LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年1月号

目標にLock On!! 私の合格Story

横浜創英中学校

一日一日を無駄にせず
自分ができる最大のことを

OB 吉見和馬さん
首都大学東京 都市教養学部 理工学系機械工学コース1年
将来は高齢化社会に役立つ製品作りに取り組みたいと考え、進路を決めました。

不安はあったもののとにかく高校サッカー部へ

 小学生のときから名門チームに所属し、サッカーに打ち込んできた吉見さん。自分が前に出てチームを引っ張るタイプではないものの、名門チームで培った高い技術で、中学入学後は上級生の試合にも出場し、中心選手として活躍しました。すんなり高校でもサッカー部に進むかと思われましたが、吉見さんの気持ちには迷いがありました。

「中学サッカー部と高校サッカー部ではサッカーのレベルがまったく違います。中学時代にレベルの高いチームに所属していた人がたくさん入ってきて、部員も多くなり、まったく別のチームになります。果たして自分の居場所はあるのかと不安でした。そんなとき、中学サッカー部の顧問の先生に『とにかく練習に参加してみなさい』と背中を押され、中学サッカー部からの友人と一緒に『とりあえず』ということで入部しました。
 下のチームからスタートして毎日懸命に取り組み、3カ月もすると、上のレベルでもやっていけるという自信が芽生えてきました」

サッカーも勉強も手を抜かず高3で全国高校総体出場!

 同校は部活動の指導において、まずは学校生活を充実させることを大切にしています。遅刻しない、授業に集中して取り組む、提出物の期限は守る、一日の終わりの掃除は誰よりも一生懸命する、学校行事などではリーダーシップをとってクラスを引っぱる……そのうえで部活動の練習もしっかり、という指導です。サッカー部ならば、サッカーだけがんばれば良いというものではありません。

「先生方のそういった指導があったからこそ、勉強にも、サッカーにもしっかり打ち込めました。
 高3で全国高校総体に出場できたことは、何ものにも代え難い経験です。チーム一丸となって勝利をめざしたときの気持ちは忘れられません。学校を挙げての応援というのも初めて経験し、びっくりしたけれど、とてもうれしかったです」

高校総体での吉見さん。ゲームキャプテンとして、状況に合せたきめ細かい声かけでチームをまとめました。高校総体での吉見さん。ゲームキャプテンとして、状況に合せたきめ細かい声かけでチームをまとめました。
高校サッカー部監督・宮澤崇史先生の指導のもと、全国高校総体に出場しました。高校サッカー部監督・宮澤崇史先生の指導のもと、全国高校総体に出場しました。

だらけた自分を自分に覚えさせない

 サッカーに、勉強に、結果を残してきた吉見さんは、目標を達成するためには自分に負けないことが大切だと言います。

「勉強する時に常に意識してきたのは『一日一日を無駄にしないで、どれだけ自分に負けずにできるか』ということです。一日だらけてしまうと、そのことを体が覚えてしまって、辛くなったときに、だらけた自分に戻ってしまいます。
 毎日自分ができる最大のことをやれば、必ず結果はついてくると思っています」

授業はしっかり「聴く」
懐かしい教室の前で、高3の担任・数学科の髙橋英樹先生と。懐かしい教室の前で、高3の担任・数学科の髙橋英樹先生と。

「大学受験では得意科目の数学が武器になりました」と話す吉見さん。部活動と勉強を両立するうえで役立ったのが宿題でした。宿題をこなしていれば自然に勉強したことが毎日蓄積されていくので、定期テスト前も慌てずに済んだと言います。吉見さんの授業ノートは、要点を記すのみ。授業中は先生の話をよく聞く生徒で、ノートを取らずに「聴く」ことに集中する吉見さんの姿勢は、先生が怖くなるくらいだったそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2016年1月号』に掲載しました。)

横浜創英中学校  

〒221-0004 神奈川県横浜市神奈川区西大口28
TEL:045-421-3121

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】ゲームで世界の課題を討論し協力して解決策を導き出す
【学校ってどんなところ?生徒の一日】「考えて行動のできる人」をめざして勉強に部活動に全力投球!
【私たち、僕たちが大好きな先生】仮説を立てたり、疑問に思ったことを調べたり。自分で学ぶための手法を習得できる授業がしたい
【中1の始め方】多彩な行事を通して自然と身につく創英生としての自覚と誇り
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】主体的な学びが育む『考えて行動のできる人』
【学校生活ハイライト】協調性や表現力も育む生徒主体の一大イベント
【熱中! 部活動】【バトン部】表現力や団結力を培い人間性を豊かにする
【SCHOOL UPDATE】実践的国際教育で世界に羽ばたく人材を育てる
【カリキュラムを読み解く】少人数制で全員の能力を引き上げる
【校長が語る 思春期の伸ばし方】距離感を持ち、幅広い目で見ると 子どもたちの多様な面を評価できます
【目標にLock On!! 私の合格Story】一日一日を無駄にせず自分ができる最大のことを
【学校生活ハイライト】正しい国際感覚を身につけ、人格を形成 外国人留学生と歩く関西歴史研修
【校長が語る 思春期の伸ばし方】日々の授業で鍛錬し自分で考え行動できる人間へと導く教育
【Students' Chat Spot】語学研修などの行事や部活動そして学習サポートを通じた“考えて行動のできる人” の育成
【部活レポート】バトン部
【校長が語る 思春期の伸ばし方】日々の鍛練と段階的な体験で心と頭を磨く
進学通信2016年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ