Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年9月号

生徒の未来対応型学校へバージョンアップ

横浜翠陵中学校

キーワードは”英語力×人間力”
中高6カ年一貫『グローバルチャレンジクラス』

調べた情報をカードにまとめてプレゼンテーションをする『翠陵グローバルプロジェクト』の授業。グループで相談しながら真剣に議論を進めていました。

調べた情報をカードにまとめてプレゼンテーションをする『翠陵グローバルプロジェクト』の授業。
グループで相談しながら真剣に議論を進めていました。

 横浜国際女学院翠陵高等学校として創立され、2011年に共学となった同校。2016年度からは、新たに中高6カ年一貫の『グローバルチャレンジクラス』がスタートしました。これまで同校では、中学入学の生徒は、高校進学後は高校から入学する生徒と共に学んでいました。2016年度以降の中学入学生からは、『グローバルチャレンジクラス』として独自のカリキュラムで6年間を通じた一貫教育を受けることになります。同校のベースにある英語教育に加えて、コミュニケーション能力や積極性、プレゼンテーション能力などを徹底して養成し、国際社会で活躍できる人材の育成をめざします。

 最も特徴的なのは『翠陵グローバルプロジェクト』(SGP)と呼ばれるプログラムです。『グローバルチャレンジクラス』の生徒たちは、総合学習の時間を使って、毎週1時間取り組みます。国際的なトピックに関してグループワークやプレゼンテーションの訓練を受け、最終的には中3で全員が英語と日本語でプレゼンテーションをする予定です。

 同クラスの1期生となる2016年度入学の中1生に与えられたテーマは、「どんなものがあれば世界をハッピーにできるのか」。3年間をかけて、この課題について調べ、まとめあげ、発表までに到ることを目標とします。

 そのほか今後の社会で必要となるICTツールの使い方など、実践的な技術を学ぶのもこの時間。高1からはさらに「自分たちのアイデアを世界に発信する」という、より大きな課題に取り組み、企業との連携授業なども盛り込まれる予定です。

 また、夏休みには軽井沢で全員参加の『サマースタディキャンプ』を実施します。外部からネイティブ講師を迎えて、英語漬けの2泊3日を過ごします。キャンプ中は英語以外にも、国語・数学の時間が設けられていることも大きな特徴です。英語を中心としながら将来に必要な、ほかの2科目もみっちりと学ぶことができます。

 中3では、クラス全員が2週間のニュージーランド海外教育研修を体験する予定。中学では珍しい「1人1家庭」のホームステイを実施します。生徒たちは厳しい環境の中で、語学力はもちろん、国際社会に必要なコミュニケーション能力を育みます。

「めざすのは”英語力×人間力”。こだわったのは、『足す』のではなく『掛ける』ということです。本校では以前から英語教育に力を入れてきましたが、そこに人間力を掛け合わせることで、新しい社会に挑戦できる人材をめざします」

 と入試広報部長の庄大介先生は言います。また、これと同時に、

「今まで培ってきた”翠陵のきめ細かな指導”も継続していきたい」

 と庄先生。

「3年後、6年後のグローバルチャレンジクラスの成長にぜひ期待してほしいですね」

話し合い、考える力を育成
「聞く」「話す」力を強化する
翠陵グローバルプロジェクト

『翠陵グローバルプロジェクト』(以降SGP)は、グループワークを中心とした授業です。この日は、オリンピックをテーマに、資料から必要な部分をピックアップして、12枚のカードにまとめてプレゼンテーションをする課題が出されました。「オリンピックの歴史」「リオデジャネイロのオリンピック」「パラリンピック」の3テーマのうちのいずれか1テーマについてグループで話し合い、分担を決めて簡単なプレゼンテーション資料を作るまでがミッションです。もちろん、漠然と話し合っていたのでは何も決まりません。先生が時間を細かく割り当てて、「今は資料を読む時間」「今は話し合う時間」「下書きをする時間」と指示することで、生徒たちは集中して課題に取り組むことができます。

 話し合った結果は、小さなカードに短いフレーズや絵でまとめます。1グループのプレゼンテーションの時間はたった3分間。どのチームも短い間に必要な情報が伝わるよう、工夫を凝らしていました。例えば、同じ「パラリンピック」というテーマでも、パラリンピックの歴史に注目したグループもあれば、知的障がい者のパラリンピック参加について述べたグループもあるなど、着眼点はさまざまです。こういった多様な視点を共有することも、SGPの大事な目的の一つです。

電子黒板や動画を有効に使って授業が進められます。電子黒板や動画を有効に使って授業が進められます。
与えられた課題に熱心に取り組む生徒たち。与えられた課題に熱心に取り組む生徒たち。
3分間のプレゼンテーションタイム。聞くほうも真剣です。3分間のプレゼンテーションタイム。聞くほうも真剣です。

ネイティブ×日本人教員のW指導
ティームティーチングで英語でのコミュニケーションを学ぶ

 グローバルチャレンジクラスは、週5日ある英語の時間のうち、2時間を「ティームティーチング」で学びます。これは、英語のネイティブ教員と日本人教員がティームになって、英語の授業を担当するというもの。ネイティブの英語に触れ、母語の違う者同士のコミュニケーションも学ぶことができます。細かな発音や英語での表現力の指導や、英語で話す、聞く楽しさを体感できる授業が展開されています。ティームティーチングは3年間を通じて実施され、中3の時に実施するニュージーランド研修への大事なステップにもなっています。

翠陵の細やかな指導はそのままに
基礎・反復を大事にしながらグローバリズムを育む
ドリカムコーナー(ホワイトボード)ドリカムコーナー(ホワイトボード)

『国際社会で活躍できる人材の育成』をめざすグローバルチャレンジクラスですが、奇をてらった教育を行うわけではありません。授業では基礎・基本・反復を重視し、「7時間目」を補習時間として定期的に実施。さらに、職員室の前にはホワイトボードスペースを設けて、生徒が休み時間などに先生たちに質問できる環境を用意しています。2020年度に予定されている大学入試改革への対応など、生徒の将来を見据えたサポートもあります。

「今後はICTも採り入れていきますが、『翠陵でできることをきちんとやる』というのがキーワードです。やみくもにツールだけを導入することはありません」と庄先生。iPadと電子黒板との連動など、同校の教育にリンクした形で、さまざまな取り組みをしていきたいといいます。同校らしさを生かした、グローバル時代の総合教育をめざしています。

(この記事は『私立中高進学通信2016年9月号』に掲載しました。)

横浜翠陵中学校  

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1
TEL:045-921-0301

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】実践的な英語力を高めるネイティブと学ぶ宿泊学習
【キャンパスのビジョン】広大な敷地に佇むキャンパス勉強に最適な落ち着いた環境を提供
【SCHOOL UPDATE】翠陵グローバルプロジェクト学年末発表会 世界に広く目を向け解決策を考えて発表
【学校生活ハイライト】1人1家庭のホームステイ 出会いと感動が次の自分をつくる
【私学の英語最前線】英語4技能を伸ばす オリジナルの英語教育
【SCHOOL UPDATE】国際社会で活躍するグローバルリーダーを育成 翠陵グローバルプロジェクト 学年末発表会
【学校生活ハイライト】未来のグローバルリーダーへ 基礎を大切にする英語学習に手応え
【6年間の指導メソッド】英語力×人間力でグローバルな力を育成
【中1の始め方】ともに成長できる学年づくりに向けた始めの一歩
【SCHOOL UPDATE】理系プロジェクト『サイエンスラボ』 「理科って楽しい!」を引き出すための実験教室
【グローバル時代の学び方】実践を積み重ね鍛えられ伸びる英語力
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】キーワードは”英語力×人間力” 中高6カ年一貫『グローバルチャレンジクラス』
【学校生活ハイライト】合い言葉はThink & Challenge! 先輩・後輩が絆を結び自主性を高める体育祭 笑顔と感動が明日を育む
【目標にLock On!! 私の成長Story】「THINK & CHALLENGE!」の精神で難関大学合格も夢も叶える
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】中高6カ年一貫 グローバルチャレンジクラスを新設
【学びのプロセス】クラス単位で学習室を活用 勉強習慣づくり
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】自らと向き合い、振り返る活動を6年後に向けて積み上げていく
【キャンパス歩き】モットーは“THINK&CHALLENGE!” 広く美しいキャンパスで育まれる確かな学力と豊かな感受性
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】厚紙と虫眼鏡でカメラを作ろう
進学通信2016年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ