Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年1月号

目標にLock On!! 私の合格Story

玉川学園(中)

ラグビー部休部の悔しさを
受験勉強にぶつけて見事合格

OB 石川悠太さん
東京大学 教養学部 理科Ⅰ類 1年生

高1終わりのアクシデントが受験の契機になった

 小学校から玉川学園で学んだ石川悠太さんは、小4からラグビー部に入り、中学ではキャプテンとして活躍。大学でも大好きなラグビーをやりたいと思い始めていた高1の終わりに、膝の前十字靭帯断裂というアクシデントに見舞われました。復帰まで8カ月から1年はかかるといわれた大けがでした。

「思いきりラグビーに打ち込めると楽しみにしていた高2に、ぽっかりと穴があいてしまったような悔しさがありました。顧問の中里孝男先生には正直に自分の思いをぶつけ、絶対に高3で復帰することを約束して休部させてもらいました」

 自らの性格を負けず嫌いと分析する石川さんの本格的な受験勉強は、実質、この時から始まったといっても過言ではないようです。

「休部中も頭はラグビーのことばかりで、不完全燃焼だけは絶対に嫌だという思いが、受験勉強に向かうモチベーションになっていました。初めはラグビーの強豪校という選択肢から大学を模索していましたが、高1の一番初めに受けた模試の結果が良かったこともあり、やるなら一番難しいところで挑戦してみることにしました」

玉川学園の友に刺激され目標を高く掲げて挑戦

 ラグビー部の顧問で、昨年度まで進路指導担当だった中里先生に、当時の石川さんの様子をお聞きしました。

「とにかく活発な生徒で、授業中もよく前に出て発言していました。元気があり過ぎて度を超すこともよくありましたが(笑)、学校の人気者です。勉強にしてもラグビーにしても、愚直に取り組む姿勢は立派でした。面倒見の良い彼は人望も厚く、休部がなければ高校のキャプテンになっていたことは間違いありません。数学の得意な彼を慕って、放課後の教室では“石川教室”も開かれていました」

 恩師の話を照れながら聞いていた石川さんが、東大合格に結び付く、もう一つのエピソードを語ってくれました。

「実は玉川学園の生徒って、私が絶対にかなわない分野で活躍している人が多いのです。弁論大会で全国優勝する人、シンクロで世界大会に出場する人、ほかにもたくさんいますけれども、負けず嫌いの自分はそれがものすごくうらやましくて、だったら自分の得意分野で絶対に勝とうと思って東大一本に絞ったのです。ところがセンター試験の結果が芳しくなく、中里先生から『筑波大学でもラグビーはできるじゃないか』と指導されたこともありましたが、最後まで“東大”と言い張って先生方を困らせたことが、逆に良い思い出になっています」

東大のキャンパスで母校の底力を実感

 東大でも迷わずラグビー部に入部した石川さんの朝は早く、週6日の朝練から1日のスタートを切っています。

「勉強に支障が出ない範囲で活動が認可されていますので、練習は早朝に限定し、授業の合間に筋トレで汗を流すという日々を送っています。東大は今、関東大学ラグビー対抗戦Bグループに所属していますが、いつかは強豪ひしめくAグループで戦ってみたいです」

 ラグビーと勉強を両立させた充実した大学生活で、石川さんが母校のすごさを実感したのは英語で論文を書く授業だったと言います。

「担当教員は日本語をまったく話さないネイティブで、周りの学生はほとんどが困った顔をしていましたが、自分は会話に戸惑うことなく、その時間内で論文を書いて発表までしました。その時に気づいたのが、玉川学園の英語教育の質の高さと、論文作成の力を養うプログラム『学びの技』の存在のありがたさです。そのような意味で、学校には何一つむだはなく、自分自身は玉川学園で学べたことに感謝したいと思っています」

 2年生の5月に学部を決めるため、将来の明確な目標はまだ決まっていないと語る石川さんですが、持ち前の明るさと負けず嫌いで、次のトライをめざしています。

いつでも帰ってこられる場所がある幸せ
久しぶりの再会で話が尽きない様子の石川さんと中里先生。共に汗を流した思い出の記念グラウンドで会話が弾みました。久しぶりの再会で話が尽きない様子の石川さんと中里先生。共に汗を流した思い出の記念グラウンドで会話が弾みました。

「石川くんはどこにいてもムードメーカーで、友達も多い。部活動が終わっても後輩の練習に付き合ったりするところは、彼の飾らない性格そのままではないでしょうか」(中里先生)

「中里先生は進路指導ではやさしいのですが、部活動ではとても厳しく指導していただきました(笑)。いつでも帰ってくることができる場所があるのは、とても幸せなことだと思っています」(石川さん)

(この記事は『私立中高進学通信2016年1月号』に掲載しました。)

玉川学園(中)  

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8931

進学通信掲載情報

【私学の光輝】好きなことを見つけるきっかけをつくる2つの学園祭
【先達の意志】本物に触れながら人間の本質をバランスよく伸ばす教育
【グローバル特集 授業[学校生活]】生徒の可能性を開花世界標準のグローバル教育
【私学の光輝】日々の生活と行事をバランスよく行い 生徒の成長を促す
【私学の校外学習・学外交流】全国のSSH指定校が集うなか 力を注いだ研究発表の晴れ舞台
【私学の英語最前線】ELFで世界の人と話せる英語力を身につける
【SCHOOL UPDATE】サンゴ研究部 専門性の高いサンゴ研究で石垣島への植樹にも成功
【注目のPick up TOPIC!】日本代表のメンバーとしてアメリカへ「国際学生科学技術フェア」に出場
【私学の光輝】玉川学園展 未来につながる自ら動く研究発表の場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】「学びの技」で思考力を育て将来につながる探究心を伸ばす
【注目のPICK UP TOPIC!】SGHで国際機関へのキャリア選択を推進
【SCHOOL UPDATE】ラウンドスクエア国際会議/国際サービスプロジェクト 国際会議や奉仕活動で育むグローバルリーダーシップ
【目標にLock On!! 私の合格Story】ラグビー部休部の悔しさを受験勉強にぶつけて見事合格
【注目のPICK UP TOPIC!】中・高・大連携のオープンスクール!
【キャンパスのVISION】世界標準の教育で伝統と環境を活かし自ら学び、考える力を養う
【その先に備える キャリア教育】何のために学ぶのか中学2年生からのキャリア教育
【私学の光輝】創立85周年記念音楽祭
【めざせ 次代のグローバルリーダー】『全人教育』と世界標準の教育で国際社会に貢献できる人材を
進学通信2016年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ