Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年7月号

アクティブラーニングで伸ばす新しい学力

目白研心中学校

活発なグループワークを通じて“自ら気づく学び”を実践

最新の英語アプリやICTツールを使いこなす新世代授業
授業の最初に行うのは、生徒が2人1組で単語の意味をテストする1分間のペアワーク。生徒同士、励まし合いながら繰り返し音読して定着させます。

授業の最初に行うのは、生徒が2人1組で単語の意味をテストする1分間のペアワーク。
生徒同士、励まし合いながら繰り返し音読して定着させます。

ICTを活用した自学自習を 授業でさらに発展

 コミュニケーション力、問題発見・解決力、自己肯定力の「3つの力」を身につけることが、これからの社会で必要だと考える同校。中3から『Super English Course(SEC)』、『特進コース』、『総合コース』の3コースに分かれますが、これらの力を育むため、まずは英語教育に特色があるSECから新しい学びを導入しています。

 同校のアクティブラーニングのポイントは、ICTツールの活用とグループワークです。SEC2期生である高1のクラスの英語の授業を取材しました。少人数制のSECは、和気あいあいとした活気ある雰囲気。電子黒板とiPadをフルに活用して、問題の解き方を全員で共有しながら英作文の授業が進んでいきます。まずは自分で考えて問題を解きつつ、グループで疑問点やわからない点を話し合います。1人でもグループでも、自分で十分に考えたあとで先生から詳しい解説を聞くので、生徒たちは「わかった!」と深く理解するのです。

「大切にしているのは、自らで考え、学び取る自学自習の考えです。グループワークは、設問を多角的に捉えて考える訓練にもなりますし、柔軟な学び方を身につけられます。また、生徒同士が励まし合うことで自己肯定感も高め合い、良いコミュニケーションとは何かを学ぶこともできます」(英語科/小久保愛美先生)

今後は他コースでもアクティブな学びを導入

 グループワークで気づきを促す授業は、ほかの教科でも大きな手応えを残しています。

「他のコースで2時間かかる家庭科の授業も、SECは普段からグループワークを行っているので取り組みがスピーディーです。授業中の反応も非常にいいです。活発に多角的な意見を出し合う姿に、ファシリテーション能力、プレゼンテーション能力がついていることを実感します」
(家庭科/久保多賀子先生)

 2015年からは生徒が自ら決めたテーマを数カ月間かけて研究して、英語で世界に発信する『ジーニアス・アワー』も導入しました。2016年は、高1〜2が合同で研究やプレゼンを進めていきます。

 今後はSECで培ったアクティブラーニングのノウハウを教師間でも共有し、他コースでも活用すべく準備を進めたいという同校。「3つの力」の育成は、新たな段階へと歩みを進めることでしょう。

『Super English Course』高1の英文法の授業
Active Learning Step1
授業で扱う単元の宿題が事前に出る

事前にiPadアプリ「smrt」の問題が宿題に出ます。設問もオールイングリッシュです。生徒たちはわからないながらも、自力で考えて問題を解いてから授業に臨みます。

Active Learning Step2
iPadでグループワークをしながら英作文

Googleドキュメントを使って、クラス全員が同時編集しながら英作文。リアルタイムで生徒が書き込んだ答えがiPad上と電子黒板に表示されていきます。グループワークで教え合いながら解いていきますが、つまずいているようなら、小久保先生が解答をチェックしながらサポートします。

Active Learning Step3
先生と質疑応答しながら生徒が回答

書き上がった英作文を、起立して1人ずつ発表。英語的な抑揚や身振り手振りを加えて、みんな堂々と英語で答えます。先生からはフィードバックがあります。

Active Learning Step4
小久保先生が設問の意図を解説

解いた英作文の出題は、宿題と類似した問題でした。先生が実際に解いた英作文をもとに設問の意図を解説すると、学びのテーマが「疑問文の答えとなるsubject とobjectの違い」であると理解した生徒たち。

Active Learning Step5
「わかった!」生徒が学習の全体像を理解
「そうだったのか!」と生徒から気づきの声が!「そうだったのか!」と生徒から気づきの声が!

「そうか!わかった!」と気づきの声があがります。気づきで理解が定着したのです。宿題に立ち返り、もう一度、トライ。今度は理解したうえで解くので、自分で間違いに気がつき、修正できます。

Active Learning Step6
次回の授業範囲の予習が宿題に出る
目白研心が進める未来への設計図
「未来を生き抜く3つの力」
「未来を生き抜く3つの力」

SECのアクティブラーニング型授業は、教師がサポーターとなり、グループワークを通じて「コミュニケーション力」「問題発見・解決力」をしっかりと身につけさせます。さらに、自ら発見したテーマを自主的に乗り越えることで、達成感と同時に「自己肯定力」も自然に伸びていくのです。

目白研心が日本初導入
英語学習「smrtプログラム」とは?

 SECの英語授業では、カナダで開発された英語学習カリキュラム『smrt』を取り入れています。生徒はiPadにアプリをインストール。電子黒板とも連動しています。今回取材した授業も、smrtから抜粋した問題を宿題や英作文で活用していました。

「海外の英語学校で使われる英語教材がベースになっています。解説も問題集もすべて英語で、学校としては本校が日本初導入となります。私の授業では、授業で扱う項目の解説をノートにまとめ、問題を解くことを宿題としています。授業では問題の答え合わせを通して理解を深めています」
(小久保先生)

(この記事は『私立中高進学通信2016年7月号』に掲載しました。)

目白研心中学校  

〒161-8522 東京都新宿区中落合4-31-1
TEL:03-5996-3133

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】夢と個性と学力を健やかに育む
【Students' Chat Spot】一人ひとりの力を伸ばしてくれる学校
【SCHOOL UPDATE】体験重視の教育 グローバル社会に貢献するために3つの力を育成
【グローバル特集 留学】6カ国22校と提携! 目的と希望に合わせて選べる留学 
【校長が語る自立へのプロセス】失敗してもいいから積極的にやってみるそうした体験の中で人は作られます
【学校生活ハイライト】先輩から後輩へと“物語”を紡ぐ平成最後を飾る『桐陽祭』
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会、校内見学、個別相談 生徒たちがイキイキと活躍!!
【The Voice 校長インタビュー】英語」と「体験」が育むグローバル教育来年度より「次世代スキル入試」も導入
【SCHOOL UPDATE】英語力や表現力を評価発信する力を伸ばす
【大学合格力強化計画】右肩上がりで上昇する合格実績 確かな進路選択で目標達成をめざす
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期はさまざまな体験をさせ 未来を生きる力を育むチャンス
【Students' Chat Spot】『じぶん、世界化。』をテーマに、「コミュニケーション力」「問題解決力」「自己肯定力」の3つの力を伸ばし、グローバルに活躍する人を育てる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】異文化理解と発信力を高める社会科「世界事情」の授業
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】活発なグループワークを通じて“自ら気づく学び”を実践
【キャンパスのVISION】生徒の個性を尊重し心の成長と自学自習の力を育むキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】10年後、20年後のグローバル社会に適応できる人材育成を
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】主体的に将来を選び取る3段階の選択ステージ
【The Voice 校長インタビュー】自分で人生を選択できる人間を育てたい これからの生徒達のための一貫教育へ
【キャンパス歩き】空が広い高台のキャンパス 光あふれる校舎が生徒をのびやかに育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】英語力を発展させ対話力で世界と渡り合う
進学通信2016年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ