LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年6月号

学校生活ハイライト

聖学院中学校

Only Oneの自分をつくる
第一歩となる新入生合宿

信頼や絆など、目に見えないものを学ぶキリスト教の倫理教育を実践する
フワフワ言葉をピンク色の付箋に書き、チクチク言葉を青色の付箋に書いていきます。あっという間に埋まるのはチクチク言葉。自分を振り返るいいきっかけになります。

フワフワ言葉をピンク色の付箋に書き、チクチク言葉を青色の付箋に書いていきます。
あっという間に埋まるのはチクチク言葉。自分を振り返るいいきっかけになります。

『Only Oneの自分らしさ』と、『for Othersの他者のために』を理念にする聖学院。キリスト教を礎に築いてきた110年続く男子校教育のスタートは入学式の翌日から行われる2泊3日の軽井沢新入生合宿。「友達ができるかな?」「みんな頭良さそうだな」と不安いっぱいで入学してきた生徒たちも合宿から帰ってきたときには、もう仲間。これから6年間かけて絆を固くしていきます。

 入学式の翌日から2泊3日で行われる新入生合宿。「友達づくり」「クラスづくり」「6年間の生活を学ぶ」の3つを目標としています。

「学校は勉強を教える前に、人を育てるところです。社会に出たときには、どんな人間なのか、信頼できる人なのかという人間力をまず見られます。この人間力はどこでつくられるのかというと中高6年間なのです。
 人の目はごまかせても神様の目はごまかせません。信頼や絆といった目に見えないものこそ大切なのだと学ぶこと、これがキリスト教の倫理教育の最も大事なベースとなります」

 と話すのは副校長の清水広幸先生です。合宿では、食事の前に神様への祈りを捧げ、欧米スタイルの大皿で提供される食事を摂ります。

「食事をシェアするときに、みんなのことを考えて自分の分を取らないと、おかずがいきわたりません。こういった経験による学びを積み重ね、for Othersについて理解していきます」

 2016年の合宿では、フワフワ言葉(うれしい言葉)とチクチク言葉(傷ついた言葉)を付箋に書くというグループワークを行いました。これにより、知らない間に使っていた言葉について自覚し、その言葉によって自分がどんな気持ちを抱いていたかに気づきます。すると、

「人格を否定する言葉ではなく、お互いに肯定的な言葉をかけていくようになります」(清水先生)

 それぞれがOnly Oneであると気づき、他者を認め合えるようになる合宿でした。

中1から高3まですべての生徒が入る講堂。毎朝15分間の祈りの時間に、日々当たり前のようにある両親の愛や健康などに感謝することを学んでいきます。中1から高3まですべての生徒が入る講堂。毎朝15分間の祈りの時間に、日々当たり前のようにある両親の愛や健康などに感謝することを学んでいきます。
教師と生徒の距離感が近いのも同校の特徴。「先生から本をいただいて読書することもあります。僕は小説が好きです」(N.Kさん/左)。教師と生徒の距離感が近いのも同校の特徴。「先生から本をいただいて読書することもあります。僕は小説が好きです」(N.Kさん/左)。
宿舎に着いたときは不安そうな面持ちだった中1生も、合宿を終え帰宅すれば、気の合う友達もできて「楽しかった!」と笑顔に。保護者の不安も吹き飛びます。宿舎に着いたときは不安そうな面持ちだった中1生も、合宿を終え帰宅すれば、気の合う友達もできて「楽しかった!」と笑顔に。保護者の不安も吹き飛びます。
9割の生徒がクリスチャンではありません。初めてキリスト教に触れるのも新入生合宿の時。祈りの時間、何を思っているのでしょうか……?9割の生徒がクリスチャンではありません。初めてキリスト教に触れるのも新入生合宿の時。祈りの時間、何を思っているのでしょうか……?
楽しい食事の時間にも学びが隠されています。特に男の子は体験によって得ることが多いため、同校では体験学習の機会を多くつくっています。楽しい食事の時間にも学びが隠されています。特に男の子は体験によって得ることが多いため、同校では体験学習の機会を多くつくっています。
フワフワ言葉とチクチク言葉のグループワークを行った後のドッジボールでは、ミスした生徒にも「ドンマイ」など肯定的な言葉を投げかけるようになるそうです。フワフワ言葉とチクチク言葉のグループワークを行った後のドッジボールでは、ミスした生徒にも「ドンマイ」など肯定的な言葉を投げかけるようになるそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2016年6月号』に掲載しました。)

聖学院中学校  

〒114-8502 東京都北区中里3-12-1
TEL:03-3917-1121

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】英語の4技能強化に加え世界で生きる力を鍛える
【未来を切り拓くグローバル教育】多彩な文化との出会いが生徒の心を大きく育てる
【実践報告 私学の授業】スタートは図形の楽しさを見つけることから 汎用的な数学的思考力につながる「幾何」の授業
【みんな大好き キャンパス食堂】上級生の気配りが連鎖して広がる どんな生徒にも居場所があり心地よく温かな食堂
【目標にLock On!! 私の成長Story】たくさんの人の気持ちに寄り添えたことが必ずこれからの人生の礎になる!
【6年間の指導メソッド】『育てたい生徒像』を土台にしたカリキュラム
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】21世紀型教育の先進校 生徒飛躍の源はコレだ!人気校が実践する教育の進め方
【熱中!部活動】鉄道研究部/バドミントン部
【学校生活ハイライト】Only Oneの自分をつくる 第一歩となる新入生合宿
【未来を生き抜く学力のつけかた】独自の学習プログラムL.L.T.で 自ら考え、学ぶ探究心や共に生きる力を育てる
【未来を生き抜く学力のつけかた】答えのない問いの「納得解」を探す力をつける21世紀型教育
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】学ぶ楽しさを体感する聖学院の21世紀型教育 「思考力を育てる」プロジェクトで生徒に芽生える新しい学力
【学校生活ハイライト】互いを知り、認め合う新生活の不安を吹き飛ばし1年生が一回り成長する 軽井沢の新入生合宿
【その先に備える キャリア教育】自分にしかない“賜物”を見つけて社会のために役立てる
【大学合格力強化計画】多彩な学校行事を通じて社会を知り 生徒の「学びたい」気持ちを引き出す
【全人教室│心を育む私学の授業】答えがひとつではないテーマに取り組む L.L.T.
進学通信2016年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ