LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年2・3月合併号

私学の光輝

麴町学園女子(麹町学園女子)中学校

次代を見据え、さらなる飛躍を
創立百十周年記念式典

相川忠洋理事長

相川忠洋理事長

 今から110年前の1905年(明治38年)に、「社会に自立して活躍する女性の育成」という先進的な理念を掲げて創立された同校。大勢の関係者が出席する中、その創立110周年を記念する式典が行われました。

 学園の歴史には、関東大震災や太平洋戦争など数多くの困難があり、また、社会の変化は目覚ましいものがありました。しかし、その長い年月の中でも、「ひたすら女子教育のために尽くす」という創立者の思いと「聡明、端正」の建学の精神が脈々と引き継がれ、これまでに2万5千名以上の卒業生が、歴史ある学び舎から巣立ち、社会で活躍してきました。

 そして同校は今、次代を見据えたさらなる発展に向けた変化の時を迎えています。

「グローバル化や情報化にともない、社会は大きく変化しています。また、2020年には大学入試制度の改革が予定され、学力においても多様な力が求められています。そこで生徒一人ひとりがこれからの社会を生き抜く力を身につけるために、創立110周年を機に教育改革を行っていきます」(校長/山本三郎先生)

 このような考えを踏まえて、2016年度より、基礎知識、基礎教養はもとより、考える力、表現する力、自ら学ぶ力など「見えない学力」も育むために「アクティブラーニングによる授業」の実施や、英語の4技能を身につけて異文化を理解し、多様な人々と協働することのできる力を育む「グローバル教育」など、次代を見据えた教育プログラムを充実させていきます。

 校長の山本先生は、式典に出席した在校生たちに向けて、次のようなメッセージを送りました。

「今後、女性の活躍はさらに広がります。このような時代の中で、生徒の皆さんにはチャレンジする気持ちを常に持ち続けていただきたいと思います」

 110年の伝統を大切にしながらも、たゆみない進化をめざし、次なるチャレンジに挑む同校。その新たな試みによって、生徒たちの可能性をさらに広げていくことが期待されます。

演奏を担当した吹奏楽部。演奏を担当した吹奏楽部。
清々しい秋の空のもと、卒業生をはじめとする多くの来賓をお迎えしました。清々しい秋の空のもと、卒業生をはじめとする多くの来賓をお迎えしました。
式辞を述べる相川忠洋理事長と山本三郎校長。ICTツールを活用したアクティブラーニングの実施など、次代を見据えた教育改革に熱意を持って挑みます。相川忠洋理事長
式辞を述べる相川忠洋理事長と山本三郎校長。ICTツールを活用したアクティブラーニングの実施など、次代を見据えた教育改革に熱意を持って挑みます。山本三郎校長

式辞を述べる相川忠洋理事長と山本三郎校長。
ICTツールを活用したアクティブラーニングの実施など、次代を見据えた教育改革に熱意を持って挑みます。

在校生の代表としてあいさつをした高等学校生徒会会長のJさん。「本学園には、時代が変化しても、変わることなく受け継がれている人と人との温かいつながりがあります。その伝統を大切にして、これからも結束して学園の発展に力を注ぎ、次の時代につないでいきたいと思います」在校生の代表としてあいさつをした高等学校生徒会会長のJさん。
「本学園には、時代が変化しても、変わることなく受け継がれている人と人との温かいつながりがあります。その伝統を大切にして、これからも結束して学園の発展に力を注ぎ、次の時代につないでいきたいと思います」
会場となった多目的ホール「大築アリーナ」。会場となった多目的ホール「大築アリーナ」。
進学通信2016年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ