Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年9月号

私学の光輝

足立学園中学校

強歩大会

「強歩」で心身ともにたくましく成長
Vサインで笑顔を見せる生徒たち。約5時間後、この班が先頭でゴールしました。

Vサインで笑顔を見せる生徒たち。約5時間後、この班が先頭でゴールしました。

 5月2日、同校中学の名物行事『強歩大会』が行われました。

「強歩大会は平成3年に中学の募集を再開してから毎年実施しています。教育目標である『自ら学び 心ゆたかに たくましく』を体現する行事で、順位が問題ではなく、歩き続けて強くなるようにという思いが『強』の字に込められています」(実行委員/前原祐史先生)

 今年は学校のある北千住を出発して、船堀橋、葛西橋を通り葛西臨海公園で昼食。帰りは都営新宿線荒川中川橋梁下、総武本線橋梁下を通り、四ツ木橋緑地を経て学校に戻ってくるコース。30キロという距離は大人でも簡単に歩けるものではなく、中学1年生にとっては入学後最初の試練といっても過言ではないでしょう。生徒たちは1年生と2年生、1年生と3年生の縦割り班を組み、「自らを強くするために」歩きます。

「最初は『30キロも歩くの?』って思いますよね(笑)。でも、歩いてみたら、その達成感が自信につながります。2年生は昨年も歩いているので自信があり、3年生になるとその自信が確実なものになります。これは勉強や人生と同じ。コツコツ努力すれば必ず勝ち取れるということを、生徒自身も実感するのではないでしょうか」
(副校長/神嵜弘和先生)

 神嵜副校長は、毎年、生徒たちと一緒に片道15キロを歩く強歩大会の生みの親です。

「生徒と話しながら歩いたりして、私自身、彼らと触れ合う大切な時間でもあります」

 ただ歩くだけではなく、生徒会が作ったクイズを解きながら歩くなど、お楽しみの要素もあります。また、疲れた1年生の荷物を先輩が持ってあげたり、仲間が後ろから背中を押してあげたりと、みんなで助け合ってゴールをめざす様子が印象的でした。ゴール後の生徒に感想を聞いたところ、

「こんなに早くゴールできるとは思っていませんでした。先輩に励まされながら歩きました」
(1年生/T・Kくん)

「荒川中川と総武本線橋梁下の間でバテました。みんなでペットボトルに水をくんでタオルを濡らして、首にかけてがんばりました」
(2年生/R・Aくん)

 生徒たちは、心身ともにまた一歩たくましくなったようです。1年生は来年、後輩を導く良き先輩となるでしょう。

開会式。生徒会長からのあいさつ「1年生は辛いと思うが、それを乗り越えるのが男だ!」さすが男子校!開会式。生徒会長からのあいさつ「1年生は辛いと思うが、それを乗り越えるのが男だ!」さすが男子校!
北千住駅からほど近い同校。スタートしてすぐは住宅街を、列を乱さず歩きます。北千住駅からほど近い同校。スタートしてすぐは住宅街を、列を乱さず歩きます。
荒川土手は見晴らしがよく、開放感でいっぱいでした。荒川土手は見晴らしがよく、開放感でいっぱいでした。
葛西臨海公園にて昼食タイム。後半戦に備えてしっかり食べました。葛西臨海公園にて昼食タイム。後半戦に備えてしっかり食べました。
第3チェックポイントの葛西臨海公園。チェックポイントは全員が揃わないと通過できません。第3チェックポイントの葛西臨海公園。チェックポイントは全員が揃わないと通過できません。
班のメンバーはみんなで一団となって歩くのがルール。遅れてしまった仲間を待つ生徒たち。班のメンバーはみんなで一団となって歩くのがルール。遅れてしまった仲間を待つ生徒たち。
疲れた仲間の荷物を持つ生徒。この班は、見事2番目にゴールしました。疲れた仲間の荷物を持つ生徒。この班は、見事2番目にゴールしました。
「第5チェックポイントで他の班に抜かされそうになって、走った時が辛かったです。去年よりスイスイ歩けました」(2年生/Y・Sくん)「第5チェックポイントで他の班に抜かされそうになって、走った時が辛かったです。去年よりスイスイ歩けました」(2年生/Y・Sくん)
ゴールした後は学校の食堂で豚汁とおにぎりを食べます。「たくさん歩いたから美味しい!」とニッコリ。ゴールした後は学校の食堂で豚汁とおにぎりを食べます。「たくさん歩いたから美味しい!」とニッコリ。

(この記事は『私立中高進学通信2016年9月号』に掲載しました。)

足立学園中学校  

〒120-0026 東京都足立区千住旭町40-24
TEL:03-3888-5331

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】正解のない問題に立ち向かう『探究コース』の個人探究活動
【注目! News and Topics】教員と生徒・保護者との距離の近さが安心と信頼感を生み出すスクールライフ
【WEB版『Hello! School』】男心に磨きをかけてのびのび育つ 下町に輝く誇り高き男子の伝統校
【目標にLock On!! 私の成長Story】中3の夏休みの課題をきっかけに「映画監督になる」夢を見事実現!
【実践!未来の学び 「志」を育てる!】「志」を育む教育で将来を切り拓く力を引き出す
【SCHOOL UPDATE】「志教育」の実践 人のために役立ちたいその志が大きな力に
【校長が語る 自立へのプロセス】将来の夢を描く「志」が生徒の学ぶ姿勢につながる
【中学入試のポイント】やる気を評価する『志入試』2020年度からスタート
【学校生活ハイライト】熱気あふれる骨太な体育祭がクラスの団結力と友情を育む
【SCHOOL UPDATE】特別優遇制度 兄弟、同窓生の子息、孫の和を広げ社会で活躍できる存在に
【The Voice 校長インタビュー】徹底した「生徒第一主義」で生徒の夢を教師一丸となってサポート
【目標にLock On!! 私の成長Story】たくさんの人に支えられ仕事の基盤となる力を育んだ中高時代
【6年間の指導メソッド】高校にコース制を導入し可能性を広げる
【学校生活ハイライト】頼りになる先輩と行動を共にして人間的にも成長する後輩たち
【グローバル時代の学び方】3年間かけてグローバルな素養を育てる総合学習
【私学の光輝】強歩大会 「強歩」で心身ともにたくましく成長
【中学入試のポイント】将来を見据えた授業改革と中学入試改革
【SCHOOL UPDATE】ICTとアクティブラーニングの活用 生徒自らの学ぶ意欲を育てる授業改革
【未来を生き抜く学力のつけかた】男子の知的好奇心を刺激し学習意欲を高めながら未来へと導く授業改革
【Students' Chat Spot】一人ひとりの能力・個性を伸ばす指導
【キャンパス歩き】地域の熱意に応えて誕生した学園の自学自習を実現する学び舎
【大学合格力強化計画】現役合格に強く“入学後に伸びる”男子伝統校の教員力
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】始めからできなくてもいい ありのままでいられる環境のなかで文武両道の男子へと成長させる学園
進学通信2016年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ