Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年2・3月合併号

生徒の未来対応型学校へバージョンアップ

東邦大学付属東邦中学校

完全中高一貫化でリベラルアーツ型学習を基本に
自分探し学習をさらに推進

 2017(平成29)年度の入試から高校募集を停止し、完全中高一貫校となることが決定しています。広報部長の上野唯一先生に、気になる今後についてお話をうかがいます。

「本校には創立以来『幅広い教養の上に確固たる専門研究が成立する』との教育的考え方が根づいています。この考え方から、本校では中1から高2までは全生徒が幅広い教科をバランス良く学ぶリベラルアーツ型の学習を行っています。
 私たちはさまざまな教科を学ぶ必要性について、その理由を“山”にたとえて新入生に説明しています。山は裾野が強固であれば揺るぎません。高い目標を実現したいと思うなら、これを支えるために裾野となる幅広い教養をしっかりと形成することが大切なのです。これは本校の学びの基本であり、完全中高一貫校となっても、この部分は変わることはありません」

 すでに2014(平成26)年度入学生から、新しい完全中高一貫カリキュラムによる教育が始まっています。

「6カ年を通期で考えた新しいカリキュラムの導入により、より深く学べる時間が多く確保できるようになりました。その効果がよく表れているのが、生徒の可能性を拡げる『自分探し学習』です」 

 自分探し学習は、将来、自分がどのように社会貢献していくかをしっかりと考えていくことです。そこで知識の習得だけでなく、それを表現して形に残していく学習が求められます。また、さまざまな体験を通して、プロセスを重視し、自ら問題解決ができる真の学問の本質を学んでいきます。

「やみくもに暗記したり、問題を解くことが学びではありません。小さな発見や感動により生まれる好奇心や探求心を、中高一貫の余裕のある時間の中で伸ばしています。新カリキュラムの導入により新たに創出された時間こそ、未来の自分にとって欠かせない時間なのです。
“東邦に入りたい”と希望する方たちの期待に応えられるように、また“東邦で学んで良かった”と心の奥底から思っていただけるように、より満足度の高い中高一貫校に進化する本校にご期待ください」

 2015年に創立90周年の佳節を迎えた設立母体の東邦大学とともに、同校はさらなるバージョンアップをめざします。

ココがポイント
中学・高校の自分探し学習
体験から自分を知り将来を模索する

『自分探し学習』は、プロセスを重視し、そこから得る体験を大切にする同校ならではの取り組みです。各教科で多彩なテーマが設けられています。

 中学では、自己の体験を英語でつづる英文絵日記やレシテーションコンテスト、また夏休みを利用して中1は歴史新聞、中2は地理の国ポスター、中3はさまざまな社会問題をテーマにした公民新聞を作成し、優秀な作品には博士号の認定証を授与する『社会科博士号』など、ユニークな取り組みが行われています。高校ではもう一段階すすめて、一人ひとりが自由に決めたテーマについて2年間をかけて研究し、レポートにまとめます。文学や伝説の舞台となった場所や作家ゆかりの地を巡る「東京探見」は、同校の名物として広く知られています。

「新カリキュラムでは高2より、ゆるやかな文理コースの選択ができます。それまでは自分探し学習をはじめとする学習のさまざまなアプローチを通して、自分と学問・社会の接点をじっくりと模索してほしいと思います」
(上野先生)

ココがポイント
中高大連携による学問体験講座
付属校のメリットを活用し大学連携で専門性の高い講座を開講

 伝統的に約7割の生徒が理系大学に進学する同校では、付属の東邦大学の特色を活用した『学問体験講座』が開催されています。

 これは生徒が併設大学などを訪れ、研究活動に参加するもので、本格的な科学実験や医療技術を体験できる講座です。医学部志望者が外科の実習を体験できる『ブラックジャックセミナー』、薬学部での製薬、理学部でのロボット製作など30講座以上の多彩なラインナップがあります。

ココがポイント
さらに進化する国際理解教育
相互理解の場を創出する国際交流室

 同校では、2014年に『国際交流室』が設置されました。帰国生や留学生の受け入れをこれまで以上に積極的に行い、長期・短期の海外留学にもより力を入れています。また、同校が所在する千葉県習志野市の国際交流事業とも連携し、生徒会主催で姉妹都市の高校生を迎えたパーティーも開催しました。

「本校の国際理解教育のねらいは、さまざまな文化的背景、社会的背景、宗教的背景を持った若者が集い、相互に認め合うことができる場を教室に、学校に形成することです。また、部活動などでの交流もあり、海外体験ステイも平成29年度以降に実施される予定です」

(この記事は『私立中高進学通信2016年2・3月合併号』に掲載しました。)

東邦大学付属東邦中学校  

〒275-8511 千葉県習志野市泉町2-1-37
TEL:047-472-8191

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】「物語」に描かれた世界を体験し知的好奇心を満たす 東京探見・物語散歩
【中学入試のポイント】“読み解く力”が鍵を握る東邦型の選択問題
【Students' Chat Spot】自由な雰囲気の中で自分のやりたいことに邁進できる学校です
【みんな大好きキャンパス食堂】明るくゆったりとした自慢のカフェテリア
【中学入試のポイント】人気の推薦入試“東邦型”は変わらず
【校長が語る 思春期の伸ばし方】難しい思春期も『ピンチはチャンス』豊富な体験で、大きく成長します
【目標にLock On!! 私の成長Story】モチベーションの低かった僕を変えた 熱血先生の指導と一冊の本との出会い
【6年間の指導メソッド】徹底したリベラルアーツから高い専門性を
【グローバル時代の学び方】日常的に異文化に触れ多様性への理解を深める
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】完全中高一貫化で リベラルアーツ型学習を基本に自分探し学習をさらに推進
【学校生活ハイライト】約1年間をかけて全力で取り組んだ『銀杏祭』 素顔の東邦生が躍動するAmazingな2日間
【The Voice 新校長インタビュー】柔軟な想像力を得る体験に満ちた 中高6カ年の学校生活
【私学の先生から受験生へのアドバイス】完全中高一貫化を控え新カリキュラムが始動 不変の教育理念に基づく出題
【Students' Chat Spot】帰国生の受け入れ、留学生の受け入れ、長期・短期留学を軸に国際化を進める
【大学合格力強化計画】安定した実績の土台を成す『リベラルアーツ型』のカリキュラムと豊富な進路探求の機会
進学通信2016年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ