Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年7月号

アクティブラーニングで伸ばす新しい学力

日本学園中学校

林業・漁業・農業体験は
好奇心を刺激する貴重な時間

学びのアンテナが敏感になる体験型フィールドワーク
中2の漁業体験後に制作したパネル。古賀くん(右)と大竹くん(左)。にちがく祭で展示発表した力作です。

中2の漁業体験後に制作したパネル。古賀くん(右)と大竹くん(左)。にちがく祭で展示発表した力作です。

純粋な経験から得る心動かされる瞬間

『人は得意な道で成長すればよい』という伸び伸びとした校風の同校は、芸術の分野や政官財界にユニークな人材を輩出してきました。校門を入ると、豊かな緑がその自由闊達な風を運んでくるようです。

 中高一貫コースでは、『個性豊かで逞しい人間力』を育む『創発学』に6年間で取り組みます。調査や研究、取材、まとめを通して身につける創造力、それらを表現する発信力を校外学習とキャリア教育の2つの柱で伸ばします。

 中学の校外学習は毎年、林業、漁業、農業を体験するフィールドワークに臨みます。自然の恵みと厳しさに向き合って暮らす人たちから話を聞き、自分たちも体験することでさまざまな刺激を受け取るのです。

中1の夏休みに行った沼津校外学習では、漁業を体験しました。魚市場や沖合の鯛の養殖いけすを見学し、漁や網の修理にも挑戦したのです。学校に戻ってからは各班で学んだことをまとめて10月の文化祭『にちがく祭』で発表もしました。

「体験してまとめをすることを通して、次の興味へとふくらませていくのが創発学の面白さです」

 と話すのは担任の小飯塚祐也先生です。鯛の養殖を見学して帰ってきたあと、生徒たちは、マグロの養殖はなぜ難しいと言われるのかと疑問を広げていったそうです。

 校外学習当日の様子を中2生の古賀くんに聞いてみると、自動餌やり機についてや、鯛が日焼けをしないように日よけカバーをしていたことなどを詳しく説明してくれました。

中1から始まる『創発学』
集大成は研究論文
「創発学」を通して考える力と発信力を養う

 堂々と発表し、関心を広げられるようになるにはフィールドに出て取材し、考えをまとめて発表する体験の積み重ねが必要です。最初のフィールドワークは、入学直後に行く山梨県でのオリエンテーション合宿から始まります。そこでの林業体験をレポートしたB4判の『林業新聞』を見せてもらいました。

「話を聞きながらメモに書き留めるのは難しかった」

 と振り返る大竹くんは得意のイラストで新聞を作りました。チェーンソーの仕組みや木を切るときの動かし方、刃の当て方などを解説しました。

 担任の小飯塚先生が

「良く覚えているなあ」

 と褒めると、

「あの時、僕たちより先生がいろいろ質問をしていましたよね」

 と古賀くんたち。生徒の得意なことを伸ばすには、心を動かす体験をさせること。そのためには先生自身が何かに「心動かされるさま」を、ありのままに生徒に見せること――。同校の師弟のあり方が垣間見えた瞬間でした。

 中2の夏は栃木県へ農業体験に出かけ、農家に泊まる初めての「民泊」を予定しています。冬には中3から始まる『研究論文制作』のガイダンスがスタートします。個人でテーマを設定し、一人で書き上げなければなりません。中1~2で培った力をばねに、生徒たちは知的好奇心をふくらませながら挑んでいきます。

Off-Campus Learning
1
漁業体験で魚を捌いてみました

魚を三枚におろすのはほとんどの生徒が初体験。
漁協の方がていねいに捌き方を教えてくださいました。

2
漁業体験で魚の保存について学習

市場でマグロの保存や良いマグロの見分け方などの説明を受けています。
普段目にすることがない光景で一生懸命にメモを取っていました。

3
木を伐採する林業体験

これから木を切るところですが、どのように切るかを考えます。
仲間と一緒にさまざまな考えを出し合うことも大切です。

4
魚市場で水揚げを見学

早朝から水揚げやセリの場面などを見学。発表のための材料がたくさん得られたようです。

ココも注目!
先生と生徒が一体になる体験授業
中2の大竹くん(左)、古賀くん(中央)と、楽しく語らう担任の小飯塚先生(右)。会話からも仲の良さと絆の強さを感じます。中2の大竹くん(左)、古賀くん(中央)と、楽しく語らう担任の小飯塚先生(右)。会話からも仲の良さと絆の強さを感じます。

 担任の小飯塚祐也先生と中1オリエンテーション合宿・林業体験の思い出話に花が咲きます。このときは木材を活用する『バイオマス発電』の話を林業家の方にしてもらったそうです。さまざまな社会的課題に気付くきっかけを体験活動にどう織り込むか。プログラムは毎年工夫を重ねています。

(この記事は『私立中高進学通信2016年7月号』に掲載しました。)

日本学園中学校  

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-7-34
TEL:03-3322-6331

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】自転車部の部長や生徒会長として活躍 独自の教育が学びの礎となった6年間
【未来を切り拓くグローバル教育】3種の海外研修が積極性と英語力をアップ
【校長が語る自立へのプロセス】創造してきちんと発信する「創発学」その学びは生徒たちに生きています
【SCHOOL UPDATE】『高校創発学』新規導入でさらに強化 創造力・発信力・思考力を鍛える独自プログラム—『創発学』
【私学の英語最前線】独自の『創発学』を応用英語をやる気になる授業
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】職業人との対話が将来の自分を描くきっかけに
【グローバル時代の学び方】日本語と英語を同時に強化 創造し発信する力を養う
【The Voice 校長インタビュー】デジタルの時代だからこそ大切なリアル体験型学習
【Students' Chat Spot】仲良し4人が語る いま熱中していることや学校の魅力
【私学の光輝】にちがく祭 個の力を発揮しながら、生徒自らが築く学園の歴史
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】林業・漁業・農業体験は好奇心を刺激する貴重な時間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもの「思い」を基に得意な道で成長させる
【熱中!部活動】もっともっとうまくなって日本中の人に音楽を届けたい!
【目標にLock On_!! 私の合格Story】“創って発信する” 経験が「僕にもできる」という自信に
【部活レポート】鉄道研究部
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】『にちがく講座』とスケジュール管理を通して課題の発見・解決の基礎となる自学自習力を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】自己発信できる、創造型のリーダーをめざす生徒の受験に期待
進学通信2016年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ