Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年4・5月合併号

10年後のグローバル社会へのミッション

駒込中学校

「なりたい自分になる」ための礎となる国際理解教育

中3の夏休みには4泊5日の学習合宿を実施。生徒同士の仲間意識、教員との信頼関係を育むと同時に、学力の伸長を図っています。

中3の夏休みには4泊5日の学習合宿を実施。生徒同士の仲間意識、教員との信頼関係を育むと同時に、学力の伸長を図っています。

国際水準の教育への変革を推進 英語特別枠入試もスタート

 大学入試の制度が大きく変わり、国境という概念がなくなりつつある現代。教育の質も国際水準へと様変わりすることが求められています。「これまで以上に、生徒の将来の選択肢が広がる教育が求められていると考えています」

 と国際部・英語科の川上久人先生は指摘します。

「街を歩けば英語はもちろん、中国語や韓国語などさまざまな言語を耳にします。既に始まっているグローバル化の中で、子どもたちは、知らず知らずのうちに外国人と競争させられる社会に生きているのです。将来、“なりたい自分になる”ためにも、土台として英語は最低限のスキルになるでしょう」

 新年度からは、英検に果敢に取り組んできた意欲の高い小学生や帰国子女などの受け入れを目的に、英語特別枠入試もスタート。同時に、これまでのアドバンスコース、スーパーアドバンス(イングリッシュ)コースも用意し、少人数での細やかな授業を展開します。

「日本ではできない経験を積んできた生徒も学校が歓迎することで、他の生徒が異文化を知るきっかけになって、また帰国子女にとっては、本校の仏教教育が日本を知る入口になることを願っています」(川上先生)

仏教主義による優れた人間教育が真の国際人を育てる

 同校では「英語を使わざるを得ない状況」に身を置くことを重視。中学から始まる特色あるイマージョン授業やスピーチコンテスト、英語キャンプなど数多くのプログラムを通して、実践の場で使うことのできる本当の英語力の育成に力を注いでいます。

「高校で実施している留学制度では、本人の何を学びたいのかという希望を第一に、現地校を選びます。日本にはない専門的な授業も履修でき、生徒は一回りも二回りも成長して帰ってきます」(国際部・英語科/西村郁美先生)

 また高校には、国際教養コースを新設。海外の大学を含む国際系・外国語系大学進学を視野に入れた国際標準のカリキュラムを用意しています。

 こうした先進的な国際理解教育の一方、仏教主義による優れた人間教育も同校の魅力です。例えば毎日の給食の前後には、命をいただくことへの感謝の気持ちをお唱えするほか、日光山や比叡山延暦寺での仏教修行も体験します。1200年の歴史を持つ天台宗・比叡山延暦寺を母山とする学校だからこその豊かな情操教育が、真の国際人を育てていきます。

駒込の取り組みレポート
中1から参加できる豊かな海外語学研修プログラムを実施

 日本を世界に発信できる人材の育成に力を注いでいる同校。

「これからは、言語を流暢に扱えるだけでなく、異文化への対応力豊かな人材が重宝される時代です。それを育むことが教育に求められています」

 と、川上先生は語ります。この学びを支えているのが同校のバラエティー豊かな海外語学研修制度です。中1から参加できるハワイセミナー短期語学研修を始め、今年度からは中3を対象にセブ島語学研修もスタートします。

「英語に対する反射力を鍛えるカランメソッドを用いて、確実に英語力を高めます」(西村先生)

 さらに中学での英語教育の集大成として、高1・高2ではオーストラリア・ニュージーランド海外高校留学制度があります。中期で3カ月、長期で1年のプログラムがあり、ホームステイをしながら現地校に通います。また高2では、マレーシア・シンガポール修学旅行も実施しています。

「修学旅行以外は希望者のみの参加ですが、希望者は年々右肩上がりで伸びていて、本年度のオーストラリア・ニュージーランド海外高校留学には44人が参加しました」(西村先生)

 留学先のニュージーランドから帰ったばかりの高2の河西舞衣さんは、「1年間の留学期間はあっという間で、帰りたくなかったほど。不自由なく話せる英語力を身につけ、将来は、海外で仕事をしたいと考えています」と語ってくれました。

自己への気づきを養う仏教教育

 仏教を柱とする学校ならではの特色に、修行体験があります。中2と高2で行う日光山研修では、法話や座禅、写経などの体験から生きる力とは何かを学びとっていきます。

 また高1を対象とする比叡山研修では、午前2時起床で漆黒の比叡山を30キロにわたって拝巡。この貴重な体験が、自己への気付きを促します。

「仏教が学べることは、志望理由のひとつでした。修行体験を通して、友人や先生との絆も深まりました」(高2・島村心さん)

英語で他教科も学ぶ特色あるイマージョン授業

 オールイングリッシュで学ぶイマージョン授業は、理想の英語学習ではありますが、英語を学び始めたばかりの中学生には困難も伴います。

 同校では、学習した英語の単元をイマージョン授業で復習するというスタイルを中1から実施し、学習の定着を図ります。1クラス30名規模を、さらに2分割した少人数クラスをネイティブと日本人の教員が担当。チームティーチングできめ細かい指導を徹底しています。高校では、さらに数学、社会、音楽などの他教科を英語で学習する授業も行っています。

 また、昼休みにはネイティブの教員が常駐するイングリッシュゾーンと呼ばれる教室も開かれており、生徒が日常的に英語に親しむ環境も整っています。

「イマージョン授業はとても楽しいです。わからないことがあっても先生は必ず答えてくれますし、先生方がとても親身なことが、この学校の魅力です」(高2・渡邉実来さん)

(この記事は『私立中高進学通信2016年4・5月合併号』に掲載しました。)

駒込中学校  

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-6-25
TEL:03-3828-4141

進学通信掲載情報

【みんな大好き キャンパス食堂】楽しく食べながら食に対する感謝の心を学んでいます
【SCHOOL UPDATE】3つの新たな取り組み 自己肯定感を持って自立し新時代に活躍できる人を育成する
【注目! News and Topics】セブ島語学研修とオンライン英会話教室でグローバル教育を充実させる
【私学の英語最前線】人間教育の伝統校が実践 時代に即した英語教育
【学校生活ハイライト】生徒会を中心に中高が団結 全員で力を合わせる玉蘭祭
【The Voice 校長インタビュー】世に必要とされる人々を時代に先駆けて育てる駒込の改革
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】『国際先進』と『本科』2018年度より新たな2コース制がスタート
【みんな大好き キャンパス食堂】給食を味わいながら学校の魅力がみつかる 大人気・給食試食会開催 !
【グローバル時代の学び方】イマージョン教育で確かな英語力を習得
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちの親身かつていねいなアシストで成長することができた6年間
【SCHOOL UPDATE】都心では味わえない豊かな自然と農村体験
【グローバル時代の学び方】英語が苦手な生徒も成長したセブ島語学研修
【10年後のグローバル社会へのミッション】「なりたい自分になる」ための礎となる国際理解教育
【SCHOOL UPDATE】給食試食会 在校生の保護者が引率して学校生活を“味わう”
【The Voice 新校長インタビュー】真の「グローバル」とは日本を解体することではなく開放することを意味する
【私学の光輝】先人の功績と歴史に思いをはせる 天台声明公演を開催
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】理科 物質がとける温度を測定しよう
【私学しゅん報】保護者も参加 給食試食会&学校説明会
【Students' Chat Spot】中学1年生全員参加となった日光山研修 日光山輪王寺で「心」を磨きます
進学通信2016年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ