Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年7月号

Students' Chat Spot

世田谷学園中学校

仏教の教えのもと、
学力の向上、人間的な成長を大切にした教育

「第39回全日本アンサンブルコンテスト中学校の部で金賞を受賞しました!」「「クラリネット八重奏」の受賞は2年連続です。」

「第39回全日本アンサンブルコンテスト中学校の部で金賞を受賞しました!」
「「クラリネット八重奏」の受賞は2年連続です。」

 仏教の教えのもと、学力の向上はもちろん、人間的な成長を大切にした教育を行っている同校。2015年度、全国大会で金賞を受賞した吹奏楽部のメンバー8人が語ってくれました。

村崎文哉くん(2年)村崎文哉くん
(2年)

唯一の中1メンバー(出場時)として、全日本アンサンブルコンテストに参加。未経験で入部し、約1年の練習で全国大会に出場。

竹森夏海くん(3年)竹森夏海くん
(3年)

入学時には運動部に入ろうと思っていたのですが、楽器に触れているうちに楽しくなって吹奏楽部に入部しました。

横井彰人くん(3年)横井彰人くん
(3年)

新入生歓迎コンサートでの演奏に感動して入部しました。思い切り音楽に打ち込める環境があることに、幸せを感じています。

矢ヶ﨑貴史くん(3年)矢ヶ﨑貴史くん
(3年)

話しやすそうな先輩が多いところに魅かれて入部。努力を惜しまない仲間たちに囲まれた吹奏楽部は最高です。

上田航大くん(4年)上田航大こうだいくん
(4年)

部活紹介の時に聴いた演奏に感動し入部を決めました。先輩たちがとても楽しそうに活動している姿にも惹かれました。

川上航生くん(4年)川上航生こうせいくん
(4年)

入部時には、日本一になれるなんて夢にも思っていませんでした。残り2年間のチャンスを精いっぱい活かせるよう、がんばります。

鴫原 遼くん(4年)鴫原しぎはら 遼くん
(4年)

4歳のときからピアノを習っています。音楽好きで入部したものの、一度辞めて別の部で活動していましたが、再入部しました。

那須翔一くん(4年)那須翔一くん
(4年)

雰囲気が気に入って入部。第39回全日本アンサンブルコンテストでは、クラリネット八重奏のメンバーのリーダーを務めました。

一問一答
「入学式や老人ホームでの演奏、コンクールへの出場など、年間を通じてさまざまな活動をしています。」「入学式や老人ホームでの演奏、コンクールへの出場など、年間を通じてさまざまな活動をしています。」

――同校の吹奏楽部の魅力は何ですか

那須くん
生徒の自主性に任せた運営がされているところが、本校の吹奏楽部の魅力です。選曲やスケジュール管理も基本的には自分たちの手で行っています。

矢ヶ﨑くん
顧問の先生がとても熱心です。厳しいときもありますが、生徒の考えに耳を傾けながら、僕たちの演奏のレベルを高めてくれています。

村崎くん
部員同士の仲が良いところ。楽しく練習しながら、友人や先輩との関係を広げることができています。

横井くん
高いレベルで活躍してきた先輩たちがたくさんいて、それを吸収することができる環境があります。本気でがんばりたいという気持ちに、とことん向き合ってくれるクラブだと思います。

川上くん
入部時はほとんどが音楽未経験者ですが、先輩たちがしっかりと教えてくれるのでどんどん上達していきますね。

鴫原くん
練習する時には真剣に、楽しむときには楽しむ。メリハリがあるので、活動の時間を有意義に使うことができていると思います。

――全日本アンサンブルコンテストに向けてどのような練習をしましたか

鴫原くん
コンテストでは『結婚の踊り(交響組曲「ハセナ」より)』という曲を演奏しました。顧問の先生は編曲者としても有名なので、今回の曲も編曲してくださいました。

竹森くん
平日は2時間、日曜日は6時間、約半年の間ほぼ毎日休みなしで練習を続けました。

川上くん
今回の曲は特に難しかったので、できない部分を中心に、何時間も同じことを繰り返し練習しました。

上田くん
つらかったけれども、完成したらきっと格好いい演奏になると自分に言い聞かせて取り組みました。

矢ヶ﨑くん
仲間が日々前進していく姿を見て、影響を受け、自分ももっとがんばらなくてはと思えたんです。

那須くん
メンバーそれぞれが自主的に練習に取り組み、団結していました。僕はリーダーですが、みんなに引っ張られて今回の結果を出すことができたと思っています。うれしい気持ちでいっぱいです。

――今後の目標を教えてください

村崎くん
中1のメンバーとして参加させてもらった今回の経験を活かして、これから先もがんばっていきたいです。

竹森くん
3年連続の全国金賞という大きな夢をまた狙っていきたいですね。

上田くん
今回、一つの曲に集中し、音楽の奥深いところにまで触れられる良い経験ができたと思います。今後も、多くの人を感動させたり、楽しませたりする演奏ができるように努力を続けます。

横井くん
先輩たちから教えてもらった音楽の楽しさを、今度は僕が先輩として、後輩たちに伝えていくことができたらいいなと思います。

那須くん
クラブ活動としてはもちろん、大人になっても楽器を演奏し、楽しみ続けることができたらうれしいです。

心に残る演奏を!
目標に向かって努力する毎日はとても充実しています
金賞を受賞した全日本アンサンブルコンテストの様子。金賞を受賞した全日本アンサンブルコンテストの様子。
「入学時には吹奏楽部に入ろうとは思ってもいませんでしたが、演奏を聴いて感銘を受け、自分もやってみたいと思いました。」「意見を出し合いながら、みんなで演奏を作り上げ、今回の結果を出すことができたと思います。」「入学時には吹奏楽部に入ろうとは思ってもいませんでしたが、演奏を聴いて感銘を受け、自分もやってみたいと思いました。」
「意見を出し合いながら、みんなで演奏を作り上げ、今回の結果を出すことができたと思います。」

(この記事は『私立中高進学通信2016年7月号』に掲載しました。)

世田谷学園中学校  

〒154-0005 東京都世田谷区三宿1-16-31
TEL:03-3411-8661

進学通信掲載情報

進学通信2016年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ