LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年8月号

グローバル時代の学び方

春日部共栄中学校

海外大学への進学を視野に
『K-SEP』で英語力強化

英語4技能をバランスよく学ぶ独自プログラム
『K-SEP』ではカナダからの大学生とともに、10日間英語漬けの日々を送ります。

『K-SEP』ではカナダからの大学生とともに、10日間英語漬けの日々を送ります。

広い世界に目を向け国際社会で活躍してほしい

 国際社会のリーダーを育てるため、同校は最先端のキャリア教育と英語教育に意欲的です。事前レポートを書いて臨む各界の第一人者による年8回もの講演会、『共栄読書マラソン』など、多彩な取り組みで、生徒の思考力、判断力、表現力を伸ばしています。なかでも、開校以来力を入れているのが独自の英語プログラムです。

「今や、日本という狭い島国だけで完結する時代ではありません。本校がめざすのは、世界で活躍できる人材の育成です。海外大学への進学を視野に入れ、語学力向上に励んでほしいと考えています」(中学校教頭/星善博先生)

 中学生の段階から海外大学の魅力を感じてもらうために、中3の希望者を対象にカナダ語学研修も実施しています。2017年度からは、名門ブリティッシュコロンビア大学の学生寮に滞在して、活きた英語を学びます。

「東京ドーム28個分のキャンパスで大学生活の楽しさを体感して、海外に目を向けてほしいですね」

大学入試制度の変更を視野にプログラムをさらに改良
左から益山浩典先生(英語科)、星善博先生(中学校教頭)、赤松美由紀先生(広報委員・英語科)左から益山浩典先生(英語科)、星善博先生(中学校教頭)、赤松美由紀先生(広報委員・英語科)

 カナダ語学研修の直前には、10日間におよぶ同校オリジナルの語学プログラム『KーSEP』も用意されています。こちらは中3生全員を対象に、カナダからの大学生とともに「聴く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能をバランスよく学習します。

「英語でのコミュニケーションを集中して学びます。このためカナダ語学研修に不安を抱く生徒も、この10日間で自信がつくようです。『自分の英語が通じる喜びを味わえた』と話す生徒も多数います」
(英語科/益山浩典先生)

「カナダ語学研修や海外進学だけでなく、日本国内での大学入試改革も意識し、4技能の習得をめざします」
(広報委員・英語科/赤松美由紀先生)

 充実の英語プログラムにより、世界に羽ばたく若者が着々と巣立っている同校。

「大学受験勉強はがんばったものの、大学に合格してからは目標を見失ってしまう『大学までの人』ではなく、大学入学後、そして社会人になってからも、自分の道を見つけて輝いている『大学からの人』になるためにもグローバル教育は重要。広い世界に目を向け、国際社会をリードする存在となってほしいですね」(星教頭先生)

Action Report File001
K-SEP(Kyoei Summer English Program)
中310日間で英語力を強化する集中プログラム

 中3の7月には、10日間にわたる英語集中プログラム『K-SEP』を学校内で実施しています。この期間は通常授業ではなく、カナダからの大学生と英語を学ぶ授業に変更されます。グループに分かれて英語圏の文化や歴史などを学び、最終日には学んだ内容をプレゼンテーションします。クイズ、寸劇など趣向を凝らした発表を行うため、生徒たちは楽しみながら英語を学ぶことができます。

「カナダからの大学生は日本語がほとんどわからないため、生徒たちも英語を話さざるを得ません。プレゼンテーションの前には、準備に集中するため東京・代々木の青少年総合センターに2泊3日で泊まり込みます。宿泊を通して、大学生と生徒たちの距離も一気に縮まります」(益山先生)

 2017年度からは大学入試改革も見据え、ネイティブとの交流を通じて、英語4技能を高める内容へと転換を図っていく予定です。

カナダからの大学生と英語だけでコミュニケーション。カナダから大学生を招き、約10人の少人数グループで英語を学習。生徒と年齢が近いため、すぐに打ち解けます。【カナダからの大学生と英語だけでコミュニケーション】
カナダから大学生を招き、約10人の少人数グループで英語を学習。生徒と年齢が近いため、すぐに打ち解けます。
研修センターに宿泊し発表の準備。プレゼンテーションの前には、カナダの大学生も一緒に泊まり込んで準備を行います。合宿感覚で学習もはかどると好評です。【研修センターに宿泊し発表の準備】
プレゼンテーションの前には、カナダの大学生も一緒に泊まり込んで準備を行います。合宿感覚で学習もはかどると好評です。
クイズあり寸劇ありのプレゼンテーション!
クイズあり寸劇ありのプレゼンテーション!

【クイズあり寸劇ありのプレゼンテーション!】
最終日のプレゼンテーションでは、各グループが工夫を凝らして発表。クイズ形式の発表では、みんな大盛り上がり!

Action Report File002
グローバルイングリッシュプログラム
中1~2実践的な英語とともに文化の多様性を学ぶ

 中1~中2の希望者を対象に、夏休みを利用した英語プログラムを実施しています。欧米に限らず多様な国出身の講師を招き、実践的な英語を楽しく学びます。

「英語を話すのは欧米人だけではありません。いろいろな国から講師を招くことで、それぞれの国の文化的背景を知り、国際化教育につなげたいと考えています。3日間のプログラムを通じ、英語だけでなく文化も含めて広く学ぶことができます」(星教頭先生)

さまざまな国出身の先生が指導!来校した講師のみなさんは、自国の文化や生活、英語を学ぶことの大切さについても話してくれました。【さまざまな国出身の先生が指導!】
来校した講師のみなさんは、自国の文化や生活、英語を学ぶことの大切さについても話してくれました。
2人一組でロールプレイ。【2人一組でロールプレイ】
中2生は、店員と客などのシチュエーションを決めて会話を行います。最終日には発表会も。
Action Report File003
カナダ語学留学で大学生活を体験
中3名門大学の学生寮に滞在

『K-SEP』で英語力を磨いたら、中3の夏休みにはカナダ語学研修が待っています。2017年度からはプログラムも改変。前半2週間は現地の大学寮に宿泊し、残る1週間はホームステイで過ごします。

「任意にもかかわらず、来年は学年の大多数が参加を希望しています。大学生活を疑似体験するとともに、文化の多様性を学んでほしいですね」(星教頭先生)

先生から一言
高校ではさらに高度な研修も!

「高1~高2の希望者を対象に、ボストン、オーストラリアへの研修旅行も実施しています。中級者向けのボストン研修では、現地の有名大学を訪問し、留学生とディスカッションする機会も設けています。この研修を機に、海外大学への進学を考える生徒もいます」(赤松先生)

進学通信2016年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ