Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年7月号

Students' Chat Spot

立正大学付属立正中学校

「学びを深め(修学)、それを実際に行動で示すこと(修行)」
のできる生徒の育成

「全国大会出場をめざします!」

「全国大会出場をめざします!」

 仏教の教えを軸に、「行学二道」つまり「学びを深め(修学)、それを実際に行動で示すこと(修行)」のできる生徒の育成を進める同校。今回は弓道部員の6人が集まって、普段の部活動の様子や、弓道を通じて学んだことなどを話してくれました。

森井美優さん(高1)森井美優みゆうさん
(高1)

弓道部の学年リーダーを務めています。勉強との両立のために、「毎日1時間半の学習」をモットーにしています。

矢野将也くん(高1)矢野将也まさやくん
(高1)

学校の自慢は広いグラウンド。昼休みに遊んでいるときはいつも幸せだなあと思っています(笑)。体育祭実行委員も務めています。

加藤巴奈さん(高1)加藤巴奈はなさん
(高1)

昨年は18日間のイギリスホームステイに参加。そこで、日本文化として弓道を紹介しました! とても良い経験になりました。

塚越  楓さん(中3)塚越 かえでさん
(中3)

ランチルームや売店など学校の設備が整っているのが自慢です。弓道部では中3生の学年リーダーを務めています。

矢野敦大くん(中3)矢野敦大あつひろくん
(中3)

弓道部は春に3泊、夏には4泊の合宿があります。ひたすら弓を引き続けます。実は双子で、2人ともに弓道部員です。

矢野有芽美さん(中3)矢野有芽美ゆめみさん
(中3)

書道部にも所属しています。書道は小学生の時から続けています。どちらももっと上手になりたいので兼部でがんばります。

一問一答

――弓道を始めたきっかけを教えてください

将也くん
従姉妹が弓道をしていて「格好いいなあ」と思って始めました。

敦大くん
僕は兄が弓道をしていて、その姿に憧れて入部を決めました。

巴奈さん
私は「ほかの人がしていないことに挑戦をしたいな」と思って、弓道を選びました。立正に入った理由も、大会で実績を残している弓道部があったからなんです。

楓さん
私も巴奈先輩と同じです。以前から弓道に興味があって、弓道部のある学校を志望し、立正を選びました。

有芽美さん
ほかの部の場合、小学校から続けているという人も多くて、必ずしもみんなが同じスタートではないなと思っていました。その点、弓道は経験者がほぼいないので、同じスタートラインに立てます。

――部の雰囲気を教えてください

「チームワークと仲の良さが自慢の部です。」「みんな初めてレベルから
スタートしています。」「チームワークと仲の良さが自慢の部です。」
「みんな初めてレベルからスタートしています。」

楓さん
中高一緒に活動しているので、先輩後輩のつながりが強いと思います。合宿も練習も中高一緒なんです。

敦大くん
普段の指導は、顧問とコーチがしてくれますが、先輩が後輩を指導することもあります。

巴奈さん
本当にチームワークが良いんですよ。

将也くん
活動も男女一緒なので、仲が良いよね。

有芽美さん
卒業生もよく様子を見に来てくださいます。「私たちはみんなをサポートするために来ているから、雑用でもできることがあったら言ってね」って言葉を掛けてくださいます。

――後輩への指導ではどんな工夫をしていますか

将也くん
なるべく的確なアドバイスをするように心掛けています。

巴奈さん
初心者にはわかりにくい専門用語などを、噛み砕いて説明する工夫をしています。

楓さん
自分の「しゃ」は自分自身では見ることができないので、実はどうやって射っているのかよくわからないんです。だから、自分の様子を周りの人に聞くことを心がけていて、後輩にも指導しています。人にどのように話せば伝わるのかも勉強しています。

有芽美さん
私は自分の得意なところを活かして指導します。苦手なところは先輩に助けてもらうようにしています。

美優さん
最初はやさしくを心がけています。徐々に厳しく指導し鍛えます。

――弓道をやって良かったと思うことは何ですか

美優さん
集中力がついて、姿勢が良くなります。

有芽美さん
私もなかなか直らなかった猫背が改善されました。

楓さん
着物や袴の着方が覚えられます!

将也くん
目上の方への言葉遣いやあいさつが身についたなと感じます。

巴奈さん
地域の弓道場へ練習に行くと、年配の方も多く、声を掛けてもらったり、指導してもらえたりすることがあります。伝統を受け継いでいるんだなあと思います。

敦大くん
プレッシャーと闘う中で、集中力が求められるスポーツなので、精神面が鍛えられます。

大切な仲間と一緒に過ごす時間があるから
学校生活のすべてが楽しい
「立正のイチオシって? 私はランチルーム!」「広い図書館が自慢かな。」「アイスクリームの自動販売機があるところもうれしいよね。」「立正のイチオシって? 私はランチルーム!」
「広い図書館が自慢かな。」
「アイスクリームの自動販売機があるところもうれしいよね。」
「立正祭の弓道部伝統の出し物「射的」も、何か工夫できることはないかなあ。」「いつもいろいろなことを話し合うよね。」「立正祭の弓道部伝統の出し物「射的」も、何か工夫できることはないかなあ。」
「いつもいろいろなことを話し合うよね。」

(この記事は『私立中高進学通信2016年7月号』に掲載しました。)

立正大学付属立正中学校  

〒143-8557 東京都大田区西馬込1-5-1
TEL:03-6303-7683

進学通信掲載情報

【その先に備える キャリア教育】進路 自分を知って未来へつなげるキャリアプログラム
【私たち、僕たちが大好きな先生】長所で勝負できる大人になってほしい自分の長所を知るためのヒントを与えたい
【ビジョン】先進教育委員会が改革を推進
【熱中!部活動】凛とした雰囲気が漂う 弓道場で美しく弓を射る
【実践報告 私学の授業】朝の『コラムリーディング』で読解力、文章力を鍛える
【本音で語る保護者座談会】やさしい先生が子どもたちをしっかりと見守ってくれるアットホームな学校
【キャンパスのビジョン】“採光”をコンセプトにした陽光が差し込む新キャンパス
【熱中!部活動】バスケットの技術とともに礼儀や協調性、発信力を育む
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【高校女子バスケットボール部】一生ものの仲間とともに社会に出ても役立つ姿勢を学ぶ
【その先に備えるキャリア教育】行学 将来の夢や志につながる職業観を中1から育む
【親も楽しめる! 私学の保護者サークル】親子で学校生活を謳歌!7種類のカルチャー教室
【熱中!部活動】日々の練習を通して人間力を育む
【その先に備える キャリア教育】実践 段階的に積み重ねた知識を進路選択へのステップに
【Students' Chat Spot】「学びを深め(修学)、それを実際に行動で示すこと(修行)」のできる生徒の育成
【私学の光輝】日々の気づきから生まれた考えを正面から訴える 仏教主義学校連盟弁論大会
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】レベルの高い授業と生徒との個人面談でやる気を高め、着実に学力アップ! 第一志望の大学合格をめざす「特進クラス」
【The Voice 新校長インタビュー】生徒も教職員も楽しく通える学校を創りたい
【私学の光輝】お会式参拝
【その先に備える キャリア教育】夢に向かうための進路を選ぶ中学1年からのキャリア教育
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】6年後には大きくジャンプ 伸びしろを作るための基礎固め
進学通信2016年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ