Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年4・5月合併号

熱中!部活動

安田学園中学校

共学化でより活発に活動!人気の高まる文化系クラブ

吹奏楽クラブ
一人ひとりの努力がみんなの力に! 力を合わせて美しい音色を奏でます。

一人ひとりの努力がみんなの力に! 力を合わせて美しい音色を奏でます。

 2014年度の共学化から3年目を迎える同校。放課後のクラブ活動でも、男女の生徒が共に力を合わせて活動する様子が見られるようになりました。

「男子校時代から運動系のクラブ活動は盛んでしたが、共学化されてからは文化系のクラブの人気も高まっています。また、チアリーディングや女子バレーボール、女子バスケットボールなどの女子の運動部も新設されています」(入試広報部/篠原一紀先生)

 吹奏楽クラブは、中高合わせて59名の部員が活動する人気の文化系クラブ。コンクールや定期演奏会などに向けての練習のほか、近隣の老人ホームや幼稚園・保育園で、ボランティアとしての演奏活動も行っています。

「中学生は、未経験で入部してくる部員がほとんどですが、高校から入学した部員の中には、別の中学で吹奏楽を経験してから入部する生徒もいます。異なる指導を受けてきた部員同士は意見がぶつかることもありますが、それも学び合い。それぞれの話によく耳を傾けるようにしています」(吹奏楽クラブ顧問/井田裕輔先生)

 この日は、定期演奏会に向けた練習の真っただ中。合奏を中心に練習を行っていました。合わせた時にできていないパートは、全員の前で指導を受けます。

「全員で一つの音楽を作り上げるのが吹奏楽の魅力。練習時は集中して、他のパートが指摘されていることは、自分のパートへの指摘だと思って、しっかりと聞くようにと指導しています」(井田先生)

コーチの指導のもと、課題を確実にクリアしていきます。コーチの指導のもと、課題を確実にクリアしていきます。
毎年2月に行われる定期演奏会は、一年の集大成とも言える発表の場。毎年2月に行われる定期演奏会は、一年の集大成とも言える発表の場。
中高合同の大人数で迫力の演奏。中高合同の大人数で迫力の演奏。
M.NくんM.Nくん
(高2・高校部長)

音楽に興味があり、中1からサックスを始めました。全員で一つの目標に向かって突き進み、一体感を感じられるのが魅力です。楽器の運搬などの際には積極的に手を貸すなど、練習面以外でも後輩の手本になれるように心がけています。

A.Iさん(高2・コンサートミストレス)A.Iさん
(高2・コンサートミストレス)

大人数で音楽を演奏する吹奏楽は、1人で演奏するピアノなどとは異なる面白さがあります。コンサートミストレスは、音楽面でみんなをまとめていかなくてはいけないので、人の一歩先を考えられるように努力しています。

S.Oくん(中3・中学部長)S.Oくん
(中3・中学部長)

中学部長として中学生をまとめています。一人ひとりが技術を高めながら、全員で音を合わせて演奏することに楽しさを感じています。後輩に頼られ、目標にしてもらえるような先輩になりたいです。

Y.Iさん(中2)Y.Iさん(中2)

小学生の時から続けているトランペットを担当しています。技術のある高校生の先輩と一緒に演奏するのはプレッシャーもありますが、先輩を超えるくらいの力を身につけたいと思っています。

吹奏楽クラブデータ
■活動日/活動時間 月~金/16:10~17:40
土/13:30~17:00
■部員数 中1=11名、中2=16名、中3=4名、高1=17名、高2=11名
■主な実績 東京都高等学校吹奏楽連盟コンクール BⅠ組「銅賞」、C組「銀賞」
老人ホーム・幼稚園・保育園 訪問演奏(月に1回程度)
生物クラブ
一人ひとりの努力がみんなの力に! 力を合わせて美しい音色を奏でます。

無菌操作のための装置など、本格的な生物学の研究ができる設備があります。

合宿でのマルハナバチ採取の様子。
合宿でのマルハナバチ採取の様子。合宿でのマルハナバチ採取の様子。

 部員数32名で、週に4回の活動を行っている生物クラブ。「生物と接し、生物から学ぶ」ことを目標に研究活動に取り組んでいます。

「マルハナバチやミツバチといったハチの行動に注目し、実際に昆虫を飼育しながら研究を行って、発表会や学会での発表をしています」(生物クラブ顧問/小島直樹先生)

 生き物が好きという理由で入部してくる生徒が多い同クラブ。中学生は、先輩が扱っている研究テーマを手伝ったり、チームで研究を行ったりすることから始めますが、高校では、自分のテーマを持って研究することを目標にしています。

「学校の授業の中では、教科書の内容を覚えたり問題集を解いたりと、知識の量が多い生徒ほど学力が高いと評価されがちですが、そのまま大学に進学しても、自分で考えて研究活動をすることができない学生が多いと聞いています。小さなテーマでもいいので、中高生のうちに自分の頭で考えて試行錯誤し、研究に対しての自信をつけたうえで大学に送り出したいと思っています」

 高校生の部員が扱う研究テーマは、同じハチを題材にしながらもその内容はさまざま。ハチの生態について詳しく研究したものや、ハチミツの抗菌作用について調べたものなど、多様な視点が並びます。

「研究を自分で進めることのできる部員がだいぶ増えてきたことに、手ごたえを感じています。なかには、運動部と兼部しているためにあまり活動できていない部員もいますが、生き物が好きだという気持ちを持って入部する生徒であれば、どのような関わり方であっても歓迎したいと思います」

ハチが集めてきた花粉を調べることで、地域の植生や環境について調査します。
ハチが集めてきた花粉を調べることで、地域の植生や環境について調査します。

ハチが集めてきた花粉を調べることで、地域の植生や環境について調査します。

研究の成果は、ポスターにまとめて学会などで発表します。
研究の成果は、ポスターにまとめて学会などで発表します。

研究の成果は、ポスターにまとめて学会などで発表します。

Y.Mくん(中3・中学部長)Y.Mくん
(中3・中学部長)

自分で調べたり、先生に教えてもらったりしながら研究を行っています。うまくいかないこともありますが、仮説を立てる力や、自分で考える力が身についていると感じています。

L.Tさん(高2)L.Tさん(高2)

以前から、生物系の研究に興味を持っていたのですが、何をしたらいいのかわからなかったので入部しました。大学で使用するような装置を使って、実験に取り組めるのが魅力です。

生物クラブデータ
■活動日/活動時間 月・火・木/15:50~18:00
土/13:30~17:00
※研究テーマによって変わります。
■部員数 中1=7名、中2=14名、中3=3名、高2=2名、高3=6名
■主な実績 朝日新聞社主催 第12回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2014)佳作
日本進化学会第17回東京大会 第10回みんなのジュニア進化学ポスター発表 優秀賞、敢闘賞
日本生物教育学会第100回全国大会高校生ポスター発表参加

(この記事は『私立中高進学通信2016年4・5月合併号』に掲載しました。)

安田学園中学校  

〒130-8615 東京都墨田区横網2-2-25
TEL:03-3624-2666

進学通信掲載情報

【コロナに負けない!私学のアクション】オンラインを駆使して通常の時間割を実施1,700名全員をサポート
【THE VOICE 校長インタビュー】自ら考え学び人間力を高める『自学創造』教育を実践
【中学入試のポイント】人気の『先進コース』2月4日入試もスタート
【グローバル特集 授業 】「オンライン英会話」を必修化英語のスキルが飛躍的に向上
【実践報告 私学の授業】生徒の学力を確実に伸ばす学校完結型の学習
【熱中!部活動】「応援すること」を通して人間力を養う
【6年間の指導メソッド】学ぶ力をつける『学び力伸長システム』
【私学の英語最前線】学校を挙げて「英検」受検 準2級合格者が続々
【グローバル時代の学び方】疑問・仮説・検証を繰り返し論理的思考力を磨く『探究』
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】各コース制で重視する英語 大学入試改革に対応し4技能の総合力を伸ばす
【SCHOOL UPDATE】新1年生宿泊オリエンテーション 入学前から育む友情と礼儀
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】興味の方向を広げ、将来の選択肢を増やす 『自学創造』の精神で磨かれる論理的思考と自分だけの表現力
【Students' Chat Spot】グローバル社会に貢献する人材の育成
【その先に備えるキャリア教育】貢献 「なりたい自分」を見出す そのための貴重な90時間
【熱中!部活動】共学化でより活発に活動!人気の高まる文化系クラブ
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語力と人間力を身につけグローバル社会を生き抜く
【大学合格力強化計画】現役合格力を伸ばす多彩な学習プログラム 学校一丸で生徒を支援する
【授業発見伝】探究 創造的学力を身につけ社会の即戦力へ
【Students' Chat Spot】新校舎、男女共学化 魅力満載の新しい学習環境
【制服Collection】2015年4月男女共学スタート!新しい試みに満ちた制服はグレー基調のすっきりスタイル
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】信頼関係づくりは入学式“前”の『宿泊オリエンテーション』で
進学通信2016年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ