LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年2・3月合併号

注目のPICK UP TOPIC!

武蔵野中学校

学年合同の行事が
「他者理解」を促す

より良い人間関係を育む力を育てる
体育祭の名物行事「玉入れ」。高さ約3メートルのかごの赤いラインまで早く玉が到達した学年が勝ち!

体育祭の名物行事「玉入れ」。高さ約3メートルのかごの赤いラインまで早く玉が到達した学年が勝ち!

 社会の変化に対応できる力を身につけるために、コミュニケーション力・実践的英語力・自ら学び実行する力の3つの力を養い、10年後の社会で活躍できる生徒を育てる同校。四季折々にある学校行事も授業と同じく、社会の変化に対応できる力を育み、校訓である「他者理解」の実践の場として捉えています。そのため、学年を越えて学校全体で行う行事が多いのが特徴です。中学校主任の渡瀬宏先生に、1年間の主な行事の流れを紹介していただきました。

 行事は4月の『狭山の杜遠足』から始まります。中学3学年が合同で行うもので、たけのこ掘りやフィールドワークは前年度に経験した中2生が中1生に教え、中3生はリーダーシップをとり全体をまとめます。

「新入生は先輩の姿を見ることで自然に学ぶことができますし、先輩は経験者として後輩を導き、リーダーシップをとる役割を担います。遠足は保護者も参加でき、学校全体の雰囲気を感じられる機会になっています」(渡瀬先生)

 5月の箱根オリエンテーションは2泊3日の宿泊行事です。この行事も中学3学年が参加。部屋割りや活動のグループは学年縦割りで組まれ、AED講習や木工教室、グローバル化を考える『貿易ゲーム』など、通常授業では学べない内容が盛りだくさんです。学年が混ざり合って寝食を共にし、一緒に学ぶことで、協力して何かを達成しようとする気持ちが芽生えます。

 宿泊先は芦ノ湖北端・湖尻近くにある学校施設『芦ノ湖レジデンス』。部活動や勉強の合宿にも利用されています。ここでは、11月に林間学校が行われ、中3生は遊覧船やホテルでの「職場体験」があります。地元の方たちの理解も深く、毎年訪れる箱根は生徒にとって第2の学校となっています。 

 7月の文化祭では中学の男子全員が和太鼓を演舞。女子も3学年全員で英語劇を発表します。こちらも毎年、上級生から下級生へ受け継がれています。

 一方、学年対抗で盛り上がるのが9月の中高合同体育祭です。中1と高1、中2と高2、中3と高3がタッグを組んで対抗戦をするのが特徴で、3年生は最高学年に恥じぬように、また2年生と1年生は持てる限りの力を出します。

 学年を越えて交流する同校の行事は、人間関係を築く力やコミュニケーション能力を育む、またとない好機です。繰り返し参加することで、生徒たちは去年とは違った自分を発見し、自らの成長を1年ごとに実感できる「道しるべ」として機能しているのです。

力のこもった応援合戦も見どころで、チームワークが試されます。力のこもった応援合戦も見どころで、チームワークが試されます。
秋の林間学校では毎年、担任の先生が生徒一人ひとりの良さを伝える「いいとこ大賞」の表彰があります秋の林間学校では毎年、担任の先生が生徒一人ひとりの良さを伝える「いいとこ大賞」の表彰があります。
ワカサギ釣りなど自然体験ができるのも箱根ならでは。ワカサギ釣りなど自然体験ができるのも箱根ならでは。
文化祭は和太鼓演舞や英語劇に取り組みます。文化祭は和太鼓演舞や英語劇に取り組みます。
今年の和太鼓はインテンシブステージ(中高一貫コース)の高校生も加わり勇壮な発表会になりました。今年の和太鼓はインテンシブステージ(中高一貫コース)の高校生も加わり勇壮な発表会になりました。
箱根で職場体験をする中3生。遊覧船のアナウンスや案内、ホテルでの接客などを体験します。サービスの裏側にあるプロの仕事や心構えを知り、社会のありようを見つめます。箱根で職場体験をする中3生。遊覧船のアナウンスや案内、ホテルでの接客などを体験します。サービスの裏側にあるプロの仕事や心構えを知り、社会のありようを見つめます。
積み上げた英語力が短期留学で開花
高校1年で全員がニュージーランド3カ月留学
自然が豊かで治安のよいニュージーランド。4番目に大きな都市ハミルトンの高校に通います。自然が豊かで治安のよいニュージーランド。4番目に大きな都市ハミルトンの高校に通います。

 週10時間のカリキュラムで英語教育に力を入れる同校では、高1で生徒全員がニュージーランドへ3カ月間の短期留学をします。現地の高校に編入して英語でさまざまな教科を学びますが、単位は互換認定されるので帰国後も安心です。ホームステイを通してホストファミリーとの交流も深まります。

「短期留学を機会に自発性が高まり、将来やりたいことのイメージが固まる生徒が多いですね。どの生徒もこのような経験をさせてくれた家族への感謝の思いを強くして戻ってきます。この経験を英語学習や進路選択に生かせるよう、つないでいくのが私たちの役割でもあります」(渡瀬先生)

 また、中3では沖縄修学旅行があります。民泊してサトウキビの収穫や漁港での水揚げを手伝いながら、伝統的な家族の温かさを感じます。沖縄在住のアメリカ人ファミリーとの交流もあり、ニュージーランド留学に向けた英語力のブラッシュアップも兼ねています。

(この記事は『私立中高進学通信2016年2・3月合併号』に掲載しました。)

武蔵野中学校  

〒114-0024 東京都北区西ヶ原4-56-20
TEL:03-3910-0151

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】これまでの経験を評価する『アクティブ入試』を導入
【学校生活ハイライト】『他者理解』をキーワードに中高で団結して作り上げる文化祭
【SCHOOL UPDATE】アクティブ入試“得意なことを活かす”受験アクティブ入試がスタート!
【The Voice 副校長インタビュー】10年後の社会で活躍するための力をグローバルな視点から育て上げる
【キャンパスのビジョン】夜9時まで集中して学習可能 競争意識が学ぶ意欲をかきたてる
【学校生活ハイライト】「他者理解」を深めるニュージーランド留学
【Students' Chat Spot】10年後の社会で活躍する生徒の育成をめざして「実践的英語力・コミュニケーション力・自ら学び実行する力」を養う
【SCHOOL UPDATE】留学&体育祭 英語力と自己実現力を育む多彩なプログラム
【グローバル時代の学び方】国際社会に通用する『他者理解』を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】学年合同の行事が「他者理解」を促す
【SCHOOL UPDATE】ニュージーランド3カ月留学 実践を通して英語は“武器”になる
【10年後のグローバル社会へのミッション】広い視野で捉えた「他者理解」の精神で未来を生き抜く
【未来を生き抜く学力のつけかた】100年の歴史を持つ「他者理解」の校訓こそが新しい学力育成の基盤となる
【注目のPICK UP TOPIC!】「他者理解」の人間教育を実践するクラブ活動
【私学の光輝】文化祭
【めざせ 次代のグローバルリーダー】他者理解を深め自律心を芽生えさせる テーマ学習を取り入れた3カ月間の海外留学
進学通信2016年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ