Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年6月号

SCHOOL UPDATE

田園調布学園中等部

オルセースクールミュージアム
21世紀型の主体力を育てる!!

「しゃべるゴッホ」はパレットの上の絵の具がボタンになっており、そこを押すと、生徒が録音した先生たちの声が流れる仕組みになっています。「ごく簡単な仕組みなのですが、アイデアをカタチにして実際にでき上がったときには、生徒たちの歓声が上がりました」と卒業生でこの企画を引っ張っていく役割を果たしたおかだゆかさん。

「しゃべるゴッホ」はパレットの上の絵の具がボタンになっており、
そこを押すと、生徒が録音した先生たちの声が流れる仕組みになっています。
「ごく簡単な仕組みなのですが、アイデアをカタチにして実際にでき上がったときには、生徒たちの歓声が上がりました」
と卒業生でこの企画を引っ張っていく役割を果たしたおかだゆかさん。

「21世紀型スキルを育てよう」をキーワードにしている同校。国際化、情報化がめまぐるしく進む現代で、新しい職業が生まれ、求められる社会人像も変化しています。移り変わりの早い現代社会で活躍できる人になるように、中高の6年間で“根っこ”を育てる教育を目指しています。

 学園創立90周年記念行事の一環として美術館を自分たちで作ることをテーマにしたオルセースクールミュージアムもその取り組みの一つ。

「リマスターアート展を取り入れている学校は他にもありますが、アートーク(※1)やしゃべるゴッホ(※2)といった生徒が考案したオリジナルイベントを開催しているのは本校だけです。これらのイベントは、6月から有志のプランナーを募り、半年以上をかけて準備してきました」

 と、社会科教師でこのプロジェクトを中心となって率いてきた坂本登先生は説明します。

 準備期間中には、美術展の企画作りからCMやチラシ制作まで、美術展を開催するにあたって、必要なノウハウをその道のプロから得られるワークショップを開き、教師と生徒が一緒になって学びを積み重ねていきました。

 そのなかで、「CMを作りたい」「チラシはミニ冊子にできるデザインにしよう」などの声が上がり、そのアイデアを確実に形に変えてきました。

「プロセスを一つひとつ大切にして、時にはピンチをチャンスに変えながらOGやプロの力を借りて思いを形にしていきました」(坂本先生)

 企画の立案からイベントの運営までを行った体験は、きっと人生に深く根を張ることでしょう。そして、将来大きく枝を広げ、葉を茂らせていってくれることでしょう。

(※1)絵画を鑑賞しながら対話することで、その絵に対する理解を深める取り組み。
(※2)生徒たちがプログラミングを行ったボタンを押すと、壁にかけたゴッホの絵がしゃべるという斬新な発想を取り入れた展示。

生徒が考案したオリジナルイベントを開催
小学生や地元の方たちも来場してもらえるように、絵を楽しむ仕掛けを考えました。
小学生や地元の方たちも来場してもらえるように、絵を楽しむ仕掛けを考えました。

小学生や地元の方たちも来場してもらえるように、絵を楽しむ仕掛けを考えました。

企画からイベント設営まで生徒の手による美術展
「アートーク」を行っている様子。一つの絵を見ながら対話することで、自分以外の人の絵の見方を知ることができます。「そんな見方があったんだ!」と驚く姿も見られました。「アートーク」を行っている様子。一つの絵を見ながら対話することで、自分以外の人の絵の見方を知ることができます。「そんな見方があったんだ!」と驚く姿も見られました。
書道部がオープニングで書いたもの。躍動感あふれます。書道部がオープニングで書いたもの。躍動感あふれます。
展示を見るだけでなく、実際に作品づくりに加わったり、塗り絵を楽しめるコーナーも用意されていました。展示を見るだけでなく、実際に作品づくりに加わったり、塗り絵を楽しめるコーナーも用意されていました。
絵を模写する生徒。展示期間中に生徒や閲覧者が模写した絵も、廊下に飾られていました。絵を模写する生徒。展示期間中に生徒や閲覧者が模写した絵も、廊下に飾られていました。
卒業生のおかだゆかさん。教育実習生として卒業校に戻った際に、この企画に加わることが決まりました。「自由な発想を、自信を持ってできるようになるといいなと思って取り組んできました」(おかださん)。卒業生のおかだゆかさん。教育実習生として卒業校に戻った際に、この企画に加わることが決まりました。「自由な発想を、自信を持ってできるようになるといいなと思って取り組んできました」(おかださん)。

 ネット上で生徒の作ったCMが公開されています。「CMを作りたい!」という声が生徒から上がったため、電通のCMプランナーを講師に招いてワークショップを実施。企画から編集まで生徒の手によってCM作成が行われました。

(この記事は『私立中高進学通信2016年6月号』に掲載しました。)

田園調布学園中等部  

〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8
TEL:03-3727-6121

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】“つなぐ”ことで思考が深まる教科横断型の授業
【SCHOOL UPDATE】第二校舎~創造探究棟~の授業 多彩な「教科横断型授業」で知識と感性を“つなぐ”
【注目のPICK UP TOPIC!】情報収集、情報発信にフル活用 双方向の授業を拡充する
【キャンパスのビジョン】“人生100年時代”を生きる生徒へ 第二校舎~創造探究棟~
【その先に備えるキャリア教育】統計 “統計”教育によって社会で必要なスキルを身につける
【私学の英語最前線】高い英語力を維持する少人数制『取り出し授業』
【SCHOOL UPDATE】“未来へつなぐ土曜日”で外の世界へ一歩を踏み出す
【グローバル時代の学び方】ニュージーランドで学ぶターム留学がスタート
【6年間の指導メソッド】英語で主体的に発信できる生徒を育てる
【私学だからできるオリジナル教育】時代に合わせて進化 『土曜プログラム』講座
【注目のPICK UP TOPIC!】人としての「根っこ」を育てる6年間
【私学の光輝】なでしこ祭 Breakthrough“伝統と新しさ”を発信する場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考力の高い生徒を育てる協同探求型授業
【SCHOOL UPDATE】オルセースクールミュージアム 21世紀型の主体力を育てる!!
【注目のPICK UP TOPIC!】友と重ねた毎日が今の自分に活きている
【SCHOOL UPDATE】土曜プログラム(コアプログラム) 発達に応じた多彩なテーマで「21世紀型スキル」を磨く
【10年後のグローバル社会へのミッション】自ら考え発信する「21世紀型スキル」を養う
【学びのプロセス】未来へつなぐ21世紀型スキル
【全人教室│心を育む私学の授業】21世紀型スキルを育む 土曜プログラムが進化・深化します
【On Going! 進歩する私学の注目情報】他との調和を図れる人間性を重視した国際人教育へ
進学通信2016年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ