Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年2・3月合併号

SCHOOL UPDATE

世田谷学園中学校

入試説明会
世界へ目を向けて真の学力を伸ばす6年間

行事や部活動、校内の交換留学生の話など、先生から語られる楽しそうな学校生活に小学生は興味津々。

行事や部活動、校内の交換留学生の話など、先生から語られる楽しそうな学校生活に小学生は興味津々。

 秋晴れの土曜日に行われた入試説明会に、中学受験を考えているたくさんの小学生と保護者が集いました。同校では、真の学力をつける、思考力を育む、判断力を養うなどを柱として、基礎学力を充実させることに重きを置いています。生徒の主体性を引き出し、能動的な学びを実践する多彩な学習プログラムと、日々の生活の中で養う“心を調える”という姿勢。これらを連動させることで子どもたちを大きく成長させます。

 説明会で受験生たちの多くが瞳を輝かせて聞き入っていたのが、山本慈訓校長先生からお話があった高1のカナダ英語研修です。

「希望制ではなく全員が行くことに意味があります。海外に出ることの楽しさや感動を一人ひとりに体験してほしいのです」

 研修を通じて、英語を学ぶことがゴールではなく、英語を用いて世界中の人と価値観を刺激し合うことが大切なのだと多くの生徒が気づくようになるそうです。山本校長からは現地での生活や帰国後の成長など、生徒たちの様子が生き生きと語られました。

「グローバル事業で活躍する人材に求められる素質として最も大切なのは、海外の社会、文化、価値観の違いに興味・関心を持ち、柔軟に対応する姿勢です。本校での学園生活を通じてそれらを確実に身につけることができると思っています。本校を選んでくださった親御さん、生徒のみなさんに感謝しながら、さらに進化させていきたい」

 と山本校長。行事の他にも日々の楽しい学校生活の様子が語られ、中学受験のやる気を高める情報が盛りだくさんの説明会。これまで以上に、同校への期待が高まります。

        
同校が掲げる『Think & Share』、仏教・禅の人間観、社会観・世界観に基づく教育について語る山本校長。保護者・受験生が真剣に耳を傾けます。
同校が掲げる『Think & Share』、仏教・禅の人間観、社会観・世界観に基づく教育について語る山本校長。保護者・受験生が真剣に耳を傾けます。

同校が掲げる『Think & Share』、仏教・禅の人間観、社会観・世界観に基づく教育について語る山本校長。
保護者・受験生が真剣に耳を傾けます。

入学後はこんなに楽しい6年間が待っている!
世田谷学園の活気に触れる説明会

 説明会の後は校内ツアーや授業見学が行われ、会場には10月の『獅子児祭』を彩った巨大パネル、食堂には模型などの展示もありました。また同校の名物風景である登下校の際に正門で校舎に向かって一礼をする生徒たちの姿もあり、学園生活を垣間見ることができました。来校者のなかには、禅について熱心に質問をする小学生もいました。

子どもたちの財産となる異文化体験を!

 英会話の授業は、中1ではチームティーチング、中2・中3ではネイティブ教員中心の授業、高1では英語のブラッシュアップ講座、さらに全員でのカナダ英語研修へと発展していきます。国が違っても感謝の心は同じ。新たな友と出会えたこと、異文化を体験できたことへの感謝の心をもとに、生徒たちを大きく成長させるプログラムが用意されています。

世田谷学園で学びたい受験生のために

 写真は煩雑な出願手続きの負担を軽減するために、A4サイズ1枚で受験票にもなっている願書。入試説明会では、受験生への配慮に満ちた、さまざまな工夫も知ることができました。

「特待生は、およそ92万円の学費のうち約90万円を免除しています。近年では1日目に一般受験で合格を取り、2日目に特待生試験に挑戦なさるご家庭が増えています」

 と、広報部の中村俊明先生。受験生の努力が報われるような受験にしたいという考えから、複数回受験をすると経済的な負担が軽減されることや、ボーダーラインで並んだ場合に有利な場合があること、そして昨年の最高点、最低点、さらには各教科でどのような問題が出題されたか、今後の学習のポイントも公表。説明会に足を運んだからこそ聞ける話もありました。

(この記事は『私立中高進学通信2016年2・3月合併号』に掲載しました。)

世田谷学園中学校  

〒154-0005 東京都世田谷区三宿1-16-31
TEL:03-3411-8661

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】生物への理解を深め命の尊さも知る解剖の授業
【学校生活ハイライト】主体性や協働性を発揮する機会創出の体育祭・獅子児祭
【注目! News and Topics】仲間との強い絆が、高い目標と努力を継続する力を生む
【校長が語る 自立へのプロセス】自らの智慧と足でたくましく生きる人材を育成
【行ってきました!学校説明会レポート】ワクワクドキドキの“ミステリーツアー”で受験生に勉強のスイッチを入れる
【注目のPICK UP TOPIC!】毎年4月実施のオリエンテーションは自立へ向かう生徒たちの“はじめの一歩”
【グローバル時代の学び方】グローバル人材を育てる多彩なプログラム
【SCHOOL UPDATE】体育競技会から『体育祭』へ 学年の壁を越え喜びを分かち合うために
【中1の始め方】1泊2日のオリエンテーションが自立へのきっかけと仲間づくりに
【私学の光輝 】早朝坐禅会 静かに自身と向き合う中で知性を智慧へと昇華させる
【グローバル時代の学び方】実体験を通して視野を広げる
【Students' Chat Spot】仏教の教えのもと、学力の向上、人間的な成長を大切にした教育
【SCHOOL UPDATE】入試説明会 世界へ目を向けて真の学力を伸ばす6年間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】知性に慈悲と勇気を加えて「智慧」を生む
進学通信2016年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ