LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年2・3月合併号

Students' Chat Spot

獨協中学校

豊富な海外研修プログラム
研修に参加した高1生と高2生が語る獨協の魅力

「130年以上の古い歴史を持った学校です。」「グッドデザイン賞をとった校舎が自慢!」

「130年以上の古い歴史を持った学校です。」
「グッドデザイン賞をとった校舎が自慢!」

 豊富な海外研修プログラムを誇る同校。高2のハワイ修学旅行のほか、希望者を対象に『イエローストーンサイエンスツアー』や『シアトルホームステイ』、『ドイツスタディツアー』が行われます。それぞれの研修に参加した理由や同校の魅力について、高1生と高2生の4人が話してくれました。

青野準也くん(高1)青野準也くん
(高1)

化学部に所属。イエローストーンサイエンスツアーで、国立公園内の生物や地熱について学びました。

林田朋樹くん(高1)林田朋樹くん
(高1)

バスケット部で学年の副キャプテンを務めています。シアトルホームステイに参加しました。

近藤優一くん(高2)近藤優一くん
(高2)

水泳部の副部長です。試験的に始まった4年前のドイツスタディツアーから参加しています。

吉川勇人くん(高2)吉川勇人くん
(高2)

水泳部の部長をしています。ハワイ修学旅行で海外への興味が増しました。

一問一答

――いろいろな海外研修がありますが、どういう理由でその研修に参加したのですか?

「海外研修で、日本ではできない体験がたくさんできました。」「海外研修で、日本ではできない体験がたくさんできました。」

青野くん
シアトルホームステイとどちらにするか迷いましたが、行く機会が少ないであろうイエローストーンサイエンスツアーを選びました。イエローストーン国立公園にテントを張ってキャンプをしたのですが、ガイドによる野外授業がとても楽しかったのと朝方いろいろな動物を見られたのが印象深いです。

林田くん
アメリカのスポーツや音楽に興味があったのと、人見知りの性格を変えたくて、シアトルホームステイに参加しました。ホストファミリーの女性がとてもオープンで、いろいろな人とフレンドリーに接している姿に影響を受けました。

「現地では親身になって関わってくれる人が多くて苦労はなかったですね。」「現地では親身になって関わってくれる人が多くて苦労はなかったですね。」

近藤くん
先生に誘われてドイツスタディツアーに参加しました。初年度から計4回、ドイツを訪れています。ドイツではだいたい英語が使われますが、英語が話せないお年寄りとは学校で履修したドイツ語が役に立ちました。現地の友人とは、これからも交流を続けていきたいですね。

吉川くん
僕は研修には参加していませんが、修学旅行でハワイを訪れました。マウナケアで見た朝日にとても感動しましたね。現地の方と交流する機会もあり、海外生活への興味がいっそう増しました。

――この学校の良いところはどんなところですか?

「ドイツに友達ができたのがうれしかったです。」「ドイツに友達ができたのがうれしかったです。」

青野くん
いろいろな種類の海外研修があるところが素晴らしいです。どれにするか迷うほどです。

林田くん
英語の授業が多く、ネイティブの先生による授業も充実しています。生徒がみんなおっとりとしていて、仲が良いのが特徴ですね。先生との距離も近いので、質問や相談もしやすく、安心して学校生活を送ることができます。

「ハワイへの修学旅行は全員参加です。学年単位で海外に行けるのがいいですね。」「ハワイへの修学旅行は全員参加です。学年単位で海外に行けるのがいいですね。」

近藤くん
130年以上の歴史を持つうえに、校舎がグッドデザイン賞を受賞するなど、誇りに思えるものが多いですね。高校生のうちからドイツ語の授業を履修できるのも、獨協ならではだと思います。

吉川くん
『全国高校自然環境サミット』の開催校になるなど、環境教育が盛んです。本校にはビオトープや屋上緑化に取り組む『緑のネットワーク』委員会がありますが、環境への取り組みが全国トップレベルと聞くとうれしいですね。

――将来の夢は何ですか?

青野くん
医学部に進み、医者になるのが目標です。化学部で実験に興味がありましたが、イエローストーンサイエンスツアーで視野が広がったのは、とても良い体験でした。

林田くん
経営に興味があります。どの道へ進むにしても、英語が使えるとたくさんの情報を得ることができます。留学も視野に入れて、英語の勉強をがんばっています。

近藤くん
海外の現地法人に勤めるなど、国際社会で働きたいですね。そうなったときは、英語とドイツ語が役に立つだろうと思います。

吉川くん
法律に関わる仕事を海外でしたいです。本校は勉強する環境が整っていて、先生方もいつも熱心にサポートしてくれます。入学して良かったと思います。

海外研修で視野が広がったことが
今の勉強や将来の夢に役立っています
「屋上緑化やビオトープが自慢だね。」「環境に関する活動が活発です。」「屋上緑化やビオトープが自慢だね。」
「環境に関する活動が活発です。」
「おっとりとした生徒が多いけれど、行事では大いに盛り上がるのが獨協の特徴だね。」「おっとりとした生徒が多いけれど、行事では大いに盛り上がるのが獨協の特徴だね。」

(この記事は『私立中高進学通信2016年2・3月合併号』に掲載しました。)

獨協中学校  

〒112-0014 東京都文京区関口3-8-1
TEL:03-3943-3651

進学通信掲載情報

【本音で語る保護者座談会】“獨協愛”が先輩から後輩に受け継がれています
【行ってきました!学校説明会レポート】未来を見据え、他人のために行動できる人を育てる
【未来を切り拓くグローバル教育】「ドイツ研修旅行」で養う世界的視野の問題解決力 歴史と伝統が育む獨協独自の教育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】社会へと視野を広げることで 人との関わりから男子は多くを学びます
【Students' Chat Spot】成長を実感! これからも、文武両道でがんばります。
【熱中! 部活動】【演劇部】より楽しい芝居を全員の力でつくりあげる
【目標にLock On!! 私の成長Story】チャレンジ精神の肯定で伸ばされた学生時代 今、自由な発想で社会を生きる
【熱中!部活動】【鉄道研究部/バスケットボール部】素直さと自由さを生かして仲間とともに成長する
【その先に備えるキャリア教育】成長 職業を絞り込むより方向性を探るキャリア教育
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】チーム一丸となって面倒を見る 「学年会」の先生方の温かな指導が 男子の心身の成長を支えている
【Students' Chat Spot】豊富な海外研修プログラム 研修に参加した高1生と高2生が語る獨協の魅力
【10年後のグローバル社会へのミッション】海外での多彩な「体験」がグローバルな発想と思考を育てる
【SCHOOL UPDATE】新入生合宿 他者と関わり信頼関係を築く3日間
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】チームの力が高まることで個々も成長する支え合いの学習環境
【部活レポート】ワンダーフォーゲル部/吹奏楽部
【Students' Chat Spot】授業内容から学校行事まで 自慢のスクールライフ
進学通信2016年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ