Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年4・5月合併号

注目のPICK UP TOPIC!

浦和実業学園中学校

英語でのアウトプット力を高めるために

外国人へのインタビューにチャレンジ
 奈良・京都の街で、外国人観光客にインタビュー。勇気を出して声をかけました。

 奈良・京都の街で、外国人観光客にインタビュー。勇気を出して声をかけました。

質問に使用するフレーズは、英会話の授業で練習してから臨みました。質問に使用するフレーズは、英会話の授業で練習してから臨みました。

 国際的な視野に立ち活動できる人物の育成をめざして、『英語イマージョン教育』を実践している同校。イマージョンとは、「浸すこと」という意味で、学校生活のさまざまな場面で、ネイティブ教員の生きた英語に触れる機会を設けることで、生徒の英語力を高めています。

「英会話の授業だけではなく、体育、音楽、技術家庭、美術などの実技の教科や、ホームルームの副担任業務も行い、部活動の顧問を担当しているネイティブ教員もいます。日常的に英語に触れているので、リスニング力はどの生徒も身についていますが、英語を“話す”ことに関しては個人差があります。そこで、教育旅行(修学旅行)の機会を利用して、中3生が、外国人へのインタビューにチャレンジすることになりました」(中高一貫部英語科・イマージョンコーディネーター/水川瞳先生)

 中3の1学期に2泊3日で実施される「奈良・京都教育旅行」で、外国人観光客に英語で話しかけてインタビューを実施。事前の英会話の授業の中で、“Excuse me. May we ask you a few questions?(すみません。ちょっと質問していいですか?)”をはじめ、会話をはずませるためのフレーズを練習してから臨みました。緊張しながらの挑戦でしたが、一生懸命に英語を話す中学生の姿に、外国人の方も足を止め快く応えてくれました。

「最初は不安そうな生徒もいましたが、最終的には、自分の英語が通じたという自信がついたようです。インタビューをさせていただいた外国人は、英語圏だけではなく、アジアやヨーロッパなど、国籍もさまざまでした。国や地域によるイントネーションの違いなど、他国の人が話す生の英語を体験する良い機会になったと思います」

 英語でのアウトプット力をさらに高めるために、中3の3学期には、英会話の授業の一環として、英語での映画の撮影が行われます。5~6人のグループとなり、台本や配役なども自分たちで考えて映画を撮影して、『浦実アカデミー』と呼ばれる映画祭で発表。英語漬けの毎日を過ごした中学生活の集大成とも言えるイベントです。

「高1では、全員が参加する3週間の『ハワイ短期留学』が待っています。ハワイでは現地の人と交流し、これまで身につけた実践的な英語力を試します。英語でコミュニケーションをとるうえで一番大切なのは、相手に伝えたいという気持ち。やり取りを楽しむことで、コミュニケーション能力も自然と身についてくると思います」

来日した理由や、日本文化に触れた感想など、外国人の目から見た日本について質問しました。

 3学期の英会話の授業で行うのは、映画の撮影。3学期の英会話の授業で行うのは、映画の撮影。
でき上がった映画は、映画祭『浦実アカデミー』にて上映し、お互いの英語力を確認しあいます。でき上がった映画は、映画祭『浦実アカデミー』にて上映し、お互いの英語力を確認しあいます。
9月の文化祭では、教育旅行での経験をもとに、「奈良・京都を題材にした劇」を発表。演じることに自信をつけた後、英語での映画づくりに取りかかりました。9月の文化祭では、教育旅行での経験をもとに、「奈良・京都を題材にした劇」を発表。演じることに自信をつけた後、英語での映画づくりに取りかかりました。
ネイティブ教員がいつも身近に
『英語イマージョン教育』で生きた英語を身につける

「実学に勤め徳を養う」という建学の精神のもと、実社会で真に役立つ学問を身につけるための教育活動を行っている同校。その柱の一つが、『英語イマージョン教育』と呼ばれる国際教育です。ネイティブ教員は、生徒たちにとってとても身近な存在。中学1・2年の各クラスの副担任にネイティブ教員を配置したり、実技の科目の授業をネイティブ教員が英語で行ったりするなど、さまざまな場面で英語力を高める教育を実施しています。そんな環境で過ごすうちに、自然とリスニング力が身につき、ネイティブ教員が話す英語での指示や指導も理解できるようになります。

ホームルームや放課後の部活動など、授業以外の場面にも、ネイティブの先生が身近にいる環境。
ホームルームや放課後の部活動など、授業以外の場面にも、ネイティブの先生が身近にいる環境。

ホームルームや放課後の部活動など、授業以外の場面にも、ネイティブの先生が身近にいる環境。

(この記事は『私立中高進学通信2016年4・5月合併号』に掲載しました。)

浦和実業学園中学校  

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3-9-1
TEL:048-861-6131

進学通信掲載情報

【生徒会に聞く学校生活】「英語イマージョン」教育で毎日英語を使っています!
【目標にLock On!! 私の成長Story】ハンドボール部キャプテンとして活躍後志望大学合格を成し遂げた文武両道の6年間
【熱中!部活動】生徒主体で活動し自主性を養う
【未来を切り拓くグローバル教育】スピーチコンテストで英語の“発信力”を育てる
【私学の英語最前線】イマージョン授業の草分け “使える英語”を定着
【中学入試のポイント】選べる入試方式に幅広い層の生徒が集まる
【熱中!部活動】部活動を通して成長を促し未来に向かって羽ばたく
【その先に備えるキャリア教育】実学 実践的なビジネス体験で実社会で生き抜く力を育む
【私学だからできるオリジナル教育】学校生活に溶け込む英語イマージョン教育
【学校生活ハイライト】親密なコミュニケーションで言葉とともに多様性を理解する
【中1の始め方】充実のサポート体制で生徒を見守り 将来の夢の実現を応援する
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】国語の4技能“読む・書く・聞く・話す”を磨く『プロジェクトR』
【学校生活ハイライト】パンフレットも生徒が手作り 合唱祭で得られた自信と成長
【注目のPICK UP TOPIC!】英語でのアウトプット力を高めるために
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語に“浸る”毎日で使える英語を身につける
【キャンパスのVISION】勉強も!部活動も!意欲あふれる生徒がのびやかに活動
【部活レポート】生物部
【母校にエール!OGOB interview】卒業後も戻って来たくなる 家族のような学校です
【めざせ 次代のグローバルリーダー】イマージョン教育 10年間の成果 卒業生の国際的活躍
進学通信2016年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ