LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年7月号

グローバル時代の学び方

文京学院大学女子中学校

理系テーマから世界を考える

タイの留学生とイングリッシュ×サイエンスを体験
タイの高校生たちと英語でコミュニケーションを取りながら一緒に実験。先生からの英語での指示をきちんと理解して、見事に成功させました。

タイの高校生たちと英語でコミュニケーションを取りながら一緒に実験。
先生からの英語での指示をきちんと理解して、見事に成功させました。

最先端科学を体験し将来への夢をふくらませる

 2012年に同校は科学技術系人材を育成するスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、理系分野への学びをより充実させてきました。SSHの一環として、今年も行われたのが、4月16日から5日間にわたって開催された『サイエンスフェア』です。

 最先端の技術に触れる機会がふんだんに設けられており、大学教授を招いての特別講義をはじめ、JAXAでは宇宙ロケットについて、企業の研究所では最新の建築技術についての講義を受けました。大学のキャンパスでは最新のロボットに触れる機会も設けられ、 科学という分野を通してグローバルな視点を育てています。

「大学の講義や科学技術の現場で働く人から話を聞くことで、生徒の興味の幅が広がります。自分のやりたい分野が見えてきて、先進的な研究を行う国公立大学への進学をめざすなど、学習に対するモチベーションや大学選びにも強く結びついています」(SSH教育センター長/雨宮正典先生)

理系分野を英語で理解し発表する力を養う

 2015年からスーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイトの指定も受け、国際理解力と英語力を養うグローバル教育にも力を入れています。フェアには毎年、教育連携校であるタイのプリンセス・チュラボーン・サイエンス・ハイスクール・ペッチャブリ校の生徒も参加するため、講義や実験はオールイングリッシュで行われます。日本と同じく、英語を第二言語とするタイの生徒たちとの交流や英語での講義は、大きな刺激になるようです。

 また、『ポスターセッション』では、日ごろの研究成果を英語で発表します。英語で専門的な内容を深く探究したことが自信につながり、堂々としたプレゼンテーションができました。

「フェアでの体験を通して、『もっと英語を話せるようになりたい』と英語学習への意欲も高まります。12月には同校の選抜チームが、タイでのサイエンスフェアに参加します」(SGH教育センター長/水上茂先生)

Action Report File001
英語でサイエンスを学ぶ
オールイングリッシュによる大学教授の特別講義

『サイエンスフェア』2日目には、大学教授がそれぞれの専門分野について、実験を交えながら解説する特別講義が行われました。そのテーマは身近なものから理系的なものの見方、考え方を促すものばかりです。同校の生徒もタイの生徒も集中して講義を受け、物理や科学のしくみや法則を英語で理解しながら、学問する楽しさ、面白さを体験しました。

身近な題材をテーマにした特別講義
お茶の水女子大学理学部
森川雅博先生
光と音の謎について
東邦大学理学部 幅田揚一先生
千葉工業大学工学部
池田茉莉先生
化合物の構造や電子的な性質についてコンピュータを使って調べる講座
女子栄養大学短期大学部
渋谷まさと先生
唾液分泌・循環系の基本的実験
工学院大学先進工学部
小麥真也先生
電磁波を観察できる望遠鏡による宇宙研究について
芝浦工業大学工学部
堀顕子先生
分子間相互作用について
化合物の複雑な構造をモデリングソフトウェアで体感化合物の複雑な構造をモデリングソフトウェアで体感
物質を混ぜることで目の前で変化する現象を体験物質を混ぜることで目の前で変化する現象を体験
column
ランチでも交流

タイの生徒に同校の生徒が1人ずつバディとしてつきます。ランチタイムは、タイの生徒たちもホストファミリーによる手作りのお弁当を持参。同校生徒と一緒に楽しいひとときを過ごしました。

Action Report File002
理系分野の研究成果をプレゼンテーション
英語で発表する『ポスターセッション』

ポスターセッションには、同校やタイの生徒たちに国内のSSH校も加わって、44のグループが参加。ポスターには各グループが設定した課題について、中1から研究してきた成果を英語でまとめました。発表者は自分たちで作成したポスターの横に立ち、研究の詳しい内容を参加者に英語で説明しました。他校の生徒や午前中に特別講義を行った大学の先生からも質問が寄せられ、活発な意見交換の場となりました。

自分の研究を英語で解説気分は科学博士自分の研究を英語で解説
気分は科学博士
タイの生徒の発表に英語で質問タイの生徒の発表に英語で質問

(この記事は『私立中高進学通信2016年7月号』に掲載しました。)

文京学院大学女子中学校  

〒113-8667 東京都文京区本駒込6-18-3
TEL:03-3946-5301

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】生徒主体で行われた「学校説明祭」部活動体験や制服試着も!!
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりを先生がきちんと見てくれているその安心感と信頼はかけがえのないものです
【目標にLock On!! 私の成長Story】中学も高校も生徒会長として悩んだからこそまた壁があっても乗り越えていけると思う
【みんな大好き キャンパス食堂】中学3年間は「給食」を実施 健康な心身を育む伝統の食育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】教師は常に生徒に寄り添いながら6年間を共に学ぶという姿勢を貫く
【中1の始め方】創立の理念を受け継ぐ伝統教育が21世紀を生き抜く力を育む
【私学の光輝】文女祭
【グローバル時代の学び方】理系テーマから世界を考える
【SCHOOL UPDATE】SSラボ 教えることが学びになる小学生向け実験教室
【Students' Chat Spot】1年生の3人が希望するコースの授業内容や学校の魅力を紹介
【キャンパスのVISION】生徒が主役!アクティブに学び、考え 感動、発見をわかち合う
【授業発見伝】理数実験 探究心あふれる女性サイエンティストを育成
【On Going! 進歩する私学の注目情報】「好き」を「得意」に!キャリアを見据えた3つのコースを新設
【部活レポート】吹奏楽部/バスケットボール部
進学通信2016年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ