LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年2・3月合併号

Teacher's Lounge 先生たちの座談会

国士舘中学校

「文武両道」を支えるのは先生たちの熱意と愛情
「人としての心の在り方」を学ぶ学校生活

――貴校では、授業や部活動など、学校生活のすべての場面で、人としての在り方を学ぶ「心の教育」を行っているとうかがっています。その背景にある理念や考え方は、どのようなものなのでしょうか?

綿貫陽一 先生綿貫陽一 先生
国語科教諭。中3担任。中学校進路指導部長。テニス部顧問。授業のモットーは「真面目に楽しく」。1時間の授業の中で、一度は必ず、生徒たちを笑わせることを心がけている。

綿貫先生
国士舘の「国士」という言葉は、「国のために尽くす人物」という意味です。つまり、「世の中の人のためになる人間」を育てるという教育理念があります。そのために、「誠意(真心をもって行動を起こすこと)・勤労(自ら率先し、労を惜しまない勤労奉仕の気持ち)・見識(広い視野を持ち、正しい判断ができる)・気魄きはく(何事にも屈しない、強い精神力と忍耐力を持つ)」の四徳目を涵養かんようすることを掲げ、教育の柱としています。

川野先生
困っている人を助けるためには、真心を持って真剣に相手に向き合う姿勢や、物事をやり続ける行動力、正しい判断ができるだけの知恵、心が折れそうなことがあってもそこから立ち直ってひたむきに立ち向かう力などが、総合的に必要になります。このような力を、学校生活全体で育んでいこうというのが、本校の教育の大きな特徴かと思います。

志賀先生
そのために、教員がわざと叱ったり、注意をしたりする場面も多いですね。例えば、今日、私が担任する中1のクラスで、教室移動の際にイスを出しっぱなしで移動してしまうことがありましたが、全員を呼び戻して直させました。

柿沼里枝 先生柿沼里枝 先生
英語科教諭。中3担任。放課後、クラスごとに行う補習で、学習に追いついていない生徒のフォローに尽力している。

柿沼先生
そういう意味では、学校全体に、体育会系の雰囲気が流れていると思います。とは言っても、「厳しさの背景にあるやさしさ」は、生徒たちも理解してくれていると思います。

川野先生
私が担当する武道科では、授業の約半分が、道徳の授業の要素を含んだ内容になっています。集団行動の中では人を思いやる力や自分がやりたいことがあっても我慢する力が必要であることを話したり、いじめなどをテーマに、「君たちならどうする?」と問いを投げかけたりすることもあります。また、礼法にも時間をかけて取り組み、テストでは、「礼」の実技をしたりもしています。同じ礼であっても、相手に合わせようとしてやっているのか、自分本位にやっているのかは見ればわかります。そのような指導を通じて、相手を思いやる気持ちを育てたいと思っています。

綿貫先生
私が担当する国語の授業では、相手に合わせることを「気配を読む」としたうえで、送り仮名の“り”を付け加えて、それは「気配り」であると教え、国士舘の精神である人助けは、これができたうえで初めてできることだと伝えています。

志賀先生
国語科から独立して「書写」の授業があるのも本校の特徴かと思います。そこでも、書写の先生は、「墨をすることは、心を磨くこと」と指導しています。このような指導を各先生が授業やホームルームで工夫して行っていると思います。

柿沼先生
中1の始めは、あいさつもぎこちなかったのに、しばらくするとちゃんとしたお辞儀ができるようになっていますね。私が担任をしている中3の生徒たちは、中1の時にはケンカをすることが多かったのですが、中2あたりから、周りのことがよく見えるようになってきて、今は互いを気遣えるとても仲の良い学年になっています。

川野先生
本校の生徒たちは、見た目は元気がよくても、心がやさしいことが大きな特徴ですね。毎年2回、生徒たちに『エゴグラム』診断を受けさせて、指導の参考にしているのですが、本校の生徒たちは、「心のやさしさ」の項目が突出して高い傾向があります。弱いものいじめをしないことや、困っている人がいたら助けることを、教員の共通認識のもとに徹底指導しているので、自然と身につけているのだと思います。

――学力を一層向上させ、「文武両道」を全うできる生徒を育てるために、今年度より体制が変わったとうかがっています。具体的にはどのような取り組みなのでしょうか?

川野成道 先生川野成道 先生
武道科教諭。中2担任。柔道部顧問。「硬くならずにケジメをつける」メリハリのある指導を信条とする。ご自身も同校の卒業生。

志賀先生
今年度より週6日制となり、より多くの授業時間を確保できる体制に移行しました。また、朝、クラスごとに小テストを行って、点数が悪かった生徒たちを対象に、放課後の補習を行っています。2015年度の中1と高1からは、補習を専門で担当する外部の先生たちの手も借りていますが、小テストの作成や採点は担任が担当し、放課後の補習も、基本的には担任を中心に行っています。

綿貫先生
自分の専門外の教科も教えなくてはならないのでけっこう大変なのですが、せっかくなので、教員のほうも楽しんで取り組むようにしています。生徒たちも、「放課後、補習に残りなさい」と言うと、初めは嫌がるのですが、けっきょく補習の時間が楽しくなってしまって時間が延びてしまうのですよ。少し面倒を見てあげると、生徒のモチベーションも高まるようです。中3の生徒は、友達との教え合いもうまくなってきたので、こういう形で学力を向上させ、勉強のやり方を身につけてほしいと思っています。

志賀さゆり 先生志賀さゆり 先生
国語科教諭。中1担任。グローバル社会の中でも、昔ながらの日本の良さを理解した生徒を育成していきたい。ご自身も同校の卒業生。

柿沼先生
週6日制になってから、時間数を増やしたのは「英語」の授業です。時代の流れの中で必要性が高まっているという点はもちろんありますが、それだけではなく、国士舘として、「外国人とコミュニケーションが取れれば、国内だけでなく外国の人も助けられる、そのためのツールとして英語教育に力を入れよう」という考えがあります。例えば、今度、中3の社会科の校外学習で浅草に行くのですが、そこで、必ず1回は外国人に声をかけるということを課題に出しています。道案内などの人助けができればそれがいちばん良いのですが、まずは「声をかける」ことを目標にしています。

志賀先生
このように、学校行事と各教科での学習が結び付いていることが多いのも本校の特徴です。歌舞伎などの芸術の鑑賞や文化を実際に体験してみる行事も非常に多いですね。

綿貫先生
普段の学校生活で学ぶ人や物事への姿勢や、行事の中での体験は、すべて「生徒たちの生きる力を育む」キャリア教育につながっていると考え、取り組んでいます。今後は、各教科の担当教員が連携しながら、このような行事への取り組みをより精査し、本校ならではのキャリア教育として、強化・推進していきたいと思っています。

(この記事は『私立中高進学通信2016年2・3月合併号』に掲載しました。)

国士舘中学校  

〒154-8553 東京都世田谷区若林4-32-1
TEL:03-5481-3114

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】フェスティバルに参加・運営してインクルージョンの理念を学ぶ
【SCHOOL UPDATE】人工芝グラウンド&食堂 新しくなった施設とともに“真の心”と健康な身体を育む
【グローバル時代の学び方】ブリティッシュヒルズで国内にいながら“海外体験”
【私たち、僕たちが大好きな先生】礼儀を重んじる武道を6年間指導することで 社会に出た時に真価を発揮する人間を育てる
【熱中! 部活動】【吹奏楽部】音楽の楽しさを実感 仲間と作り上げる演奏会
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】食べることが、生きる基本!残さず食べて、強い肉体と感謝する心を育む
【こどもの自立を促す教育】「有意義な失敗」と「欲張りな文武両道」で人としての在り方を学ぶ
【The Voice 新校長インタビュー】失敗を恐れず行動することで社会に役立つ自分が見えてくる
【SCHOOL UPDATE】校外学習 首都・東京や日本文化に深く触れ人間力を高め、知識の幅を広げる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】「文武両道」を支えるのは先生たちの熱意と愛情 「人としての心の在り方」を学ぶ学校生活
【Students' Chat Spot】「生きる力」を養いバランスのとれた人材の育成をめざす
【10年後のグローバル社会へのミッション】日本を、日本人であることを世界に向けて発信できる生徒を育てたい
【授業発見伝】武道 創立以来受け継がれる伝統校の理念を込めた『心の教育』
【Students' Chat Spot】伝統ある武道を中心に、学力だけに偏らない総合的な力を育成
【部活レポート】吹奏楽部/剣道部
【注目のPICK UP TOPIC!】先生、友人、保護者への感謝を込めて 一人ひとりが飛躍を誓う卒業式
進学通信2016年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ