Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年1月号

大学合格力強化計画

青稜中学校

担任との信頼関係と未来への意識付けが
入試本番までに“折れない心”をつくる

中学生対象の「職業理解を深める会」は生徒の保護者が自身の仕事の内容や苦労、やりがいなどを話します。社会人として働くこと、生き方を知る機会になります。

中学生対象の「職業理解を深める会」は生徒の保護者が自身の仕事の内容や苦労、やりがいなどを話します。
社会人として働くこと、生き方を知る機会になります。

苦手教科をカバーして進路の幅を狭めない

 東京大学や東京工業大学をはじめ、現役で数多くの国公立大学への合格者を輩出している同校。早稲田大学や東京理科大学など難関私大の合格者数でも大躍進となりました。

 数学への苦手意識から理系を敬遠するような消極的な進路選択を避けるために、理系教育にも力を入れています。もし理系分野に興味や関心があるならその動機を大事にして、高2以降の選択科目や講習などで対応し、進路の実現に向けて前向きに取り組ませています。これが功を奏して、この4〜5年で理系進学希望者が増加しました。

「文系・理系の進路選択は高1の夏からスタートします。大学のオープンキャンパスに2校以上訪問するように指導し、その経験をもとに早めに進路を選択できるようにしています」

 と話すのは、進路指導部の山口竜太先生です。そうした考えは文系進学希望者にも言えることで、文系では高2から英・国・地歴を厚くしたカリキュラムになっています。

 夏休みや冬休みの講習は、きめ細かく開講しています。高3ではセンター試験対策と国立2次・私大対策と分けて講習を実施しています。また、先生が必要だと思えば生徒に声をかけて「物理・センター試験」などピンポイントで講習を立ち上げることもあります。担任面談をはじめ生徒と向き合う時間が多いからこそ、こうしたフォローが実現し、自信を持って高3まで勉強に打ち込めるのです。

 8割以上の生徒が一般入試で大学受験に臨みますが、指定校推薦入試やAO入試は、その大学・学部が第一希望である場合にのみ活用するように勧めています。たとえ早めに合格が決まっても、力を試す意味でセンター試験を受験するのが恒例だそうです。

多くの人の話を聞き未来の自分につなげる

 早めに進路選択をすることは入試科目の学習時間が確保できるメリットがあります。その一方で「本当にこれでいいのか」と不安に思う生徒が出てくることもあります。

「自信を持って進路選択をするために“未来への意識付け”を大切にしています。中学段階では大学の話はせず、今の社会がどうなっているか、これからのグローバル社会で求められる力は何か、社会人を招いて大局的に話してもらいます」(山口先生)

 中1~2対象の「職業理解を深める会」は、保護者に自らの職業の話をしてもらう貴重なチャンスです。大企業で活躍していたが、福祉の業務に携わったことがきっかけで起業・独立した保護者の話などを聞くことで、「さまざまな生き方」が見えてくるそうです。

 高1では就活を終えたばかりの卒業生に職業選択について、高2では合格したばかりの高3生に受験をどう乗り越えてきたかを聞く機会をつくっています。4年前に大学合格実績で高い伸びを示した卒業生たちが、就活やさらなる進学の時期を迎えています。より良い環境で学びたいという意識の高い先輩と後輩の交流は、今後より充実していくことが期待できます。

高1生対象の「卒業生講演会」では、難関国公立、私立大に進学した先輩たちが、どのように社会で羽ばたこうとしているのかを話します。高1生にとっては、先輩の話を聞くことが本格的な進路選択に向けた第一歩となります。
高1生対象の「卒業生講演会」では、難関国公立、私立大に進学した先輩たちが、どのように社会で羽ばたこうとしているのかを話します。高1生にとっては、先輩の話を聞くことが本格的な進路選択に向けた第一歩となります。
新学年になるとクラス担任の先生による面談が必ずあり、進路についての考えや希望をじっくり聞いてくれます。相互の信頼関係が入試までの心の支えになります。新学年になるとクラス担任の先生による面談が必ずあり、進路についての考えや希望をじっくり聞いてくれます。相互の信頼関係が入試までの心の支えになります。
2014年度(2015年春)
 主な大学合格実績

※カッコ内の数字は現役合格者数

大学名 人数




東京大学 2( 1)
東京工業大学 2( 1)
東北大学 2( 1)
電気通信大学 4( 4)
東京医科歯科大学 1
東京外国語大学 2( 2)
東京学芸大学 5( 5)
東京海洋大学 3( 2)
東京農工大学 2
横浜国立大学 5( 4)
首都大学東京 7( 7)
横浜市立大学 13(13)
防衛大学校 4( 4)
大学名 人数



早稲田大学 52(44)
慶應義塾大学 13(11)
上智大学 25(21)
国際基督教大学 1(  1)
東京理科大学 40(24)
明治大学 75(61)
青山学院大学 52(49)
立教大学 46(38)
中央大学 45(43)
法政大学 55(43)
学習院大学 12(11)








岩手医科大学 1
聖マリアンナ医科大学 1
独協医科大学 1
日本大学 1

(この記事は『私立中高進学通信2016年1月号』に掲載しました。)

青稜中学校  

〒142-8550 東京都品川区二葉1-6-6
TEL:03-3782-1502

進学通信掲載情報

【WEB版『Hello! School』】満足度120%の日常が凝縮された明るく楽しい“ふたばさん”の学校
【実践報告 私学の授業】中学から高度な学びに挑戦多彩な『ゼミナール授業』
【THE VOICE 校長インタビュー】変化と挑戦にトライし続け社会に貢献できる人間を育成
【学校生活ハイライト】歴史を感じ、戦争を見つめ直すアウシュビッツへの修学旅行
【Students' Chat Spot】内進生と外進生が仲良し中高で築き上げる信頼の絆が魅力です!
【学校ってどんなところ?生徒の一日】やりたいことにどんどん挑戦して生徒たちがのびのびと成長
【注目のPICK UP TOPIC!】6年間の成長に向けたロードマップで生徒の「なりたい自分」を応援
【SCHOOL UPDATE】理科室 80種類もの生き物を飼育し生命の価値や多様性を学ぶ
【キャンパスのビジョン】“生徒も校舎も明るい”光が差し込む開放的なアトリウム
【大学合格力強化計画】多くの選択肢から自分の道を選び取る 自主性を育む自己管理と目標設定
【学校生活ハイライト】本音でぶつかり合い本物の仲間になる
【大学合格力強化計画】目標設定でやる気を持続 意識づけが現役合格を勝ち取るカギ
【熱中!部活動】【吹奏楽部】熱中できる『居場所』で『個』を伸ばしてゆく
【グローバル時代の学び方】海外へ道筋をつける英語研修プログラム
【大学合格力強化計画】担任との信頼関係と未来への意識付けが 入試本番 までに“折れない心”をつくる
【SCHOOL UPDATE】新校舎  交流と一体感が生まれる空間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】大学のその先へ 社会に出てからも役立つ真の力を養成する
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】教員と信頼関係を築き“基礎固め”の一歩を踏み出す
【私学の先生から受験生へのアドバイス】基礎問題を確実にクリアすれば合格ラインに到達
【私学しゅん報】2014年9月 新校舎完成!
【注目のPICK UP TOPIC!】6年間、さまざまな場面で訪れる 八ヶ岳山麓『青蘭寮』での活動
進学通信2016年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ