LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年8月号

学校生活ハイライト

品川女子学院中等部

“勝つぞ!”と学年に強い絆が生まれる学年対抗の体育祭

上級生も下級生も、それぞれの立場で大きく成長する自主運営行事

競技種目の立案決定から運営まですべて生徒の手による体育祭
横断幕、学年のキャッチフレーズ、配布プログラムもすべて手作り
勝ち負けにこだわることで学年が強く一つにまとまり、それぞれの立場で大きく成長し、
学園生活の思い出の1コマになります。

1年生が5年生(高2生)に勝ったり、「絶対負けられない!」と6年生(高3生)の意地が見られたり、競技中の表情は生き生きとしています。

1年生が5年生(高2生)に勝ったり、「絶対負けられない!」と6年生(高3生)の意地が見られたり、
競技中の表情は生き生きとしています。

 例年、4月に都内の体育館を借りて行われる同校の体育祭。今年は国立代々木競技場第1体育館で行われました。

「学年対抗で順位がつくため、それぞれの競技の勝ち負けにもこだわり、学年が一つに強くまとまります。中1生にとっては、入学して間もない頃に行われるので、友達づくりの機会にもなります」

 と広報部長の平川悟先生は言います。競技中は応援席から大きな声がかけられ、勝った学年からは一斉に歓声が上がります。各学年の横断幕は有志生徒による手作りです。実は、この体育祭、競技種目やルールを決めるほか、受付や器具準備、審判、場内アナウンスまですべて生徒の手によって運営されているのです。

「自分の仕事を行いながら、みんなが競技をしているところを見て、役に立っているなと感じて大きな達成感を得られました」

「責任感を持ってやるのが大変ですが、重要な仕事なのでやりがいがあります」

「実行委員の活動を通して、他学年の先輩や後輩と仲良くなれ、少しずつ絆が生まれていくのを感じました」

 と約130人もいる実行委員の生徒たちは口々に話してくれました。

「6年生にとっては最後にはじけて受験生活への切り替えになり、下の学年にとっては上の学年の生徒への憧れが芽生える体育祭。それぞれの立場で大きく成長していきます」

 同校の教育“自分の夢を見つけ、育み、実現できるよう学ぶ”は、体育祭でも発揮されていました。

応援席では学年カラーの応援グッズを持った生徒たちが目いっぱい大きな声を上げて応援します。応援グッズは学年によって異なり、うちわやTシャツなどがあります。応援席では学年カラーの応援グッズを持った生徒たちが目いっぱい大きな声を上げて応援します。応援グッズは学年によって異なり、うちわやTシャツなどがあります。
空調が管理された広々とした体育館で行われます。天候の影響を受けることや熱中症の心配がありません。空調が管理された広々とした体育館で行われます。天候の影響を受けることや熱中症の心配がありません。
保護者など来場者を迎えるのは受付部の仕事。名簿をチェックして、笑顔で迎えます。保護者など来場者を迎えるのは受付部の仕事。名簿をチェックして、笑顔で迎えます。
学年対抗綱引きは体力と気持ちの勝負。中1生だから弱い、上の学年だから強いとも言えないのがおもしろいところ。学年対抗綱引きは体力と気持ちの勝負。中1生だから弱い、上の学年だから強いとも言えないのがおもしろいところ。
黄色のハチマキは5年生、青いハチマキは2年生。上の学年になると執行委員など重要な役割に就くようになり、下の学年の憧れとなります。黄色のハチマキは5年生、青いハチマキは2年生。上の学年になると執行委員など重要な役割に就くようになり、下の学年の憧れとなります。
競技がスムーズに行われるように、器具の準備や片付けを行う“器具部”。目立たなくとも、とても重要な役割を生徒も自覚して取り組みます。競技がスムーズに行われるように、器具の準備や片付けを行う“器具部”。目立たなくとも、とても重要な役割を生徒も自覚して取り組みます。

(この記事は『私立中高進学通信2016年8月号』に掲載しました。)

品川女子学院中等部  

〒140-8707 東京都品川区北品川3-3-12
TEL:03-3474-4048

進学通信掲載情報

【制服物語】生徒のアイディアを積極的に取り入れ誇りを持てる制服に
【The Voice 校長インタビュー】女性ならではのライフデザインを推進しさらなる確実な学力向上を図る
【その先に備える キャリア教育】実践 ビジネスにもつながる教育で時代に適応できる自立した女性に
【学校生活ハイライト】最大3週間のニュージーランド滞在 世界へと視野が広がる修学旅行
【中学入試のポイント】算数1教科入試を2月1日午後に新設
【グローバル時代の学び方】先輩から刺激を受けて留学が当たり前のことに
【中学入試のポイント】第1希望の生徒に門戸が広がった総合型試験
【学校生活ハイライト】“勝つぞ!”と学年に強い絆が生まれる学年対抗の体育祭
【10年後のグローバル社会へのミッション】社会で働くイメージに直結する 『デザイン思考』&『企業コラボレーション』
【熱中!部活動】茶道部/筝曲部 複数のクラブの兼部も可能! 礼儀作法も学びながらアクティブに活動
【目標にLock On!! 私の合格Story】恩師に憧れていた中高時代 夢がかなって母校の教員に
【めざせ 次代のグローバルリーダー】演技指導を取り入れた英語学習で世界標準のコミュニケーションスキルを身につける!
【キャンパス歩き】前向きで聡明な女性が育つ活気あふれるキャンパス
進学通信2016年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ