LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年8月号

アクティブラーニングで伸ばす新しい学力

瀧野川女子学園中学校

創造的な思考力を磨いて未来の社会で活躍する力を育む

『デザイン思考』を取り入れて『創造性教育』がさらに進化
創造的問題解決の方法を学び
今までにないものを生み出す

 一人ひとりの生徒が好きなことに思い切り取り組み、望む仕事と人生を手に入れてほしい―。これは同校が大正15年の創立以来、一貫している教育目標です。この目標を達成するためには、生徒たちが未来の社会で活躍できる力を育てる必要があります。それが同校が取り入れるiPadやクラウドサービス(インターネット上にデータを保存・活用するシステム)の活用、また特徴的な『創造性教育』や起業家精神の育成につながっています。

『創造性教育』とは、「こんなことができたらいいな」という思いを具体的なアイデアに組み上げ、これを新しいビジネスへと結び付けられるように導く同校独自の教育プログラムです。2015年度のスタート以来、注目を浴びてきたこのプログラムに、2016年度からは、新たに『デザイン思考』の手法も取り入れることとなりました。デザイン思考はスタンフォード大学などシリコンバレーで研究・実用化されてきた思考方法で「創造的問題解決の方法」とも言われています。ビジネスの現場でも今までにないモノやサービスを生み出すときに有効と考えられている思考方法です。

アイデアをどんどん出してデザイン思考をものにする
「近未来の通勤・通学」について、グループごとにアイデアを膨らませていきます。iPad Proは、情報収集やアイデアの取りまとめにも使われていました。「近未来の通勤・通学」について、グループごとにアイデアを膨らませていきます。iPad Proは、情報収集やアイデアの取りまとめにも使われていました。

 今回は、高2の生徒たちが『近未来の通勤、通学体験をデザインせよ』というテーマで、デザイン思考を一通り体験する授業を取材しました。前回の授業で概要の把握や課題の設定を済ませている生徒たちは、体育館に集まってグループに分かれ、それぞれの気づきをポストイットに書き出して模造紙へ貼り付けていきます。指導にあたる副校長の山口龍介先生は「他人のアイデアを批判しない」、「数多くのアイデアを出す」、「他人のアイデアに乗っかる」がルールであると説明しました。

 続いて「アイデアの絞り込み」として似たような案をまとめていく作業です。うまくいきそうなもの、わくわくするもの、革新的なものについては色分けしてグループ化。その中から“ 一番イケてる”と思うアイデアを4コマ漫画で表現して考えを発表しあったら、再度、グループ全体でアイデアをまとめるという高度なステップをこなしていきます。

「チームでアイデアのキャッチボールをしていくことで、一人で取り組むよりも新しいものを生み出せる可能性が高まっていきます。そのために、とても有効な考え方がデザイン思考なのです」(山口先生)

事業化実習につなげて世の中の仕組みを体感する

 生徒たちは一通りデザイン思考の手法を体験したのち、学園祭で『事業化実習』に取り組みます。製造業の会社を起業すると仮定して製品開発や販売、財務などにチームワークを発揮して携わり、いかにお客さんに喜んでもらえるかを競うものです。顧客やユーザーを想定して課題解決を図るデザイン思考は事業化実習にも有効と考えられており、ビジネスがどのような仕組みや流れで成り立っているか、身をもって体験する機会となるでしょう。

 事業化実習はさらにブラッシュアップして、修学旅行で訪れるハワイでもチャリティバザーを行えないか検討が進んでいます。また中1「理想の街を創ろう」や高1で取り組んでいる『商品企画コンペティション』にもデザイン思考が取り入れられているそうです。

ココも注目!
連絡や課題提出もクラウドを活用

 2016年度から最新のタブレット端末「iPad Pro」と美麗に手描きで書き込みができるタッチペン「Pencil」付きで全生徒(今年度のみ高3生を除く)が活用しています。セルラーモデルのためWi-Fi環境のないところでもインターネットに接続可能です。さらにクラウドサービスを活用し、先生から教材や宿題を受け取ったり、他の生徒と協働作業を行ったり、ということも行っています。

 先生は従来、授業の前にその日に出す宿題の準備まで行っておく必要がありました。しかしiPadとクラウドを使えば、授業の進捗状況を見て、後から最適な課題を「配信」することもできます。生徒も完成した時点でiPadから宿題を提出。さらに先生は宿題の出来具合を事前に確認し、次の授業準備に生かせるのです。

 また普通の筆記用具と同じ感覚で使えるタッチペンのPencilがあれば、iPadへの手書きが容易なので、今まで授業ごとに300枚近くあった紙のプリントや、授業の板書のほとんどが電子ファイルに変わりました。このように、全ての授業でiPadを使い、授業によっては1年分の授業を半年で終えるほど進度が上がっているとのことです。

iPad Proを活用し、デザイン思考の授業に取り組みます。iPad Proを活用し、デザイン思考の授業に取り組みます。
デザイン思考とは

「共感」、「問題定義」、「創造」、「プロトタイプ」、「テスト」を繰り返して改善を重ね、画期的な製品やサービスを創りだすプロセスのこと。ユーザーの課題やニーズを深く洞察することが重要だと考えられ、大企業も事業戦略に取り入れている。

やりたい仕事を自分で創りだせる女性に育ってほしい
創造性教育+デザイン思考は社会で活躍するための学び
副校長/山口龍介先生

「IT技術や人工知能の発達により、今後は半数近くの仕事がなくなると言われています。一方で今の社会には無い新しい仕事がどんどん創られていく。そのような近未来でも、やりたい仕事を自分で創りだせる女性に育ってほしいと願い、創造性教育やデザイン思考を取り入れるようになりました。
 デザイン思考を学ぶことにより、アイデアを受け取る相手(顧客)の気持ちを推測したり、チームで協働したりする手法が自然と身につきます。これは社会人になったときに差がつく能力だと私達は考えています。単なる入試勉強ではなく、大学での学びや社会に出た時の活躍に結び付ける実践的なプログラムに保護者の皆様の期待も大いに高まっていると感じています」
(副校長/山口龍介先生)

(この記事は『私立中高進学通信2016年8月号』に掲載しました。)

瀧野川女子学園中学校  

〒114-0016 東京都北区上中里1-27-7
TEL:03-3910-6315

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】『Language Arts』で学びの基礎を築く
【グローバル時代の学び方】ネイティブの先生から英語の楽しさを学ぶ
【学校生活ハイライト】瀧野川女子独自のプログラムで創造性と起業家精神を育む
【Students' Chat Spot】『創造性教育』を展開 創造性と起業家精神の育成のために行われるさまざまな行事
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】iPad Pro×ペンシル×クラウド 感性を刺激して未来を変える
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】創造的な思考力を磨いて未来の社会で活躍する力を育む
【SCHOOL UPDATE】創造性教育 独創ロボットデザインでテクノロジーの面白さを体験
【注目のPICK UP TOPIC!】「理想の街づくり」と「ロボット製作」に挑戦!
【10年後のグローバル社会へのミッション】創造性と起業家精神を育む企業との商品企画プロジェクト
【SCHOOL UPDATE】感動と発見をみんなで共有!卒業論文発表
【注目のPICK UP TOPIC!】10年先、20年先にも対応できる『創造性を育む教育』を体験しよう!
【On Going! 進歩する私学の注目情報】自分の好きなことを社会で活躍する力にする『創造性を育む教育』
【全人教室│心を育む私学の授業】楽しい卒業論文発表で感動と発見を共有しよう!
進学通信2016年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ