Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年7月号

熱中!部活動

共栄学園中学校

文武両道を実践して人間的成長を促進

バトン部
中学バトン部、GUSTERS,Jr.。練習では踊ることを楽しみながら1年生から3年生まで仲良く練習しています。

中学バトン部、GUSTERS,Jr.。練習では踊ることを楽しみながら1年生から3年生まで仲良く練習しています。

「生徒がみんな明るく、目標に向かってがんばっています」顧問の江口先生は共栄学園の卒業生です。「生徒がみんな明るく、目標に向かってがんばっています」顧問の江口先生は共栄学園の卒業生です。

 同校女子生徒の中で高い人気のバトン部。創部40年、30年間連続全国大会に出場を果たしている伝統と実績を誇ります。毎週火曜日には外部のコーチによる指導のもと、本格的な表現力を導いています。しかし誇るのは、伝統だけではありません。

「区のパレードイベントやボランティア活動にも積極的に参加して、地域社会に貢献しています」

 と顧問の江口先生。地域との交流や貢献活動によって得られる学びは、人生において非常に貴重な経験となります。

 全国レベルの強豪校ですが、バトンの経験がない生徒も多く入部しています。新入部員は全員、柔軟性を養うバレエの基礎を先輩達から学びます。練習を積み重ね、中学から高校のバトン部に入部する生徒の中には、成績次第で世界大会の日本代表として、米国フロリダ州にあるディズニーワールドで演技をする夢の道も開かれています。

 未来に向けて明るい笑顔を輝かせるバトン部ガスターズジュニアのチームワークの強さは、学園の中でもひときわきらめく存在です。

新入部員はストレッチを重視。ダンスの経験がなくても、基礎からきちんと練習するため、しっかりと実力がついていきます。新入部員はストレッチを重視。ダンスの経験がなくても、基礎からきちんと練習するため、しっかりと実力がついていきます。
平日の部活動の時間は2時間と限られた時間なので集中力が何より大切。今は夏の全国大会に向けて、猛練習中です。 平日の部活動の時間は2時間と限られた時間なので集中力が何より大切。今は夏の全国大会に向けて、猛練習中です。
バトン部部長 
壬生田さん(中3)

1年生から3年生まで仲良く練習に励んでいます。ダンスの練習では特にメンタルが強くなります。夏の全国大会に向けて毎日家でも柔軟体操をするなど忙しい部活ですが、学園生活がとても楽しいです。

DATA
■活動日/活動時間 月・火・水・金・土/16:00〜18:00
■部員数 中1=9名、中2=10名、中3=5名
■主な実績 【中学バトン部】
USA School&College Nationals 2016 
ベストインプレッション賞

全国大会出場

熱心な練習を通して築かれる
チームメンバーの絆

野球部
1年生から3年生までチーム一丸となって試合に励む野球部。学年を越えた団結力が自慢の部活です。

1年生から3年生までチーム一丸となって試合に励む野球部。学年を越えた団結力が自慢の部活です。

 校庭と河川敷のグラウンドで練習に励む野球部。土日の練習試合には、部員全員が出場します。メンバー同士が向き合うことで、学年を越えた強い絆を持つチームづくりをしています。

「生徒には努力を積み重ねる精神を伝えています。礼儀やあいさつについての指導も大切にし、野球部の活動を通じて人間的に成長し、それが将来の自信につながっていくように指導しています」

 と野球部顧問の松川先生。熱心な顧問の指導により、保護者の方々も練習試合の手伝いや観戦に足を運んでくれるそうです。

「中学から『文武両道』を実践できている学校です。部活動に熱心な生徒は学業成績も良く、結果的に6年間部活動に打ち込んだ生徒が東京大学・慶應義塾大学などの最難関大学に合格するケースがほとんどです」

 と語るのは松宮教頭先生。実に9割の生徒がクラブに所属しています。

「共栄学園中学の先生は話しやすいので、勉強や部活動以外のことでも質問しやすいです」
(部長/杉山君)

 部活動を通じて人間性や努力する力を磨けるように、学校を挙げて生徒をサポートしていることがうかがえます。

大切なのは野球の技術を磨くことだけではありません。あいさつや礼儀は最も大事。部員の元気で爽やかな声が、放課後の校内に毎日響き渡っています。  大切なのは野球の技術を磨くことだけではありません。あいさつや礼儀は最も大事。部員の元気で爽やかな声が、放課後の校内に毎日響き渡っています。
毎週末行っている練習試合では、他の学校のメンバーとも野球を通じて交流します。毎週末行っている練習試合では、他の学校のメンバーとも野球を通じて交流します。
「失敗する勇気、失敗してもいいから工夫する努力を学んでほしい」。顧問の松川先生の熱血指導は保護者からも人気です。「失敗する勇気、失敗してもいいから工夫する努力を学んでほしい」。顧問の松川先生の熱血指導は保護者からも人気です。

野球部部長 
杉山くん(中3)

勝つために、日々練習しています。部活はほとんど毎日ありますが、勉強もがんばっています。特に理系の科目が得意です。将来的には理系の分野に進みたいと考えています。

DATA
■活動日/活動時間 月・水・木・金・土/16:00〜18:00
■部員数 中1=2名、中2=8名、中3=2名

(この記事は『私立中高進学通信2016年7月号』に掲載しました。)

共栄学園中学校  

〒124-0003 東京都葛飾区お花茶屋2-6-1
TEL:03-3601-7136

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】「1教科4技能入試」でプレゼン能力を評価
【未来を切り拓くグローバル教育】英語力を強化する多彩なプログラム
【学校生活ハイライト】中学3年間の「校外学習」で未来を見据えた「SDGs」に取り組む
【私学の英語最前線】大学入試改革を意識した英語4技能を強化
【学校ってどんなところ?生徒の一日】勉強も部活動も、元気に一生懸命に! 「文武両道」をイキイキと体現
【SCHOOL UPDATE】イングリッシュ・キャンプ『K-sep』 ネイティブの先生と英語を楽しむ3日間
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生方の親身なアドバイスを活かして強い気持ちで第一志望に合格
【SCHOOL UPDATE】電子黒板の導入で変化する授業 電子黒板で授業効率アップ 質の高い授業で集中力も高まる
【グローバル時代の学び方 】2泊3日のオールイングリッシュプログラム 「K-sep」の英語劇創作が“英語を楽しむ”意欲を育む
【中学入試のポイント】自らの考えを問う適性検査型入試
【熱中!部活動】文武両道を実践して人間的成長を促進
【Students' Chat Spot】クラブ活動や生徒会活動も大切にすることで実社会に生きる確かな力を育成
【SCHOOL UPDATE】K-sep 「楽しさ」から生まれる英語を話したくなる気持ち
【授業見聞録】総合 多彩な職業人が語る月1回の定期講演会
【めざせ 次代のグローバルリーダー】『K-sep』で英語劇を完成させ国際人としての第一歩を築く
【大学合格力強化計画】生徒達の学校生活を充実させる 柔軟なコース制とサポート態勢
進学通信2016年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ