Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年9月号

アクティブラーニングで伸ばす新しい学力

二松学舎大学附属柏中学校

自問自答で未来を切り拓く力をつける

調べ、まとめ、発表する体験で思考力育成
現代の教育ニーズに重なる
創立者・三島中洲ちゅうしゅうの想い

 現在、文部科学省で進行中の高大接続改革の審議会では、高校までの学びと大学以降の高等教育との接続をより良くすること。そして主体的に考え、行動できる人を育てる教育の必要性が議論されています。

「歴史をたどってみると、二松學舍の創立者である三島中洲は、現在の日本の教育界と同様に、『己を修め人を修め一世に有用なる人物を養成するに在り』と主張しています。自国の文化を正しく理解し、母国語を正しく表現できる真の国際人の養成をめざしたのです。また中洲は断片的な知識だけでなく、物事を深く考える力を身につける大切さも説いています。本校はそういった139年にわたって引き継いできた伝統をぶれずに貫いています」
(副校長/島田達彦先生)

 明治と現代では子どもを取り巻く環境は異なりますが、自ら課題を見つけ解決する力が有用なことに変わりはありません。同校では、『自問自答』を合言葉に、総合学習の中で多彩な体験学習と調べ学習を組み合わせ、グループや各個人で研究テーマに挑むアクティブラーニングを展開しています。

 テーマの設定は学年ごとに異なり、中1は「地域」、中2は「日本」、集大成は中3で自由なテーマに取り組む「探究論文」です。約1年間をかけてきめ細かに指導していくため、生徒たちは学年が上がるごとに考察力を深め、この学びを通して自立的な学習態度を身につけています。

日々の積み重ねが気づきを生む

 このほかにも、日々行われている『自問自答』の取り組みが3つあります。1つは新聞のコラムの読み比べです。社会で起きていることを知り、自分の生活に置き換えて考える練習をします。同じ事件でも各紙で書き方が異なると気づくように、先生方が導きます。2つめは『365ノート』。1日1ページ、30分間以上机に向かうことを奨励する家庭学習帳です。家庭学習の習慣が身につくだけでなく、自分で自分の課題を探す力がつきます。3つめは毎日のHRで行われる日直の『1分間スピーチ』です。「クラスの良いところ」「将来の夢」など自分の考えを披露し、クラス全員で共有することで自問自答の力を高めます。

「さまざまなものの見方を知り、自分で考え、本屋さんで本を探したり、それを読んで悩んだりと、自ら問いを追い求める学び方をする生徒は、希望する大学への合格をつかんでいます。与えられたものだけをこなすのではなく、自分から問題を探す力をつけてほしいと願っています」(中学学年主任/森寿直先生)

 大きなテーマに基づいた総合学習、小さな気づきを共有する日々の活動。7月の総合学習中間発表会で活動する生徒の姿から、2つの相乗効果をはっきりと見て取ることができました。

毎週土曜は総合学習の日 7月の中間発表会で成果を披露
中1『沼の教室』

手賀沼を舞台に体験活動

自ら作成した『校外学習新聞』を解説しながら発表。自ら作成した『校外学習新聞』を解説しながら発表。

自問[Ask Oneself]
『沼の教室』は同校の伝統の学びの一つ。近くの手賀沼の環境や歴史について学び、水質調査も行います。「なぜ手賀沼の水は汚れたのか?」「どのような生き物がいるのか」などの問題意識がわき上がってきます。

自答[Answer]
北千葉導水ビジターセンターや手賀沼親水広場・水の館を訪問し、調べたこと、わかったことを『校外学習新聞』にまとめて発表します。中間報告では作成した新聞をもとに、3分間のプレゼンテーションを行います。普段の『1分間スピーチ』で話すことに慣れているので、手順よく、堂々とした発表ができました。

中2『古都の教室』

奈良・京都についてテーマ探究

自問[Ask Oneself]
グループでテーマを決めて、調べ学習をします。奈良を紹介するグループは『法隆寺新聞』を作成。法隆寺建立までの歴史や、理由が解明されていない「七不思議」など情報満載のポスターを作りました。作成後は9月に行われる文化祭『松陵祭』の発表に備えてプレゼンテーションの練習です。タブレットで発表の様子を撮影してみます。

自答1[Answer1]
発表の様子を撮影した動画をグループで再生します。「もうちょっと原稿をゆっくり読んで」「声が小さいかも」と、みんなでワイワイ相談。「より良く伝わる方法」を考えたり、ポスターの内容を吟味したりします。先生はあくまでサポート役。生徒が質問に来ない限りアドバイスはしません。

自答2[Answer2]
11月の奈良・京都への研修旅行は班別に見学先を計画します。ポスター発表できるほど事前研究をしているため、歴史的建造物などを訪ねた際に実際はどうなのか自分の目で検証できます。「本当だ」「そうだったのか」と、学習と体験とが結びつき、自分なりの解答が得られる瞬間です。

発表の動画を見てお互いにアドバイス。発表の動画を見てお互いにアドバイス。
タブレットで発表の様子を撮影。タブレットで発表の様子を撮影。
疑問点があれば先生に質問!疑問点があれば先生に質問!
ポスターの内容をチェックして検討し合う。ポスターの内容をチェックして検討し合う。
中3『探究論文』の作成

自力で問い・答えを探す旅

興味を持ったテーマを深く掘り下げて、8000字にまとめます。興味を持ったテーマを深く掘り下げて、8000字にまとめます。

自問[Ask Oneself]
5月から始まるテーマ調査。翌年の1月に論文を提出します。すべて個人の研究になるためテーマ設定はとても大事です。「正しいテーマというものはありません。中学生の今の自分が持つ興味や関心を大切にしています」と森先生は話します。「人類が他の星に移住することはできるのか」「黄金比、白銀比をなぜ美しいと思うのか」「なぜ正夢や予知夢を見る人がいるのか」など多彩なテーマが並びます。

自答[Answer]
下調べを行って6月には研究内容を決定し、まずはテーマ発表を行います。どのような内容の研究をするのか。また、なぜそれを研究したいかを、各自がクラス全員の前でプレゼンテーションするのです。大切なのは、なぜそれが知りたいのかという動機や、仮説に基づき調査・研究を経て結論を導き出す過程です。テーマ発表の後、本格的な調べ、探究作業に入ります。3年間のさまざまな学びから得たことを総動員して論文執筆に挑む経験は、将来、大学や社会で大いに役立つはずです。

(この記事は『私立中高進学通信2016年9月号』に掲載しました。)

二松学舎大学附属柏中学校  

〒277-0902 千葉県柏市大井2590
TEL:04-7191-3180

進学通信掲載情報

【私学の光輝】創立記念日に改めて思う「自問自答」の教育理念
【SCHOOL UPDATE】グローバルコースによる学習発表会 プレゼンテーションを通して探究力・表現力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら課題を設定し、探究する「自問自答プログラム」を実践
【未来を切り拓くグローバル教育】コミュニケーション力を理論と体験で学ぶ
【みんな大好き キャンパス食堂】ランチタイムだけじゃない!仲間と一緒に語り合える食堂がリニューアルオープン
【SCHOOL UPDATE】『松陵祭』での中間発表会 「自問自答」による探究の成果をプレゼンテーション
【校長が語る 思春期の伸ばし方】論語教育と多彩なフィールドワークが豊かな人格と探究心・発信力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら気付き、考え、解決する自問自答の力を育む教育
【SCHOOL UPDATE】グローバルコース 従来のグローバル教育にさらなる実践力をプラス
【中1の始め方】中高6年間で最も大切なスタートの1年 自発性を養い真のグローバルな人材に
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自問自答で未来を切り拓く力をつける
【SCHOOL UPDATE】特別講座 ネイティブスピーカーと一緒にEnglish cooking
【キャンパスのVISION】四季のいぶきを感じる緑豊かな環境に恵まれた新時代志向のキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】入学間もない生徒たちの研修に「インプロ」を導入
【全人教室│心を育む私学の授業】「自問自答」の力を伸ばす多彩な体験教室『田んぼの教室』『沼の教室』『都市の教室』『雪の教室』
【The Voice 新校長インタビュー】確かな学力とさわやかな心を備えた生徒を育てていきたい
【授業発見伝】〝自問自答〟を通じて課題解決力を伸ばす『森の教室』『沼の教室』『都市の教室』
進学通信2016年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ