Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年7月号

グローバル時代の学び方

佐野日本大学中等教育学校

ASEAN諸国と教育連携
ALT授業で英語力を強化

中国、マレーシア、オーストラリアと新たな交流がスタート
アメリカ出身のマーシー先生と英語科の丹野先生の授業は、明るく楽しく進みます。

アメリカ出身のマーシー先生と英語科の丹野先生の授業は、明るく楽しく進みます。

新たな取り組みにより交流範囲を大幅に拡大

「学びを継続的に充実していける中等教育学校の利点を、グローバル教育でも活かしたい。そのためにいくつかの新たな取り組みをスタートしました」

 そう話すのは2015年に就任し、同校に新風を吹き込む渡邊明男校長先生です。これまで行ってきた海外研修に加え、2016年からはASEAN諸国の学校と新たに提携。双方の学校を訪問するなど、さまざまな交流が始まりました。

「提携先は、10年後の社会を念頭に置いて探しました」

 と渡邊校長先生。オーストラリアは貿易を通して日本との関係が深く、時差が少ないことからタブレットを利用した交流も行われています。日本語を第一外国語として学ぶ、中国の有名校・月壇中学校とも交流が始まりました。マレーシアとは、互いに学校を訪ね合う『フィールドワークツアー』がスタート。6月には同校の生徒32名がマレーシアを訪れる予定です。夏休みにはハーバード大学の学生が講師となり、英語でグループワークをしながらクリティカルシンキングや英語表現を養う『SLICEプログラム』も新たに導入されました。

※クリティカルシンキング…客観的な批判精神に基づいた、論理的な思考法。考え方の技術。

グローバルな力となる論理的思考と英語力を磨く

 同校では論理的思考力がグローバル時代に不可欠だと考え、その育成にも力を入れています。国語の授業では、『論理エンジン』という教材を使って、自分で考えをまとめ、論理的にアプローチする学びを実施し、英語、日本語ともにディベートを多く行っています。

 確実な英語力の習得にも力を入れ、英語の授業にはALTの先生が指導に入ります。より英語力を高めたい生徒にはタブレットを利用したオンライン英会話レッスンも始まりました。

「こうした取り組みに早い段階で参加し、そこで受けた刺激を日々の学習や将来の夢に活かしてほしいと思っています。また、6年間でさまざまなプログラムに何度も参加し、広い視野を持ってほしいですね」
(英語教諭・国際交流部部長/丹野隆史先生)

※ALT…外国語指導助手=Assistant Language Teacherの略。日本人教員を補佐し、生きた英語を教える英語を母語とする外国人を指す。

チャレンジする生き方を育てる

「グローバルとは、ボーダレス(国境がない)ともつながります。そうした時代に、国内外を問わずチャレンジングな生き方をする生徒を育てたい。そのための国際交流であり、論理的思考力の育成です。自国内にとどまらず広く世界を見据えている同年代の生徒と出会うことで、多くの刺激と学びを得ることでしょう」
(渡邊明男校長先生)

Action Report File001
すべての取り組みを統合して国際感覚を磨く
国際交流プログラムが2016年からさらに充実
国際交流プログラム
Action Report File002
『フィールドワークツアー』が始動
マレーシアへプチ交換留学

2015年に始まったマレーシア・Sri UCSI中等教育学校との教育連携。昨年はUCSI校の生徒が同校生徒の自宅にホームステイし、一緒に授業を受けました。今年、2016年6月には、同校生徒がUCSI校に10日間滞在します。参加生徒の中には、マレーシアの生徒のホストファミリーとなった生徒もいます。

「お互い片言でも留学生と英語で話せて楽しかった」、「苦手な英語に興味が出た」、「将来のために英語力を伸ばしたい」と、来るべきツアーへの期待と夢を話してくれました。

Action Report File003
自然と英語的な感覚や表現力が身につく
ALT教員のリードで学びを充実
中1がオールイングリッシュで自己紹介

1年生(中1)のイングリッシュルームでの授業は、ALTのキャリー先生と英語科の細井健先生により、すべて英語で行われます。この日のテーマは自己紹介。「Ready Go!」の合図で16個のマス目が書かれた紙を持った生徒同士が、1対1で自己紹介をします。自己紹介が終わったら相手の紙にサインをして次の人を見つけます。16個のマスがすべて埋まったら、次はその紙を使ってビンゴゲーム。楽しみながら、英語に慣れていきます。

場数を踏んで英語に慣れる場数を踏んで英語に慣れる
キャリー先生が発音や言い回しをチェックキャリー先生が発音や言い回しをチェック
英単語探しやしりとりで語彙力アップ!

4年生(高1)の英語の授業は単語をテーマに、ALTのマーシー先生が授業をリードし、英語科の丹野先生がフォローする形で進められました。ヒアリング力が試される聞き取りゲームや英単語のしりとりなど、楽しみながら語彙力を高める授業が行われました。班別で点数を競うため、メンバーで協力しながら大いに盛り上がりました。

先生の言った単語を探し出せ!先生の言った単語を探し出せ!
いつもポジティブなマーシー先生いつもポジティブなマーシー先生

(この記事は『私立中高進学通信2016年7月号』に掲載しました。)

佐野日本大学中等教育学校  

〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
TEL:0283-25-0111

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】「ニュージーランド ターム留学」がスタート自分と向き合い英語力を磨く3カ月
【熱中!部活動】文化部の全国大会である「総文祭」に昨年、2回目の出場
【私学の校外学習・学外交流】世界をぐっと身近にする多彩な姉妹校との交流プログラム
【THE VOICE 校長インタビュー】『自主創造』の精神のもと世界へと羽ばたく人材育成をめざす
【キャンパスのビジョン】広々とした快適な空間で読書活動にはげむ
【制服物語】制服のリニューアルとともに 心も新たに『第2世紀』へ踏み出す
【職員室のヒミツ】充実したサポート体制で生徒一人ひとりの進路の実現と豊かな人間性を育む完全一貫教育校
【制服物語】フルモデルチェンジした制服とともに2017年から新たな一歩を
【グローバル時代の学び方】ASEAN諸国と教育連携 ALT授業で英語力を強化
【未来を生き抜く学力のつけかた】世界に向けてネットワークを構築し 問題を解決できるタフな人材を育成
【キャンパスのVISION】蔵書数8万冊を誇る自慢の図書館は好奇心を満たす知的空間
【The Voice 新校長インタビュー】自ら考え、自ら調べ自ら行動する人間の育成 21世紀を生きる土台づくりの6年間
【キャンパス歩き】豊かな自然に囲まれた広大な敷地と充実の施設で“新たな自分”を発見する6年間
【On Going! 進歩する私学の注目情報】4・5年生の全生徒がタブレット端末の使用を開始!本格化するICT活用
【学びのプロセス】タブレット端末などを活用する反転授業
進学通信2016年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ