Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年4・5月合併号

熱中!部活動

東京女学館中学校

好きなこと、得意なことを通じて
また一歩、成長した自分に出会う!

茶道部・表千家
上級生たちは、朝からお掃除やお湯の用意などの準備を整えて、放課後のお稽古に臨みます。

上級生たちは、朝からお掃除やお湯の用意などの準備を整えて、放課後のお稽古に臨みます。

立ち居振る舞いの練習をする中学生。未経験で入部し、基本のお点前ができるようになりました。

 36あるクラブや同好会で、たくさんの生徒が活発に活動している同校。少人数のクラブから100名以上の大規模なクラブまで、それぞれが思い思いの活動に力を注いでいます。

「中1、中2に関しては、全員がクラブに入るように指導をしています。活動曜日さえ合えば、複数のクラブを兼部することも可能なので、自分の興味のある分野にチャレンジすることができます。また、運動系だけではなく、文化系のクラブが充実しているのも特徴の一つです」(広報室長/半田真先生)

 週に1度の活動を行っている茶道部・表千家では、中高合わせて14名の生徒が日本の伝統文化である茶の湯(お点前)の作法や茶道の心を、コーチの指導のもとで学んでいます。

「技術や礼儀作法を身につけることはもちろんですが、季節の移ろいとともに花を愛でたり、お菓子をいただいたりする中で、情緒についても学びます。また、一服のお茶をお出しする背景にあるおもてなしの心や気配りの大切さなど、心の鍛錬についてもご指導いただいています」(茶道部・表千家顧問/渡部さなえ先生)

 お稽古を受ける生徒たちの表情は、真剣そのもの。基本のお点前から始まって、だんだんと難しいお点前を学んでいきます。

「学校の中でも作法室は特別な空間。心静まる落ち着いた空気が流れています。凜とした雰囲気を大切にしつつ、それぞれの生徒の成長を見守る温かな空間を作っていきたいと思っています」(渡部先生)

中学の授業でも、茶道や華道を体験。日本伝統の「道」の習得を通して、豊かな心や落ち着きある態度、礼節を身につけます。中学の授業でも、茶道や華道を体験。日本伝統の「道」の習得を通して、豊かな心や落ち着きある態度、礼節を身につけます。
季節の花や掛け軸が飾られた作法室。情緒についても学びます。季節の花や掛け軸が飾られた作法室。情緒についても学びます。
茶道部・表千家部長
S.Sさん(高2)

それぞれの成長を見守ってくださる温かな雰囲気が茶道部・表千家の魅力です。だんだんと難しいことを行っていくので、まだまだ教えていただくことばかりです。

茶道部・表千家データ
■活動日/活動時間 木/15:50~17:20
■部員数 中1=6名、中2=4名、中3=1名、高1=2名、高2=1名
■主な活躍 校内記念祭(文化祭)でのお点前発表
ダンス部
基礎練習の様子。未経験で入部する生徒も、実力を伸ばしていきます。

基礎練習の様子。未経験で入部する生徒も、実力を伸ばしていきます。

 ダンス部は、中高合わせて104名の生徒が活動する人気のクラブ。普段は週に2回、コンクールや記念祭での発表の前には週に3~4回の練習を行い、自分たちでテーマを考えて、創作ダンスを作り上げていきます。

「生徒たち自身の作品になるように、大きな口出しはせずに、生徒主体で創作を行うことを大切にしています。また、衣装などの準備も、すべて生徒たちの手で行っています」(ダンス部顧問/渡壁和子先生)

 取材日は、2週間後に控えた記念祭に向けての練習の真っただ中でした。コンクールでは中高それぞれでの発表となりますが、記念祭では、中1から高2までの縦割りのグループで、作品を発表します。

「高校生が作った作品を、中3生が中心となって下の学年に教えながら、練習をしています。上の学年は、下級生の面倒を見ることで上級生としての自覚を持ちますし、下級生も先輩と一緒に活動することで、技術や創作のノウハウなど、いろいろなことを学んでいきます。運営面でも、先輩のやっていることが自然と引き継がれ、高校2年生にもなると、100名以上の大人数をまとめる力もかなり身につけていると感じます」(渡壁先生)

衣装もすべて手作りです。衣装もすべて手作りです。
中学・高校の縦割りで行う記念祭の発表。上の学年が下の学年に教えることで伝統がつながっていきます。中学・高校の縦割りで行う記念祭の発表。上の学年が下の学年に教えることで伝統がつながっていきます。
全10作品を発表した記念祭当日。終了後の達成感は、何物にも代えられません。
全10作品を発表した記念祭当日。終了後の達成感は、何物にも代えられません。

全10作品を発表した記念祭当日。終了後の達成感は、何物にも代えられません。

ダンス部部長H.Sさん(高2)ダンス部部長
H.Sさん(高2)

学年を越えた団結力が、ダンス部の魅力。バレエの経験はありましたが、それ以上にいろいろな動きや表現を教わって、自分のものにしていくことができました。

ダンス部副部長S.Hさん(高2)ダンス部副部長
S.Hさん(高2)

大人数をまとめていくのは大変ですが、この作品では、何を表現したいのか、なぜその練習が大切なのかなどを、一つひとつ噛み砕いて後輩たちに伝えるようにしています。

ダンス部データ
■活動日/活動時間 火・木/15:50~17:20
(土・日の活動は大会・文化祭前)
■部員数 中1=23名、中2=29名、中3=16名、高1=15名、高2=10名、高3=11名
■主な実績 下記の大会に出場
東京私立中学高等学校協会第40回創作ダンス発表会(中学の部、高等学校の部)
第54回東京都中学校総合体育大会兼第67回東京都中学校創作ダンスコンクール
第54回東京都中学校総合体育大会兼第45回東京都中学校ダンス選手権大会
第34回東京都中学校ダンス競技会新人大会
日本女子体育大学主催 第68回全国中学校・高等学校ダンスコンクール(高等学校の部)

(この記事は『私立中高進学通信2016年4・5月合併号』に掲載しました。)

東京女学館中学校  

〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-7-16
TEL:03-3400-0867

進学通信掲載情報

進学通信2016年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ