Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年1月号

大学合格力強化計画

多摩大学目黒中学校

中高一貫色をより明確にし
最難関大学もめざせる学習体制を整える

ICTを活用した授業でも、生徒の思考力・記述力・表現力を伸ばすことに重点をおいています。

ICTを活用した授業でも、生徒の思考力・記述力・表現力を伸ばすことに重点をおいています。

基幹教科は高2で終えて高3では演習の徹底を図る
6年間の学びの流れ

6年間の学びの流れ

 ここ数年、国公立大・早慶上理・GMARCH・有名難関私大の合格者数が増加し続けている同校。2015年には、東京工業大学の合格者を2年ぶりに出し、今後さらに、最難関大学の合格者増をめざしているところです。

 受験に向けた学習体制を充実させるため、特進クラスでは、高校2年で行っていた、高校入学生を混入させるクラス編成をやめ、2016年度からは、原則として中高一貫生のみでクラスを編成し、「一貫色」をより明確にすることにしました。この一貫カリキュラムでは、英・数・国の基幹3教科の全課程を高校2年までに修得し、高校3年では演習と理・社の強化に取り組みます。

「高校入学生を混入させると、彼らを一貫生のレベルまで持ち上げる必要があり、基幹3教科の修得が高3の1学期までかかっていました。しかし、一貫生のみであれば早い段階で基幹教科の修得が可能になり、力のある生徒が最難関大学をめざしやすくなります。演習では、教員が生徒の志望を踏まえてオリジナルテキストを作成するなど、きめ細かな対応・対策を行っています」(進路指導部長/荒尾吉宣先生)

 同校では入学後に成績が伸びる生徒も多く、中2、中3の進級時に、成績によって進学クラスから特進クラスに編入できるしくみも設けられています。

入試制度改革を見据え思考力・記述力を強化
2年おきの主要大学合格状況の推移(既卒を含む)2年おきの主要大学合格状況の推移(既卒を含む)

 2020年度の大学入試制度改革を見据えてスタートさせているのが、生徒の思考力・記述力・表現力を向上させる取り組みです。中学から、各教科の授業をはじめ、行事や職場体験などさまざまな機会を活用して、一つのテーマについて自ら考え、文章に表すトレーニングを積むようにしています。

「新しい入試では、解答方法が筆記になり、数学の問題でも、自分で式を立てて自力で解答にたどり着く力が求められます。また、答えがわかるだけでは不十分で、要求されている形式や方式にのっとって記述する対応力も必要になります。思考力・表現力・対応力などを総合した力が求められるようになるのです」

 そうした力をつけるための試みとして始めているのが、ICTの導入です。主にグループ授業などで、人と話し合ったり、グループで一つの答えを出したりしていく過程で、ICTを有効活用しています。今後、より効果の高い活用法を研究し、2016年度からは、ICTを取り入れた授業を本格的にスタートさせる予定です。

1人の生徒を学校全体で支えるシステムを構築

 教員が個々の生徒をきめ細かくサポートすることを重んじている同校ですが、2016年度からは、さらに1人の生徒を学校全体でバックアップする体制の強化を図ります。各生徒について、学習面・生活面などの情報を中1から蓄積させたデータベースを作り、生徒に関わる教員が学年や教科を越えて、共通認識のもとにアプローチできるようにするシステムが構築されます。

「生徒の志望大学はどこか、苦手な教科や弱点は何か、過去の成績はどうだったかなど、全教員が同じ情報にアクセスでき、生徒を包括的に理解し、支えることができるようになります。そのうえで、志望大学合格のためにはどの教科に重点的に取り組めばいいか、どの部分を強化すべきかといった戦略を立てて、指導にあたることができるようになるのです。教員の生徒への理解が深まることで、生徒との信頼関係も築きやすくなると考えています」

2014年度(2015年春)
主な大学合格実績

※カッコ内の数字は現役合格者数

大学名 人数




東京工業大学 1(1)
千葉大学 2(1)
埼玉大学 2(2)
首都大学東京 6(6)
埼玉県立大学 1(1)
その他の
国公立大学
7(5)
大学名 人数



慶應義塾大学 4(3)
早稲田大学 3(1)
上智大学 3(2)
東京理科大学 18(16)
明治大学 20(19)
青山学院大学 10(8)
立教大学 3(2)
中央大学 24(24)
法政大学 21(16)
学習院大学 6(4)
その他の
有名上位私立大学
81(74)

(この記事は『私立中高進学通信2016年1月号』に掲載しました。)

多摩大学目黒中学校  

〒153-0064 東京都目黒区下目黒4-10-24
TEL:03-3714-2661

進学通信掲載情報

【実践!私学のグローバル教育「授業」】専任ネイティブ教員だからこそ磨かれる英語力と国際感覚
【コロナに負けない!私学のアクション】先生同士が団結し生徒の不安を取り除くきめ細かなケア態勢
【私学の校外学習・学外交流】国際感覚を磨く第一歩として最初の語学研修はイギリスへ
【グローバル特集 海外研修[アジア]】リアルな韓国の文化を体験する高大接続プロジェクト
【大学合格力強化計画】『クリティカル・シンキング』と徹底した学習指導で大学合格実績が伸長
【未来を切り拓くグローバル教育】2019年度より『S探究コース』『LAコース』がスタート! より深い学びへ
【私学の校外学習・学外交流】大学、企業、自治体との連携で主体的な学びを身につける 校外アクティブラーニング活動
【大学合格力強化計画】合格実績が大躍進タブレット活用で大学入試改革への対策を一歩リード
【大学合格力強化計画】合格実績の上昇がやる気を発揚アクティブラーニングも強化
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもが夢中になれることを応援し自己肯定感や意欲を伸ばします
【熱中!部活動】【サッカー部/ダンス部】めざすは全国の頂点 夢が絆を強くする
【大学合格力強化計画】生徒の可能性を最大限に活かす指導で大学合格実績が加速度的に上昇
【校長が語る 思春期の伸ばし方】好きなことがなかなか見つからなくても 子どもを信じて焦らず見守りましょう
【熱中!部活動】実力と精神力を高める濃密な部活時間
【大学合格力強化計画】中高一貫色をより明確にし 最難関大学もめざせる学習体制を整える
【授業見聞録】英語 習った英語を「いかに使うか」 表現力を高める授業
【めざせ 次代のグローバルリーダー】「英語が話せる」ではなく「英語で何が話せるか」で勝負してほしい
【大学合格力強化計画】教員と生徒、生徒同士の強い絆で合格実績が飛躍的に向上
【部活レポート】サッカー部
進学通信2016年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ