訓の夏合宿も実施しており、こちらは毎年30~40名の生徒が参加しています。

「難関校をめざす生徒もいれば、看護師になるために看護学部をめざす生徒もいますし、漫画家になるための専門学校をめざす生徒もいます。成績が良いからといって、難関大受験を強いることはせず、生徒たちの個性を尊重し、彼女たちにとって最善の道を進めるように、後押しする進路指導を心がけています」

 生徒たちがそれぞれの夢に近づけるよう、種まきを大事にしつつ、出てきた芽をしっかりと育てている同校。将来、さまざまなフィールドで活躍している生徒たちの姿が期待されます。

2015年度大学合格実績

(一部抜粋)

大学名 人数




東京外国語 1
首都大東京 1
横浜市立 2
静岡 1
岐阜 1
北見工業 1





明治 6
青山学院 5
立教 6
中央 6
法政 5
学習院 3
大学名 人数



早稲田 4
慶應義塾 3
上智 5
東京理科 1









東京医科 1
慈恵医科 1
東京農業 7
東京都市 7
麻布 3
杏林 1
順天堂 2

その他、多数

(この記事は『私立中高進学通信2016年9月号』に掲載しました。)

横浜富士見丘学園中学校  

〒241-8502 神奈川県横浜市旭区中沢1-24-1
TEL:045-367-4380

進学通信掲載情報

【WEB版『Hello! School』】温もり感一杯の施設・設備に抱かれて未来に向かって成長できる喜びを確信
【実践!私学のグローバル教育「授業」】異文化を理解し共に生きるための課題を探る『Global Eye』
【コロナに負けない!私学のアクション】緊急時だからこそ生徒一人ひとりに心から語りかける教育を
【SCHOOL UPDATE】図書室を活用した学び 創造力や探究心協働性を豊かに育む
【その先に備えるキャリア教育】交流 将来のキャリアに必要な“ジェネリックスキル”を育成
【注目! News and Topics】男女別クラスによる共学化がスタートオンライン英会話が必修化
【未来を切り拓くグローバル教育】世界を身近に感じて自らつかむ未来像
【6年間の指導メソッド】男女別クラスによる共学化がスタート
【注目のPICK UP TOPIC!】2019年度からの共学化を見据え理数教育と英語教育をさらに充実させる
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より共学化横浜富士見丘学園の未来ビジョンが始動!
【SCHOOL UPDATE】海外研修 活きた英語力を高める体験型の海外研修
【グローバル時代の学び方】体系的な授業と多彩な講座で活きた英語力を磨く
【グローバル時代の学び方】体験から学びとる異文化コミュニケーション
【大学合格力強化計画】未来を幸せに生き抜くために 部活と勉強を両立し、志望校合格へ
【SCHOOL UPDATE】地域社会に貢献する体験型授業
【カリキュラムを読み解く】社会変化に対応できるキャリア教育
【10年後のグローバル社会へのミッション】価値観が多様化する社会で必要となる自ら選択する力を育む
【学校生活ハイライト】6年にわたる多彩な取り組みで 豊かな心と学力を育み 自立し、自律した女性をめざす
【未来を生き抜く学力のつけかた】なぜ学ぶのかを理解させ社会でのスキルを学び選択肢に広がりを
【Students' Chat Spot】学習指導・人格形成・キャリア教育を三本柱としたプログラムを展開
【キャンパス歩き】大切な6年間の成長をやさしく見守る 美しくゆとりあるキャンパス
【めざせ 次代のグローバルリーダー】6カ年一貫の女子教育を軸に 社会の中心で活躍できる女性を育てる
進学通信2016年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ