LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年8月号

制服物語

品川翔英中学校

個性的な色合いとデザインは
『主体的に考えて決断し、行動する自立した女性に』
という願いを反映

 2008年に生まれ変わった同校の制服。ピーチベージュが印象的なジャケットに、中高で色合いが異なるチェックのスカートは街中でも目を引きます。

「色も形も日本人女性の肌や顔立ち、体形に合うように、デザイナーの幾田桃子さんが作り上げてくれました」

 と中林祐美子先生は話します。個性的な色合いと洗練されたデザインの制服には、同校の方針である「主体的に考えて決断し、行動する自立した女性に」という願いが反映されています。

 また、制服には随所に工夫が凝らされています。ジャケットのデザインには体のラインに沿うようなカットの工夫があり、上半身をすっきりと見せてくれます。袖が真横ではなく前身ごろよりについているので、机に座り前かがみになった時にも窮屈さを感じさせません。スカートは幅広のプリーツにすることで、すっきりとした活動的なイメージになりました。

 中学のピンクのリボンから高校の茶色のリボンに移り変わる時、生徒たち自身も、大人への階段を昇る成長を感じます。

体のラインに沿ったカットで、上半身がすっきりと見えるジャケット。体のラインに沿ったカットで、上半身がすっきりと見えるジャケット。
学外でも目を引く個性的なピーチベージュのジャケット。小野学園の生徒としての気持ちも引き締まります。学外でも目を引く個性的なピーチベージュのジャケット。小野学園の生徒としての気持ちも引き締まります。
中学校のスカートは、ピンクと薄いグレーのチェックにオレンジのラインが入ったかわいらしい雰囲気です。中学校のスカートは、ピンクと薄いグレーのチェックにオレンジのラインが入ったかわいらしい雰囲気です。
高校のスカートは、グレーと紫のチェックにピンクのラインが入った落ち着いた雰囲気です。高校のスカートは、グレーと紫のチェックにピンクのラインが入った落ち着いた雰囲気です。
夏服は、半そでブラウスにクリーム色のベストを着用します。夏服のスカートは中高とも一緒です。夏服は、半そでブラウスにクリーム色のベストを着用します。夏服のスカートは中高とも一緒です。
中学はピンク、高校は茶色のリボン。スカートの色も変わり、生徒たちは大人に一歩近づいた気分になるそうです。中学はピンク、高校は茶色のリボン。スカートの色も変わり、生徒たちは大人に一歩近づいた気分になるそうです。
制服とのコーディネートでピンクのラインが入ったバッグ。内側は「元気が出る色」のビビッドピンクです。制服とのコーディネートでピンクのラインが入ったバッグ。内側は「元気が出る色」のビビッドピンクです。
ウェストが高めでAラインが特徴のコート。軽い素材で背部にギャザーが入り、ジャケットの上からでも快適に着られます。ウェストが高めでAラインが特徴のコート。軽い素材で背部にギャザーが入り、ジャケットの上からでも快適に着られます。

(この記事は『私立中高進学通信2016年8月号』に掲載しました。)

品川翔英中学校  

〒140-0015 東京都品川区西大井1-6-13
TEL:03-3774-1151

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】中1生と高1生で行く2泊3日 縦と横のつながりを深める合宿
【私たち、僕たちが大好きな先生】実験を通して本物を見て、触って、感じる体験型の授業で理科の面白さを伝えたい
【制服物語】華やかで活動的な“なりたい自分”になれる制服
【Students' Chat Spot】実験重視の理科授業&ネイティブの先生を交えた英語授業が充実!
【制服物語】未来への躍進を願って見栄えも、着心地も、デザインは“日本女性仕様”
【授業見聞録】英語 生徒自身が考える授業が将来へつながる「志」を引き出す
【子どもの自立を促す教育】生徒に寄り添い 次代を担う実力と志を持った自立した女性を育成する
【制服物語】個性的な色合いとデザインは『主体的に考えて決断し、行動する自立した女性に』という願いを反映
【熱中!部活動】バルーンアート・ハンドクラフトクラブ/生態環境調査クラブ 好奇心を刺激する豊かな環境 興味分野を広げ、伸ばし、深める
【授業見聞録】英語 ネイティブ講師による授業で耳と口を鍛え、心の垣根を取り払う
【中1の始め方】聞いて 話して 体を動かして週4時間の「英語耳」をつくる授業
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】満点を取れない先取り授業より確実な“完熟授業”の徹底を図る
【注目のPICK UP TOPIC!】海外での異文化体験に感動!感激!初めてのオーストラリア修学旅行
【キャンパス歩き】実験や体験を重視 充実の環境で、思う存分理系の学びにチャレンジ
進学通信2016年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ